PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 吹雪と共にやってきた女。其の二
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

吹雪と共にやってきた女。其の二

◇蓄積した欲望◇
h_086hima00040jp-11.jpg
40前の女の体はまさに熟れ盛り。柔らかく弾力があった。
私は女体を腕の中に抱くのは3年ぶりの事だった。
次第に男としての欲情がこみ上げてくる。
私は女房を子宮ガンで亡くし、以来ずっとやもめ暮らしだったのだ。

逸物が勃起する。
気が付いたら私は、女を宿直室の簡易ベッドに押し倒していたのだった。
「や、やめてけれ!?」

女は私の服の腕の部分を掴んで、必死に押しのけようとした。
しかし、私としては性欲と同情がゴチャまぜになった感じで、
さらに強く女を抱き締めていく。

首筋に唇を押し付けた。スカートを捲くり上げ、
太腿と太腿の間に手をこじ入れた。
「あンだぁ・・・やめれ!」
女が拒絶の声を張り上げる。だが、私の手指が股間の膨らみを捉えると、
「あああッ・・・!?」
急に全身をブルブルと震わせ、潤みの感じられる声を漏らしたのだ。

女の体も性的に飢えていたのだった。
女の体を開くつもりになった。こうなるとあとは簡単だ。
女は長い間結婚生活を経てきた熟女なのだ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
emav00007jp-12.jpg
宿直室は、ストーブで充分に暖められていた。
私は女の衣服をせわしなく剥ぎ取って裸にした。
三年間の蓄積した性欲が、私をせっかちにしていた。

女も私の性急な欲情に、興奮を誘発されたようだった。もう全く拒む素振りは見せない。
それどころか、私が脱がせやすいように、体を動かしてくれた。

簡易ベッドに横たわった女の裸は肉そのもので、私は48になってもドキドキした。
肌は色白できめ細かく、触ると蕩けそうだった。

乳房は大きかったが、子供を産んだ事がないせいか、乳暈の色も割りと綺麗だし、
形も亡くなった女房と比べると、崩れてはいない。腰から下は、どうして子供が
出来なかったのだろと不思議なほど逞しく這っていた。
「は、恥ずかしい。そったらジロジロ見んでけれ・・・」

女が両腕で胸を隠した。すると、余計に膨らみが強調された。
私は腕をほどくと、片方の乳房に唇を押し付けていった。
「ひどい男と思われても仕方ないが・・・」
私は言って、乳房の膨らみを舐める。

女が激しくかぶりを振った。そして、私の頭を抱き締めたのだ。
私は右手で、もう片方の乳房を揉んだ。そして乳首を口に含んで、吸ってはじいた。

「ああう!」女が喘いだ。
私はそれまでは女は亡くなった女房しか知らない石部金吉で、この時、女に迫ったのが
不思議な位だが、そんなだから、性技には自信がある訳ではなかった。
が、それでも私は乳房から手を脇腹や背中にすべらせ、尻や太腿を撫でてやった。
人妻の不倫38
女がますます私にしがみつく。それから体をくねらせながら、膝頭を次第に開くのだ。
私は内腿に指を這わせ、股に向かって近づけていった。
「ハーッ」
と女が大きく息をついて、呆れるほど股を開いた。女は私の指を待っていたのだった。
陰毛を撫でた。柔らかだったが、わりと毛深かった。女が腰をよじった。
私はほんの少し躊躇った後、指を性器に這わせていって淫穴にグイッと埋めていった。

「あーっ、そこ・・・!」
女が途端にピーンと仰け反った。淫穴はドロドロになって、
まるで熱い溶岩があふれ返っている感じだった。
「里恵さん・・・」
私はちょつと前に開いた女の名前を口に出してみた。

女は亭主や姑に酷い仕打ちを受け家を飛び出してきていた。
その心の内をおもんばかって、私は奥さんと呼ばなかったのだ。
私はもう夢中だった。久し振りに触れる女の性器だった。
私はもう一本指をすべり込ませた。かき回したり小刻みに出し入れしたりした。

仰け反った女の顎に、唇を這わせた。女は形の良い小鼻を絶えずピクピクさせていた。
「そご、そご・・・あううん」
女が太腿をギュツと閉じ合わせ、私の手首を締め付けてくる。
そして腰をふるわせ、くねらせた。私は手首の痛みを堪えながら、
指を更に奥にこじ入れ、淫肉をかき回した。
  1. 再婚夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。