PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 心から愛した女はただ一人。其の三
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

心から愛した女はただ一人。其の三

◇暗闇だけの情勢
岩下志麻
ホストの仕事も40年。振り返ってみると、様々な思い出が甦る。
私にとって一番印象に残っているのは加藤さん(仮名)夫婦だった。

加藤さん夫婦に出会ったのは未だ妻と出会う前の30歳になったかならないかの、
ホストとしても、もっとも脂のノッていた時だった。

加藤さんはご主人が50幾つ、奥さんはまだ若く、30半ばだった。
加藤さんは千葉の大地主で、不動産からあがる収入で悠々自適という。
人もうらやむ存在だった。

しかし、加藤さんにも悩みがあった。40代後半から精力が衰えはじめ、
50を過ぎると、ほとんど用を足さなくなってしまった。
金にあかして、ありとあらゆることを試してみたが、
いわゆる薬石効なくと言うやっで、回復の兆しもなかった。

加藤さんは最初から夫婦揃って現れた。奥さんは女優の岩下志麻に似ていて、
しっとりとした感じの美人。ご主人が金払いが良い事も有ったが、
奥さんはホストの間でも人気があった。

我々は密かに奥さんのことを〈お志麻さん〉と呼んでいた。
何人かのホストに指名がかかったが、いつしか私にだけ指名がかかるようになった。
私が気に入られたのである。

ある日の事、店が終わってから、加藤さんのマンションに誘われた。
加藤さんの本宅は千葉にあって、テレビでも紹介されたほどの豪邸だが、
普段は横浜公園近くの高級マンションで暮らす事が多かった。

その日マンションでは、いわゆる〈実演〉がおこなわれていた。
男女がセックスをして見せるもので、ショーとしても珍しいものではなかった。

私の外にも、加藤さんの知人らしい何組かのカップルが居たが、
みんな遊び慣れた人たちと見えて、目の前で繰り広げられる男女の痴態にも、
たいして興味を示す様子もなかった。

私の興味は、もっぱらお志麻さんにあった。
お志麻さんがどんな反応を見せるか。
お志麻さんは、視線はこちらに向けていても、見てはいなかった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
キス
物腰、表情は、まったく何時もと変わる事が無かった。
私に見つめられているのを、気付いているはずなのに、なぜか私を無視していた。

そんなお志麻さんに、私は強く惹かれた。いつかお志麻さんを・・・
そんなことを夢想しながら、飽きもせずお志麻さんの姿を追い続けた。

それからしばらくして、お志麻さんが一人で店に現れた。
もちろん、私がお相手をした。

私はダンスに誘った。何時もはご主人がみているから、いわゆるお行儀のいい
社交ダンスしかしないのだが、ご主人が居ないのを幸いに、
踊りながらチークに持ち込んだ。お志麻さんは拒まなかった。
薄手のドレスを通して、お志麻さんの〈女〉に触れたとき、私は体が熱くなった。
こんなことはめったにない事なのである。

「今夜の奥様は、いつもと違う」
「どこが違うの・・・」
「輝いていらっしゃる。妖しいほど・・・・」
「まあ、お上手だこと、フフフッ」

頬を摺り寄せた。お志麻さんの唇が直ぐ近く、ほんの数センチのところにある。
私は熱い吐息と共に唇を頬に押し当てた。
お志麻さんは感じていた。上半身の力を抜いて、預けるようにもたれかかって来た。

それは〈好きにしてもいいわ〉と言うシグナルのようなものだった。
お志麻さんも私もまったく動かなくなった。動いているのは下半身だけ。
それはズバリ、セックスを連想させるものだった。

BGMが途切れた。BGMが途切れると、次の瞬間、照明が極端に落ちる。
ほとんど真っ暗になる。およそ5分か10分だが、この間は、
何をしても良いと言うのがこの店のルールだった。
抱き合う者、キスをする者、自分の股間にホストの手をさぐらせる女性客。
逆にホストの股間のモノを口で咥える女性客。
まさに男女の欲望が錯綜する瞬間でもある。

BGMを止めるのは、興奮した男女が、それぞれに漏らす声が、
お互いを刺激し合い、さらなる興奮を呼び起こすためである。
  1. 夫婦の今と昔
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。