PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 処女を奪った女と35年振りの再会。其の一
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

処女を奪った女と35年振りの再会。其の一

先日宮城県に出張した折に見た田園風景を思い出しながら書いてみました。

◇家族を残して◇
岩木山01
私は今年53歳になる岩手県出身の男です。現在は土木作業員をしております。
季節労働者で、農繁期は農業へ、農閑期になると東京に出稼ぎに来ています。
公共事業の激減で出稼ぎ労働者には厳しい状況ですが、幸い私は大卒で
電気主任技術者の資格があり、重機の免許や玉賭け、クレーン免許など
建設現場に必要な資格・免許を殆ど持っているので、この厳しい状況下でも
何とか仕事に有りついています。

いうまでもなく、妻と子供も岩手で、出稼ぎに来ている間は自由に会う事が出来ません。
子供達は、すでに成長していて、父親が傍に居なくても淋しがる様な事はないでしょうが、
妻は辛いと思います。何しろ、私が出稼ぎに出てしまうと、半年近く、セックスレスで
暮らさなければならないのですから。

結婚して25年も経てば、いい加減セックスなんてしなくってもいいのではないかと思いますが、
そうでもありません。むしろ子供達が小さかったときよりも、激しく求めるように成った気がします。
今でも出稼ぎに出る前の晩は、たっぷりと抱き合い、必ず「浮気しないでよ・・・」と
男根を握りながら囁いてきます。

半年近く男が家族と離れ、自由に暮らしていれば、女を抱かない訳が無い事ぐらい
妻も理解しています。その相手が、いわゆる商売女でソープとかピンサロの女ならば
別にどうと言うことはありません。その程度のことは、どこの誰だって遣ってる事ですから、
妻はそれを浮気と言う風には考えていないのでしょう。しかし素人の女に溺れたり、
不倫したり、エイズなどの病気を伝染されることが心配なのだと言います。

出稼ぎから戻った夜も、これまた盛大に抱き合いお互いにアカを落としあいます。
「浮気しなかったわよね」と、そのときも、必ず妻は訊ねます。
「するわけないだろ」
毎度同じ事の繰り返しなのですが、出稼ぎから戻る時、何が一番楽しみかと訊ねられたら、
私は女房が抱ける事だと言うでしょう。半年も会わないと、自分の女房は女房なのですが、
とても新鮮な感じがします。不思議なものです。

それでいてソープやピンサロの女や初対面の女と違って、古女房ながら安心して抱けます。
極端な話、この時の悦びがあるから、半年の出稼ぎも苦にならないと言えるのかも知れません。
ところが、昨年は女房に「浮気しなかったわよね」と訊かれた時、ちょっびりギクッとし、
「するわけないだろ」と答えたものの、心疚しいところがあって、暫くは落ち着けませんでした。

抱き合ったあと、丸裸のまま妻は私の男根を握りながら、肌を密着させてきます。
裸のまま眠るのは雪国の習慣ですし、男根を握りながら眠るのも、私が傍に居る時は
何時も妻がすることですから気にする事は無いのですが、この時ばかりは、
もしかすると妻はなんとなく私の態度に不安を感じてすがりついてきたのではないかと思います。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
◇カラオケバーの美女◇
スナック
あれは・・・あと一週間で岩手に戻る積りで居た時の事です。私より一足先に、翌日、
青森に帰ると言う仕事仲間と、普段は余り行った事のないカラオケバーで飲んで居た時でした。
仲間は帰り支度があるので先に宿泊所に帰って行きました。
私は翌日は仕事が無かったので遅くなっても良いと思い、一人でママを相手に歌を唄っていました。

「久しぶり・・・」
「あら、珍しい。一人なの?」
私がカラオケをしているとき、女性客が一人で入って来ました。
「さっきかまでお友達と居たんだけど・・・」

唄い終わって、私がステージから離れ、カウンターに座りながら何気なく彼女の方を見ると、
「あっ・・・あんた・・・」
ママからおしぼりを受け取った女性が、座りかけていた椅子から立ち上がり、
「・・・懐かしいッ」と言って、じいっと私を見つめます。

懐かしいッと言われても、私は一瞬どこの誰だろうっと、見当もつきませんでした。
ただ戸惑って、見詰め返すだけです。懐かしいと言うのですから、
大分前に知り合った仲なのでしょうが、まったく分かりませんでした。

第一私が今まで付き合った事など無い、相当いいところの金持ちの人妻、
有閑マダムとでも言ったら良いのでしょうか、そんな感じで、垢抜けした美人でした。
しかも、出稼ぎ労務者がカラオケを楽しむ飲み屋と言っては失礼かも知れませんが、
この店にとっても場違いな雰囲気で、高級レストランかホテルのバーが似合いそうな
服装をしていました。

ママの知り合いである事は確かで、同年輩のような口の利き方をしていたけれど、
ずっと年下のように見えます。40歳はとっくに過ぎているかも知れませんが、
30代後半という感じでした。

「失礼だけど、どなただったかなぁ?」
私はママに救いを求めました。
「ママに訊いても分からないわよ」
そう言われると、からかわれて居るような気がして腹が立って来ました。

「本当に忘れちゃったの?薄情ね。あたしは一日だって忘れた事ないのに・・・」
ニヤニヤ笑いながら、懐かしいと言う以上に、馴れ馴れしく身体を近づけてきます。
プーンと、いい香水の香がしてきました。一層私には見当がつかなくなり、
「誰かの、妹さんかな?」
「本当に分からないの?忘れちゃったの・・・?」
「東京に親戚は居ないし、知ってる人もいないから・・・」

どこかの飲み屋ででも会った事があるのかなと考えて見ましたが、
そんな程度の知り合いではなさそうです。
「悲しいわ。あたしの大切な処女を奪っておいて・・・」
「エッ、あの奈、奈保子か・・・!?」
偶然なのか。一番会いたくない相手というか、一番もう一度会ってみたい相手に、
私はカラオケバーで出会ってしまったのです。
画像番外 0616
彼女の事を思い出した途端、
私はゾクゾクッと背筋に悪寒が走り、顔をひきつらせてしまいました。
「やっと思い出してくれたんだ」
「思い出すもなにも・・・まるっきり別の人としか思えない。そう言われて見れば、
 面影が残って居るような気もするけど・・・」
なにしろ35年以上も昔のことです。まだ青い果実でしかなかった中学生の頃の
奈保子しか、私は知りません。しかも東北の辺鄙な過疎地の少女。

目の前に居る女性は、成熟しきった色香を漂わせ、高級な香水もぴったり似合う
肉感的な美人で、まさに都会の人という感じ。とても同一人物とは思えません。
しかし、思い出して良く見ると、間違いなく奈保子です。
確かに彼女がまだ中学生の時、強引に押し倒し、処女を奪ってしまった相手です。

「怨んでるんじゃないか?」
「ふふふ、怨むなんて、とんでもない。何時だって、あなたのことを思い出してた。
 本当よ、ウソじゃないわ」
私は奈保子と知った瞬間、恨み言を言われるのではと、内心ビクビクしていましたが、
怨んで居ないと聞いて、ホッとしました。身勝手かも知れませんが、
怨まれていないとなると、逆にほのぼのとした懐かしさだけが私の方にも浮かんできます。

私はその昔、彼女の口唇に吸い付き、舌を入れ、もろに乳房を掴んだ時の感触や、
むきだしになった太くて真っ白な太腿や、うっすらと生えていた陰毛も思い出しました。
そして強引に肉棒を突き刺したときの悲鳴や、暴れまわる彼女を押さえつけた時の
記憶も蘇ってきます。

「怨むって言えば、あのあと、まるっきり知らぬ顔して、
 ぜんぜん会おうとしなかった事を怨んでるわよ」
「大学に行っちゃったから、村には殆ど帰らなかったし、
 家に戻った時はもうとっくにキミはどこか、ほかの土地に行ってたもの・・・」

私はその頃はまだ高校生で、中学生とはいっても、
胸の張り出した彼女に女の体を意識していました。狭い土地ですから、
顔も名前も知っていましたが口を利いた事はなかったのです。

たまたま雪の降っている日、バスから一緒に降りたとき、私は思い切って、
「足元が滑るから、近くまで送ってってやるよ」と言って、肩を並べました。
彼女の方も、私の事を知らない訳では有りませんから、
ニッコリ頷いて、黙ってついて来ました。
  1. 夫の不貞
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 11  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。