PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 旅行先で出会った女。其の三
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

旅行先で出会った女。其の三

◇少女のようにとがった乳房
出会った女3-1
私は部屋に入った途端、物も言わず大柄な節子を抱き寄せ、彼女の口唇を塞ぎ、
同時に浴衣の上から、彼女の大きな尻を両手で抱き、撫で回しながら、
私の股間と彼女の股間を強く密着させた。

節子はそうされても少しも拒まず、私をほっとさせた。
想像していた通り、彼女の尻は硬く、ピチピチしていて弾力があった。
私は彼女の口の中へ舌を入れ、彼女の歯茎を撫で回し、唾液を吸い、
さらに私の口の中に入ってきた彼女の舌をしゃぶり、徐々に彼女の官能を高めていった。

私は頃合をみて浴衣の前を広げてブリーフの中で既に怒張している一物を取り出し、
いきなり彼女に握らせたのである。
この方法は“男”を知っている人妻には回りくどい事を言うより効く。
手の中にギンギン脈打っている熱い一物を手にすると、人妻達は直ちに性交の場面を
イメージし、膣の中が疼いて来るのではなかろうか。

案に違わず節子は身震いして歓び、それでも最初は遠慮深げに握り、静かにむき出した。
私の思う壺で、彼女に弄られるとそれは余計に硬さを増し、亀頭が剥き出しになった。
節子は大きな溜息を吐き、意味不明な音声を洩らし、私に体を擦り付けて来た。

すかさず私は、彼女の腰にぴったりとまとわり付いている腰紐を解き、
白いパンティを膝までずり下ろし、躊躇することなく裂け目に手を滑らせていった。

彼女の其処はすでにベトベト、ヌルヌルの状態で、節子が濃厚なキッスと、
硬い一物を握らされて、いかに感じを出しているか何よりの証拠だった。
その愛液は太い腿にまで垂れ流れていた。

私は彼女のオマンコを処構わずかき回し、肉芽に指を這わせると、
彼女は突き出た白い尻を蛇のようにクネクネしながら一層昂奮し、
私の口唇を強く吸い、亀頭の首根を振るようにしてむいた。

私も尚も空いている左手で彼女のつんと出っ張った臀部を撫でさすり、
「この太いのを嵌めて見ますか、」と聞くと、
狂ったように私にしがみつき、さらに私の一物の固さを確かめるように強く握った。

久美子と違うところは、この節子の方がより積極的であり、動作がキビキビしていた。
運動神経が発達しているのだ、高校生の頃バレエボール部に所属していたと言う。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
**
私は彼女に何も言わずに、不意に畳の上に仰向けになり、彼女を其のまま跨がせ、
ペニスに手を宛がわせて、屹立している私の亀頭の先で割れ目をなぞらせ、
一瞬のうちに彼女の腰を持って沈ませた。

思わず彼女が体重を掛けてきたので、あっという間にペニスは飲み込まれ、
ぶすぶす、めりめりと根元の処まで這入ってしまった。
彼女は「はぁっー」と奇妙な声をあげ、のけぞったが、彼女の膣に嵌め込まれていく際の、
あのペニスの気持ちよさは言語に絶し、思わず呻き声が出るほどだった。

一体、神様は男と女の身体をどのように創ったのだろうと何時も思ってしまう。
まさに電撃的な快感が背骨を貫く、快感はそれだけでは済まなかった。
節子が私に抱きつきながら、腰を使いだしたのである。
彼女が上下に腰を動かすたびに、亀頭からペニス全体にかけて彼女の膣襞によって
行き帰り摩擦され、そのうえ彼女は私の首に手を回し、「ひい、ひい」呻くので、
この性交ははじめから双方共快感にのた打ちまわる事になった。

私も彼女の巧妙な腰使いによって連続的な快感に追い込まれ、
思わず下から彼女の子宮めがけて滅多やたらに突き上げると、
「駄目!いっちゃう・・・」と叫び、猛烈に腰を上下させた瞬間、突然上体を倒して
私に抱きつき「うーん」と言ったまま静かになってしまった。

暫くすると気が付き、
「いやだわあたし、こんなはしたない格好でいかされてしまったわ、
 失神するなんて、初めてだわ、おお恥ずかしい・・・」と言って、顔を赤らめた。

「うしろに大きな姿見があるから見てごらん、いい眺めだよ」
と、私が言うと、節子はちらっと振り向き、真っ白い尻だけを露に突き出し、
腿を両側に割って男を押さえ込んでいる姿を見た瞬間、
「いやっ、見ないで」と言って私の目を手で覆い、余計昂奮し、また腰を使い出した。

私は、「俺にもイカセテ呉れよ」と言ってそれを止めさせてお互いに全裸になる様に
促した。彼女は恥ずかしがって鼻を鳴らしたが、私は一切彼女の羞恥心を無視し、
瞬く間に生まれたままの素っ裸にしてしまった勿論私も全裸になっていた。

私の目の前にぷくんとお椀のように盛り上がった二つの乳房があり、
その下に鋭くくびれた胴体、私のペニスをすっぽり咥えた淫らな格好の両脚が
私の腰をしっかり挟んでいた。
  1. 温泉旅行
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。