PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 加筆・再構成。父の遺品の中から。其の一「出会いの頃(1)」
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

加筆・再構成。父の遺品の中から。其の一「出会いの頃(1)」

私の父は、二十五年前に亡くなった。生きていれば百五歳に成る。
今年は築45年も経っている我が家を改築する積りで、
この際父母の「遺品」も捨てるものと残して置く物とを
選別しようと古いタンスや“こおり”を整理している時でした。
和ダンスの中に母の着物と一緒に古いアルバムや数編の備忘録の類が六冊ほど出てきた。
大きさはB6判で三百ページの厚さがあり、表紙は茶褐色に変色して、
“備忘録”と言う黒い文字も汚れて掠れてはいたが紛れも無く父の筆跡でした。

私はパソコンで作詞も小説も書きますが、父の原稿は
総て手書きでペン字でした、そして驚く事は何時の頃に
書いたのかは定かでは有りませんが、小説の内容は
私が最近書いて居るような、今で言う「官能小説」其のものです。
何と言う偶然でしょうか、物を書く事が好きで有った事は
知って居ましたが、まさか今の私と同じ様な事を亡父も
遣っていたとは、正に血は受け継がれて居たのです。

ひょつとすると父は、自分の書いたものが何時の日にか
活字になる日を夢見て、ペンを走らせて居たのかも
知れないと考え、此処に公開させて頂きます。
BGKbWgsCUAAsOwY.jpg
ーーー
あの日、思いがけなくも、貴女の雪のような、白い肌に接して、
私はわけも無く興奮してしまいました。
柔らかい乳房の感触は、まるで搗き立ての鏡餅のようであり、
お別れして来たたった今も、私の掌に忘れ難い、刺激的で、
情熱的な思い出を刻んでおります。
僅か二時間ほどの短い出会いでしたけれど、
私はその瞬間の感激を終生忘れる事は無いでしょう。

何と表現してよいのか、貴女の三ッ口から手を差し入れて、
ふっくらとした脹らみを掌に感じた時、私は、大変恥ずかしい事ですが、
自分の股間が異様な高まりを起こして、貴女に気取られる事の無いよう
腐心いたしました。余りにも動物的な反応なので、貴女に軽蔑されたくない一心でした。

幸い、貴女は、私の卑しい欲望を見破る事無く、安心しきって私の愛撫に
身を任せていて呉れました。乳頭をコリコリ揉むと、貴女は顎を上げて、
やや荒い息を私に吹きかけ、切なげに声を漏らし始めました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
和服ヌード001
貴女の乳房は、限りなく優しくて、そして綿帽子のごとく柔らかく私の全身を
捕らえて離しませんでした。私は、私の中に流れている男の血が逆流したかの様な
錯覚にとらわれ、つい、そういう事をしてはいけないのだという気持ちに逆らって、
貴女の唇を奪ってしまいました。
ーーー
これは明らかに、性愛記録ではないか。
生々しい臨場感をたたえて、今私の目の前にある。

寡黙で、謹言実直を絵に描いたような父のイメージと似ても似つかない姿がそこにあった。
遊びから帰ってきて、玄関口へ不揃いに履物を脱ぎ捨てようものなら、忽ち大喝一声、
やり直しを命じた父、冬の寒い日、股火鉢をしていて見つかると、
「男は風の子だ、外に行って駆けて来い」と追い出され、
宿題を忘れて、学校の廊下で立たされたことがバレたときなどは、
遣るべき事を遣らなかった罰がどんなものであるか、正座を命じて、
コンコンと説教されたことなど、思い出の中の父は、一言で言って、
「おっかないオヤジ!」のイメージで一杯であった。

其の父が、こともあろうに“告白手記”もどきのエロ日記を堂々と書き残して
いたことに、私は当惑した。

それと同時に、口やかましいうるさ型であった父の知られざる一面を垣間見た事で、
改めて親近感をおぼえたりして、ちょっと複雑な心境である。

付けペンのインクも変色していて、読みづらい箇所もあるのだが、
父の“性愛日記”は以下連綿と続いているので、抜書きしてみることにしょう。
ーーー
ああ、たうたう私は、貴女のとても大切にしていたものを頂くことが出来ました。
天にも昇る心地です。決して大げさな気持ちではなく、
私の真実の胸の内を申して見たいのです。

ああ、貴女の例えようも無く暖かき乳房を、掌に包み込んだ時の悦び、
そして頬を摺り寄せて“貴方のこと、大好きです”とおっしゃってくださった貴女の
唇を強く強く吸い込み、綺麗な歯並びをそっとこじ開けて舌を忍び込ませ、
あなたの舌を思い切り吸い込んだ時、私はもう貴女を離しはしない、
貴女は私の青い鳥だ、私の女神だーーと言う気持ちに浸されていて、
尚もぐいっぐいっと貴女の舌を吸い続けていました。
  1. 地下本発掘
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。