PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 旅行先で出会った女。其の四
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

旅行先で出会った女。其の四

◇可愛い女をハメ殺す
出会った女4-1
私は少女のようにツンと上を向いている乳首を吸い思う存分弾力のある
乳房を揉んでやった。彼女は泣きそうな顔になり、私の胸に顔を埋め
「どうしょう、またいきましょう、あなた強いんですもの」と言った。

私は冷静な声で「これが返事です」と言って、
いきなりまた彼女の子宮に向かって突き上げた。
今度も彼女は裸のまま私にかぶりつき、また達した。

私は彼女の身体をゆっくり引き離し、抱きかかえて布団の敷かれてある部屋に運び
低いところで放り投げ、さらに品物のように転がしてうつ伏せにした。

高く盛り上がった魅力的な尻をまず十分眺め、しみじみと撫で摩り、
それから無造作に彼女の股を両手で左右に開き、息つくひまもなく、
濡れ光っている膣の中へ肉棒を突き刺していった。

すでに三回目の性交のせいか、ペニスはズルズル浸入していき、直にぐぐんと奥まで達した。
途中、やはり彼女にも狭い処があったが多美子の様に押し返される事はなかった。
私が、ペニスをこれ以上入らないまでに浸入し、彼女の尻に私の恥骨がぶつかると、
節子は両手でシーッを掴んで悶え、呻いた。

私は膝をつき、彼女の尻を抱き、いきなり抽送を行うと、彼女は益々みだれ、
「もう沢山よ、早く終わらせて・・・もう助けてぇ・・・」と口走り、
夢中になって膣をピクピクすぼめるので、その気持よさは例えようもなく、
今度は私の方が危うく射精感が襲ってきてしまった。

そして抽送するたびにクチャリ、クチャリと互いの肉の当たる淫らな音が官能を高める。
私は抽送を止め、彼女にも腰を使わずじっとしていて欲しいと頼んだ。
其の途端、節子はまたオルガスムスに見舞われ、のけぞり「うわぁっ」と絶叫し、
身体をブルブルと痙攣させた。私は女の痙攣を見るのが大好きで、
性交しながらそれを見ていると、男としての自信が生まれるのだ。

それから私は、「抜かないで」と哀願する節子を無視してペニスを引き抜き、
また彼女を転がすようにして仰向けにした。彼女は、私をすがるように眺めながら、
「もういいわ、あたし何度もイッタわ、
 これ以上イッタらあたし如何にかなっちゃうわ、お願い、助けてぇ」
と言った。是に対して私は、わざと怒った口調で、
「なにを言うか、おれは、あんたをこの場でハメ殺すんだ」と言った。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
**
かなりマゾヒズムの感じを持つ節子は、案の定、私の刺激的な言葉に鋭く反応し、
「ひえっ」と言って抱きついてきたが、私はそれを邪険に突き放し、
彼女の二本の脚を引き寄せ、無遠慮に大の字に開き、
彼女と私の淫液でびしょびしょに濡れている膣口へ亀頭を突き立て、
ぐっと押し込み、あとは大腰を使って抽送を繰り返し、
時々、子宮に向かってペニスをキリモミさせるようにネジ込んで強く突いた。

そうしながらも私は、彼女の顔を横に向かせ、
「とってもいい眺めだから見てごらん」と言って強制的に三面鏡を眺めさせた。
そこには私に押さえられた節子が、股をあられもなく大きく開き、私の腰によって
連続的に突かれ、そのたびに「ひいー、ひいー」言って呻いている姿が映し出され、
次に背後の鏡には、私のペニスが二つに割られた太股の中心部の膣の中へゆっくり
出入りする最高に淫らな格好が映され、それを首を上げて見た彼女は、極端に昂奮し、
「凄いわ、あなた、こんなの見せられたの初めてだわ、お願い、
 そんなにいじめないで、あたし死んじゃうわ。ほら、また来たわ、あたしどうしょう・・・」
と言ってしがみつき、私の胴体を彼女は両脚で強く締め「うーん」と顔をのけぞらせて
またまたオルガスムスに昇っていた。

私もそろそろ限界に来ていた。
しかし、最後になって、節子は私の方がビックリするような提案をしてきた。
あれほどイっていながら、絶頂感から戻って来ると、
「今度はあたしが下から腰を使って、あなたを気持ちよくさせてあげるから、
 あなたは手で身体を支えそのまま動かさないでいてちょうだい」と言った。
私は言われた通り、彼女と結合したまま両手の肘で身体を支え、
下の彼女が自由に動けるようにしてやった。

すると彼女は私のペニスを奥深く咥えたまま、
かなり早いスピードで尻を上下に動かしはじめたものだった。
その瞬間、亀頭も陰茎も、彼女の柔らかい膣襞によって容赦なくまくられ、戻され、
またまくられるといった運動が行われ、私は克って一度も味わった事の無い、
後ろ髪を引っ張られるような激烈な快感が襲ってきた。

さらに私を有頂天にさせたのは、私の下で必死で腰を使っている彼女が、
やはり私の肉棒の摩擦によって快感が一気に昂まり、急に鋭い悲鳴をあげ、
とうとう泣き出し「出して、出して」と絶叫し出した事だった。

私も今となっては堪えるすべも無く、腕の支えを解き彼女に覆い被さり、
腰を激しく律動させて、彼女のこりこり当たる子宮の口へ力のある限りを使って、
孕め、孕めと念じながら徹底的に精液を送り続けた。

其の途端、彼女は私に全身でしがみつき「いやぁーっ、あなたぁ・・・好きょう・・・」
と部屋中響き渡るような高い声で叫び、大柄な身体をガクガク震わせ、
最後の絶頂感に達した。
  1. 温泉旅行
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 04  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。