PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 私のお腹の上で死んだ義父。其の五
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

私のお腹の上で死んだ義父。其の五

◇義父の腹上死◇
人妻の不倫40
義父は、「ほう、ほう、やるんもんやのう」と、熱心に眺めていましたが、
途中から鼻息を荒げ、私の体を引き寄せると、
いきなり胸へ手を差し込んできました。
最初は乳房だけを揉んでいましたが、そのうち、乳首と同時に、
もう一方の手でオメコもくじりにかかりました。

ただでさえ気が動転しているのに、濃厚なレイプシーンを見せ付けられ、
私も思わず義父の股間へ手を差し入れて、すでに若者のように、
天を衝いて勃起している逸物をまさぐりました。

「お義父さん、独りでこんなに硬うなったなんて久し振りやなあ」
「そやなあ、ワシもまだまだ見捨てたもんやないて」
口ではそう言いながら、顔はビデオの画面へ釘付けで、
指の動きはビデオの画面に合わせるように、さまざまに変化します。

私は思わず画面の中の若い女になって強姦されているような錯覚を覚えて、
「う、う、ううっ」と、思わず呻き声をあげました。
「なんや加代、もう、オメコがしとうなってきたんか?」義父はそう言うと、
そのままそこへ、私を押し倒すようにして、乗り掛かってきました。

私のオメコは、自分でも分かるほどベトベトに淫水が溢れ出ていて、
カリ先が膣口に当たったと思う瞬間、何の苦も無く義父のチンポを
毛際まで飲み込んでしまいました。

ああ、その気持ちの快い事といったら、何者にも比べようがなく、
私は股を大きく上へ上げて、下から義父の背中へ絡ませ、
抱きしめるようにして腰を遣います。

そのうちに、もう我慢出来ないほどの快感が子宮の辺りに沸き起こってきて、
「アア、イク、イク、イク・・・」
と、声を上げて、体中が痺れてしまうような快感に身を委ねながら、
ドク、ドク、ドクと淫液を押し流して気を遣りました。

その時、義父は気をやった訳ではなかったのですか、
ほどなく逸物が萎え始め、ずるっとオメコの外へ抜け出てしまいました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
名称未設定 1323
私は起き上がって、義父の萎えたチンポを握ってティッシュペーパーで汚れを
拭き取りながら、何気なくビデオへ目をやると、画面ではもうすっかり観念した
女達が、男の逸物を口に咥えて、スッパ、スッパとフェラチオの最中です。

義父も起き上がって一緒にビデオを見ていましたが、
しばらくしてトイレへ立ってゆきました。やがて戻ってくると、再び私の体を押し倒して、
やおら腹の上へ乗り掛かってきたのです。トイレで補強器を使って来たのか、
逸物をピンピンに勃起させています。

その太く逞しいものをズボッと根元まで差し込まれると、
先刻気を遣ったばかりだというのに、忽ち子宮の奥まで響くような
快感が沸き起こり、次第に体中へ広がってきて、独りでにヨガリ声が出てきます。

「ああ、エエ気持ちやわァ・・・エエ気持ちエエ気持ち・・・。
 ああ、もうオメコが痺れて何とかなってしまいそうやワ。
 ああ、お義父さんエエわ、エエわ」
思わず私はそんな事を口走り、下からしきりに腰を持ち上げ、
お尻を廻して、義父のピストンを運動を助けます。

お尻の穴を絞るように力を入れると、自分でもはっきりと分かる程、
膣の締り具合が意識され、一段と気分が高まってきました。
「ああ加代、ワシもエエ気持ちや・・・ああ加代エエ、オメコや、
 ほんま、お前のオメコはエエオメコや」

義父はいつにも増して激しく腰を遣い、スケベ言葉を何度も繰り返して、
息遣いも更に激しさを増してきました。
私は忽ちヨガリ声を張り上げて、最初の気をやり、続けて二度、三度と
頭の先まで痺れるような気持ちの快い気をやり、義父の射精を促すように、
更に肛門の辺りを絞って、オメコの中で暴れ、回っているチンポを食い締めるように
締め付けると、次々に湧き出てくる吐淫は、内股を伝わって流れ落ち、
ピチャ、ピチャ、クチュ、クチュと淫らな音を立て続けます。

「ああ、加代、加代・・・イクぞ、イクぞ。それイク、イク・・・」
その瞬間太い雁首がますます硬くなって、膣の奥の方へ何か
熱いものを弾き出してきました。
それと同時に私も、再び脳天までズキンズキンと響き渡るような快感に身を委ね、
思う存分に気をやって、全身の力が抜けたようにガックリとなりました。

しばらくして、義父の体が重く被さっているのを、
「お義父さん、お義父さん」と声をかけながら、体を揺すぶって起こそうとしても
びくともしません。
なんと言う事でしょう。義父は私のオメコに締め付けられて、
恐らく最高の気をやり、気をやると同時に昇天してしまったのに違いありません。
私が気付いた時は、すでに私の腹の上で息を引き取っていたのでした。
END 
  1. 義父相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]


comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/04/04(月) 14:10:38 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。