PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 義父が嫁の浮気をネタに脅迫性交。其の三
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

義父が嫁の浮気をネタに脅迫性交。其の三

◇口止め代わりの猥褻な取引
義父と嫁相姦3-1
義父は今年58歳。大きな下腹が二段になってせり出し、
その下腹から股間を埋めているヘアには白いものがだいぶ交じっています。
その中心でペニスがすでに勃起していましたが、角度といい、堅さといい、
若い頃の漲りは失われているようでした。

「じゃあ、最初にチンポをしゃぶってもらおうか」
義父がベッドの縁に腰をかけながら言いました。
私はその前にひざまずくと、そのペニスに手を添えて、まずは亀頭からエラエラ溝、
裏筋ーと舌を這わせていきました。同時に手の中に陰嚢を包み込んで、
揉みたててもいきました。

それからペニスをカッポリと咥え込むと、舌でねぶりながら、
ジュプジュプと唇でずりあげていきました。

60歳近い人のペニスにフェラチオをするのは初めての事でしたが、
勃ちの角度も硬さも、もうひとつ物足りない感じでした。
でも、私は熱心にしゃぶりたて、揉みたててやりました。

「ワシも若い頃は盛んに芸者遊びをしたもんだが、
 美代さんの尺八は芸者たちのそれに劣らない上手なもんだ。
 なかなか気持ちがいいよ」
私の熱心さが認められたのか、そんなふうに誉められました。

それから義父は用意してきたデジカメで、フェラチオをする私の事を撮影し始めました。
こんな姿を撮られるのは恥ずかしい事ですが、毒を食らわば皿までの心境で、
ペニスを咥えたまま思い切りカメラ目線で幾枚も撮られました。

「よーし尺八はもういいだろう。こんどは美代さんにサービスしてあげよう」
義父に促されて、今度は私がベッドに登りました。

そして、初めに義父の構えるデジカメに向かって脚を開き、
指で陰唇を押し広げてヴァギナの中まで晒されました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
義父と嫁相姦3-2
「ほう、これが美代さんのマンコか。
 陰毛が逆三角形に生え揃って下腹部を埋め、そのくせマンコの周りにはまばらだから、
 完全に露出してエロティックこのうえない眺めになっている」
義父はそんなふうに言いながら、盛んにデジカメのシャッターを切っていくのでした。

「指で押し広げている陰唇がプリプリした感じで、
 その奥の襞の潤み濡れた鮮紅色が鮮やかだ。こんな老人でも大いにそそられるよ。
 それに包皮から剥き出して、佇立しているクリ豆の大きいこと。
 揉みつぶしてみたい誘惑に駆られるね」
「ああ、いや。そんな言い方をなさらないで」
義父に羞恥を弄ばれるようで、私はその言葉を遮るようにいってました。

もう幾枚もの恥ずかしい写真を撮った義父はカメラを置くと、改まって訊きました。
「美代さんは潮を噴いた経験はあるかい?」
「潮ですか?ありませんけど・・・」
「じゃあ、ワシが噴かせてあげよう」
義父は事も無げに言うのでした。

私も女性の中にはオルガで感極まったときに、
潮を噴き上げる人が居ることは知っています。でも、これは特別な体質をした
女性だけに起こる現象だと思っていました。ところが、義父は男性のテクニックで
噴かせる事が出来るんだと言うのです。若い頃に芸者を相手にしたお座敷芸で、
幾度も経験したと言うのでした。

私はベッドに仰向けに横たわりました。義父がその腰の横に胡坐をかいて座りました。
「それじゃあ、はじめるよ」
そう声をかけると、右手の二本指を上向きにして、私のヴァギナに差し入れてきました。
義父と嫁相姦3-3
ほかの前戯なしにいきなり指を挿入されると言うのは、とても恥ずかしいものです。
二本の指はヴァギナの襞を探るように動きながら、
襞が皺だった甘美なスポットを探り当てていました。
そして、そのスポットから奥に向けて、指の腹で襞が擦りたてられいきました。

それもかなり強くゴシゴシと擦りたてられ、しかも五分以上にもわたって、
同じところが繰り返し擦られたのです。
私の身体は今までに経験した事の無い感覚に包まれていました。
愛のお汁が滂沱と流れはじめ、なぜかお臀が自然に弾むように動くのでした。

義父の擦り立てはなおも続き、私は膀胱の奥の辺りにオシッコとは違う水分が
溜まっていくのを感じていました。
5分を超えてもひたすら擦り続けている義父は、全身汗みずくになっての奮闘でした。

「あはん、こ、こんなの初めて・・・狂いそう。ああ、狂っちやうわ。あはん」
私はお臀ばかりか、四肢もそれぞれが勝手に跳ね動くようになっていました。
こんなのは初めてのことです。

そのうちにヴァギナが激しく収縮を始めました。まるで痙攣でもしたように、
擦りたてている指を絞りたてるのでした。
「あはーん。いや・・・ダメ。どうかなっちゃうぅ」

私は訳のわからない事を口走り、全身を大きくのたうちまわらせました。
「そーら、潮を噴くぞ。いまだ」
義父がそう言いながら、ヴァギナに差し入れていた二本指を勢いよく引き抜きました。

するとその勢いに導かれるように、尿道口からピユッ、ピュルッ、ピュルッと
透明な液体がしぶいて飛び散ったのです。
  1. 義父相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。