PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 夫婦交換でリフレッシュ!其の一
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

夫婦交換でリフレッシュ!其の一

◇義弟の提案
夫婦交換01
結婚して40年、色気の乏しい63歳の妻の陰部など見たくも無いのが世の常だろう。
私自身、妻との性生活は月に一回程あったものの、妻の陰部を見たり舐めたりの性交はなく、
お互いの性器を暗がりでまさぐり合い妻の陰部が汁で濡れ、マラが勃起すれば交接し、
射精に至るまで勃起が持続すれば満足していた。

ところが現在の性生活は違う、薄明かりの下で妻を素っ裸にして股を開かせ、
陰部をじっくりと観察したり、舐め回す。
白毛交じりの陰毛、肉付きの落ちた大陰唇、伸びているドドメ色の小陰唇、
決して魅力的な陰部の外観とはいえないが、現在の私には興奮をそそる陰部である。

妻の陰部が何故、私の性欲を刺激し高めるのか?
その秘密は合計254歳になる二組の夫婦が、「夫婦交換の一夜」を過ごした結果である。

夫婦を交換し合って性行為に耽るなど、変態性欲者がすることだと、
私も経験するまで思っていた。妻に隠れて多少の浮気はしたが、
性道徳観は常識的だと思っていた。その私が65歳にして夫婦交換による性行為を経験し、
性生活に新境地を見出したのだから自分でも驚いている。

事の起こりは私たち夫婦と、妻の妹夫婦が温泉旅行をしたことに始まる。
老いの心境が姉妹の仲を深めるのか、ここ数年、妻と義妹は互いの家を行き来したり、
二人で旅行などをしていた。

姉妹の仲の良さが私と義弟(共に65歳なのだが)へにも影響して
合同温泉旅行となったのである。
鬼怒川温泉の旅館に二つ部屋を取ったが、食事は私たちの部屋で一緒にした。
義弟とは親しい口をきく仲ではなかったが、旅先での開放感と美酒のせいか、
一夜にして軽口をたたける仲と成った。

愉しい喋りで座の雰囲気は盛り上がった。座が盛り上がれば話のネタは下がるのが相場、
軽いエロ話から猥談になっていった。
猥談を口にしながらも、真面目な妻の反応を気にしていた。妻が愉しみにしていた旅行である。
不愉快にしては悪いと気を使ったが取り越し苦労であった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
名称未設定 5
妻の頬を赤くしたのは美酒のせいばかりではなかったのである。妻は猥談に酔っていた。
笑いで誤魔化そうとしても、官能を刺激された女の匂いを発散させていた。
浴衣姿の妻が、なんとも色っぽいのである。

私は驚いた。40年間連れ添った妻の、女としての正体を見抜けなかった驚きであった。
妻より二つ年下の義妹は、閨房にいるときに女が見せる、なまめかしい媚態を示していた。
浴衣の裾を捲り上げて覗き込んだら、パンティに淫汁のシミが浮き出ているだろうと
想像をたくましくした私であった。

思わず知らず淫らな視線で義妹の浴衣姿を、舌舐めずりせんばかりに見ていた私は、
義弟が呼びかける声にハッとした。
「どうです、一夜のアバンチュールという約束で、夜の同伴者を交換してみませんか」
義弟は三人の顔を順番に覗き込んで、夫婦交換を提案した。
美酒に酔った冗談と紛らすには、部屋の雰囲気が緊張し過ぎていた。

妻と義妹は沈黙し、私の返答如何と待っている。
妻の表情を読み取ろうと顔色を伺ったが、妻は顔を伏せてしまう。
私は心中で激しく動揺していた。
全裸にした義妹を組み伏せている痴態が脳裏に浮かぶ。

(どんなオマンコしているのか?どんなよがり声をあげるのか?)
義妹の体を抱くことで、義弟がどんな性生活を愉しんでいるのか知りたいと思った。
人妻を抱く悦びとはそうしたものだろう。

義妹を抱いてみたいのは山々だが、妻を他の男に抱かせたくはない。
矛盾した心理であるが、凡夫の私はどうしょうもなかった。

「こう言っては失礼だが、私に抱かれると想像しただけで、
 義姉(おねえさん)が女として魅力的に見えだしたでしょ」
義弟につっ込まれて私は、返事に窮していた。
妻に性的欲望を感じる男の存在があると意識した途端、確かに妻に女を強く感じた。
日頃は傍らにいても触れたいと思わなくなっていた妻に、生々しい性を感じていた。

「夫婦交換って助平な遊びじゃないんですよ」
「じゃあ、なんです?」
「長い間夫婦していると忘れてしまいがちな、男と女の部分を意識させる手段じゃないのかな」
  1. 夫婦交換でリフレッシュ!
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


comment

Re: ひろぽんより 相互リンクのお願いです。

  1. 2011/08/10(水) 16:02:46 |
  2. URL |
  3. 管理人の恋アザミです。
  4. [ edit ]
> はじめまして。
> 私、エッチ体験談
> というブログの管理人をしてます
> ひろぽんと申します。
>
> この度、相互リンクを
> お願いできないかと思い、
> ご連絡をさせていただきました。
>
> こちらのブログではサイドバーでの
> リンクとASPランカーRSSでの表示をさせて
> いただいております。
>
> 相互リンクの件、ご検討下さいます
> ようかさねてお願い申し上げます。
>
> それでは失礼致します。

了解いたしました。リンク張らせて頂きました。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/08/10(水) 15:32:29 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。