PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 嫁と孫娘を抱く老人。其の五
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

嫁と孫娘を抱く老人。其の五

◇孫娘の為にテクを駆使◇
画像 026
そんな目ですがられても、私の肉棒は不如意になって久しい。
急には期待に応えられそうも無かった。
その一方で、可愛い孫娘の窮地も救ってあげたかった。
一か八か賭けてみようという気に成っていた。

「美樹はまんぐり返しを知ってるか?」
「知ってるけど・・・したことはないわ」
「じゃあ、自分でまんぐり返ってごらん」
「自分で?」
美樹はますます顔を赤くして、困ったような表情を浮かべた。
彼女は顔立ちも恵美子によく似て清楚で、
そのうえ年若いこともあって可憐さが加味されている。
この孫娘を羞恥に追い込んで揉んでやったら、私の男が復活するような期待があった。

「ほら、まんぐり返しというのは、こうするんだ」
私は美樹の手を取ると両手で膝の裏を抱えさせ、脚を持ち上げて押し広げながら、
頭の方に折り敷いていった。
「ああん、いやっ。恥ずかしい。この恰好は恥ずかしいわ。ああん」

美樹がまんぐり返った脚を揺すりながら泣き声をあげた。
若い娘が自分から膝裏を抱えて、股座を天に向かって曝け出した恰好である。
どうにでも好きにしてくれといわんばかりで、清楚可憐な美少女には似つかわしくない。
それだけに男にはゾクゾクするような情景であった。

私は二本指を立てると、それを膣口に突き刺しジュブ、ジュブと抜き差していった。
同時にもう片方の手の指にオサネを摘みあげ、撚り合せるようにもしてやった。
「あはん、ああ・・・こ、こんなの恥ずかしい。恥ずかしいよぅ」
「恥ずかしい分、感じてもいるんだろう?淫汁の溢れ方が尋常じやないぞ」
「い、いやん。言わないで」

美樹が全身を真っ赤に染めて、まんぐり返した躰をくねらせた。
その仕草が私の脳髄を疼かせたが、
肉棒はまだグンニャリとした侭で変化の兆しは見せなかった。
なおも膣口に突き入れた指をジュブ、ジュブさせ、
摘みあげたオサネを撚り合せていった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
画像 007
それから私は口を近づけていき、膣口に突き入れていた指に代えて、
陰唇にしゃぶりついた。二枚の陰唇に代わる代わるしゃぶりついてはねぶりたて、
歯を立てては甘噛みをしてやった。まんぐり返しの女に愛撫を施すと、
すぐ其処に表情の見えるのがいい。

美樹は眉根をギユッと寄せて、いまにも泣き出しそうな顔をして羞恥に耐えていた。
その表情にもゾグッとはするが、私の肉棒を反応させるまでには至らない。
そこで私はいま膣口から引き抜いた右手の指を、美樹の肛門にあてがった。

その中指を一本立てると、菊皺の中心を探ってムギューッとばかりに押し入れてやったのだ。
「ああーっ、ああーっ。お尻はダメ。お尻はやめて・・・クセになったら困るぅ」
美樹が尻をにじってイヤがったが、かまわずに押し入れた。
指は第二関節辺りまで埋め入ってとまった。

それを直腸の壁が、ギューギューと締め付けてくる。それにあらがうように、
コネコネと衝き動かしていった。咄嗟の思いつきで始めた肛門への指の押し入れだったが、
これが案外の効果をもたらす事になるのだ。

しばらく指で肛門の中を捏ね回してから引き抜いた。
指の先の方が茶色に変色している。
鼻先に近づけて臭いを嗅ぎ入れると、プーンと便の臭いが鼻腔を衝く。
清楚で可憐な孫娘の便が、指の先に付着してきたのだ。

「美樹。嗅いでみろ」
「・・・い、いやーっ。こんなのを嗅がさないで。いやーっ」
美樹はまんぐり返しを崩し、顔を両手で覆いながら身を右に左に捩じった。
身も世もあらぬ恥ずかしがりようである。

その羞恥に身を揉む様子が、錆び付いていた私の性中枢を刺激し官能を震わせた。
にわかに肉棒に血流が起こり、その鎌首が持ち上がって、幹も太まり伸びていった。
久し振りに味わう海綿体が満ちていく感じだ。

かつて若かりし頃の、あたりを払うような雄揮さには比べるべくも無いが、
それでも女人の陰部に突き入り、突き上げるには十分な勃起であった。
143sbd00045-29.jpg
私は膝立ちになって躰を反り返し、誇示するようにして見せた。
美樹は羞恥のために身を丸めていたが、こちらに顔を向けて表情を明るくした。
その視線を浴びた肉棒が、さらに身を堅くしていく。そのまま孫娘に近づいて、
その両脚を割ろうとすると、彼女はそれを制して躰を起こした。

「どうした?」
「よくお母さんにしていたように、後から繋いで・・・それでお尻を叩いてほしいの」
「スパンキングをして欲しいのか?」
お安いご用だった。美樹の躰を返して四つん這いにさせ、私はその後に躰を寄せた。
まだ隆として力を失っていない肉棒を、その尻の谷間に落とすと、
膣口にヌラヌラと押し込んでいった。

「あふうっ・・・お、お爺ちゃんのチンチンが入ってくる。入ってくる。ああ、ああ」
美樹が大きな声で反応した。私は肉棒を一杯まで押し入れると、
ズコズコと擦りたてていった。

肉棒が快感で疼き、目の前が赤く成ってのぼせていくようだ。
忘れかけていた恵美子とのいろんな交接の場面が蘇ってくる。
それから目の前の尻を、両手でピシャピシャと叩いてスパンキングをはじめた。

「あふっ・・・あうう・・・はふぅぅ・・・」
美樹が背を反り返しながら声に出した。感に耐えないと言うヨガリ声だ。
私は尚も力を込めてスパンキングしていった。
そのたびに肉棒を包んでいる膣襞が、キュッキュッと締まって締め上げてくる。

それが快感となって全身を襲った。
両手で叩く尻の双丘が、真っ赤に染め上がっていく。

なおもスパンキングを続け、肉棒をズコズコと遣っていった。
膣襞がヒクヒクとなって、締め上げ絞り上げてくる。
肉棒の快感が膨らんで、全身が熱いまでに燃え立った。
美樹のほうも全身がうねり、波打つようになっている。

「あっ、あっ・・・あーん、変・・・変になる。
 あーん、どうしょう。変よ。変。あーん」
盛んに声を出しながら、全身のうねりを大きくしていった。
そして、そのうねりが一瞬静止したかと思うと、
「イクーぅっー」と発して前にのめっていった。

エクスタシーに到達したのだ。その拍子に肉棒が抜け出て精液を放ったが、
力の無い射精であった・・・。

翌日、美樹は東京に戻っていった。それから一週間ほどして、
彼女からトラウマはどうやら克服できたようだと連絡がきた。
END
  1. 義父と嫁と孫娘
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。