PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 再編集・芸者君香。其の四
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

再編集・芸者君香。其の四

◇汗をかいて
壇蜜010
萎えきった逸物を指で撫でながら、ベッドで寝転んで待っていると、
程なく真っ裸のままで、前も隠さずに君香がやってきて、いきなりベッドへ上がると、
仰向けになっている私の胸へ跨ってきました。

腰を落とすと、温かいオマンコがベッタリと胸へ吸い付くように触れてきます。

下から眺めていると、静かに裸体を倒して、垂れ下がった左の巨乳を両手で抱くようにして、
私の口許へ近づけ、乳首を口の中へ押し付けて来ました。
「ねぇ、オッパイ吸って頂戴」
そう言って乳首を口に含ませながら頻りに腰を振っています。

是までに何人もの女を相手にしてきた私でも、最初からこんなに積極的な
女を相手にしたのは初めての事でした。少々戸惑い気味でしたが、
直ぐに体勢を立て直して、両手で温かい乳房を抱きしめながら、
口に銜えた乳首を舌先で転がす様に舐め始めました。

「あァ、イイわ、あァ、イイ気持ちィ!」
君香がそう叫んで身を乗り出す様にすると、腰が持ち上がり、そのタイミングを捕えて、
オマンコをくじる積りで片手を尻の割れ目に持って行くと、偶然指先がブヨッとした
柔らかいものに触りました。思わず撫でてみると、どうやら肛門らしいのです。
それは異常に柔らかくて、しかも大きく感じられました。

暫く周りをさぐっていると、君香は腰を揺さぶって来たので、嫌がっているのかと思って、
指を前へ廻すと、ガバッと開いている膣口を探し当て、その肉穴へ、
人差し指と中指の二本の指を、ブスブスッと差し入れました。

初めは温かい感じでした。暫く弄っていると、膣内の秘肉が蠢くような動作で
指の根元を締め付けてきて、それと同時に彼女の鼻息が次第に激しさを増してきました。

膣の外で遊んでいる親指でサネを探り、下から掻き上げる様に揉んでやると、
ピクッ、ピクッと踊って、君香の喘ぐ声が益々騒がしさを増します。

そうこうするうちに、突然、ガバッと体を起こしたと思うと、尻を下の方へずらして、
ベトベトに濡れたオマンコを、指も使わずに、屹立している逸物の先へおっ被せて来ました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
017a.jpg
最初は陰草の方へ逸れてしまい失敗しましたが、二度目は狙い通りズボッと膣の中へ
入り込みました。更に腰を一押しすると、ズボ、ズボッと根元まで入り込みました。
「あァ、入った、入った・・・こんな太いので擦られると、本当にイイ気持ちだわ、
 あァ、イイ気持ち・・・」

君香は私の下腹の上で「ウンコ座り」になると、腰を使い始め、
私が下から腰を上げ下げしてやると、それを軸にして尻を廻し、
小刻みに腰を揺さぶって来るものですから、亀頭の先に複雑な刺激が起こって、
何とも言えぬ快感に襲われ始めました。

暫くして、目の前でプルン、プルンと揺れ動いている大きな乳房を、
手持ち無沙汰に遊んでいる両手で捕えて、付け根から乳首へ向けて、
ゆっくりと揉みむしだいてやると、君香はそんな私の両手へ掴まって、
グイッと反り身になって来ました。

「あァ、イイ、イイ・・・あァ、もう、イキそう・・・あァ、イキそうだわ・・・」
そう叫んで、片手を自分のオマンコへ持って行き、二本の指でサネ頭を揉みながら、
「あァ、もう駄目、イク、イク、イクウ~」
と、大声でヨガリ泣き、後は腰遣いも支離滅裂になり、
「あァ、イイ、あァ、イイわ、イイわ」
と、絶叫しながら、ドッと私の胸に倒れ込んできました。

気を遣った後の疲れで、グッタリしている君香の体を抱き抱えるようにして、
私はゆっくりと体を起こし、『居茶臼』の形になりました。
旧友の妻05
「あァ、何でこんなにイイ気持ちになるんだろぅ。もうオマンコの中が痺れて痺れて、
 あァ、もうどうにでもして、て言う気持ちだわ。ねぇ、してして、もっとオマンコしてェ」
酔いがまだ醒め切らぬと見えて、スケベな事を喋り続けて、大きな乳房を押し潰すように、
私の胸へ押し当て押し当て、尻を廻しながら腰の上げ下げを速めて来ます。

固く膨れ上がった亀頭の先が、膣の一番奥まで入り込んで、子宮口を擦り立て、
一寸でも気を抜くと忽ち気がイキそうになるのを、グッと堪えて、
二度、三度と気を紛らわせ、ゆっくりと抜き差ししている内に、君香は、
「あァ、また、また、イキそうになって来たわ・・・
 あァ、そこ、そこ、そこをもっと、もっときつくぅ・・・」と、大ヨガリにヨガリ泣いて、
ベトベトに濡れたオマンコを必死になって逸物の根元や、陰毛に擦り付けます。

「あァ、イイ、イイ、あァ、イクイクウ・・・」
昇り詰めては間を置かずに直ぐにまた、二度、三度と昇り詰め、其の度に一段と
激しく膣壁を蠢かせて逸物に絡ませ、締め付けてきました。

私もとうとう我慢できず、そのままドウと君香の体をベッドへ押し倒すと、
猛烈な勢いでピストン運動を繰り返します。

最後には子宮も突き破れるほど奥へ差し込んで、
ドク、ドク、ドクと精液を弾き込んでやりました。
君香は最後の力を振り絞ってそれに応え、
「ああ、私も、私もよぅ~」と下から腰を使います。

やがて手足を投げ出して、グッタリとなりました。
お互い体中にビッショリと汗をかいて、それが冷たく感じられるまで、
身動きも出来ずに倒れ込んでいたのでした。
  1. 合縁奇縁
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 07  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。