PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 愛・地獄編。其の一
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

愛・地獄編。其の一

(序章)
t02200367_0240040010177825418.jpg
私はここに告白いたします。

父と娘の間の愛の哀しさを、どうしても告白せずにはいられないのです。
ここにおいでの殆どの方々が、おぞましさを感じられることでしょう。
が、私にしてみれば恐ろしいことながらも、快楽でした。
無上の歓びと申しましても過言ではありますまい。

私は十有余年の間というもの、
告白の機会を伺いつつ今日まで口をつぐんできたのでございます、はい。
娘の命日である今日のこの日に、是非ともお集まりの皆様方にご判断をいただきたいと思いまして。
私自身と致しましては、このことを決して罪悪だとは思っていないのでございます。
が、ここ一週間の間というもの、嫌な夢を毎晩見 続けた為でございます。
その夢というのが、何とも身の毛もよだつものでございまして。
おそらくは、その夢を忠実にお話ししたとしても、
その十分の一の恐 怖感もあなた方には、わかっていただけないでしょう。

夢━それは地獄の夢なのでございます。
あなた方は、閻魔大王の存在を信じていられるでしょうか?
いやいや、地獄そのものの存在を信じていらっしゃる方は、少ないことでございましょう。
かくいう私と致しましても、信じたくはないのでございます。
このような恐ろしいものがあってなるものかと、思うのでございます。

どうもお待たせいたしました。前置きはこの位に致しまして、その夢についてお話しましょう。
と申しましても何しろ夢のことでございます、突飛な事柄もございます。
荒唐無稽と思われるかもしれません。
又、私の感じた恐怖感を十分にお伝えできないかもしれません。
しかしどうぞ、お汲み取りいただきたいのでございます。

私は、名前を梅村正夫と申しまして、生まれは石川県の田舎でございます。
昭和の初めに生まれまして、青春時代を戦争に奪われた一人でございます。
今は東京で暮らしておりますが、五十年程前に上京しまして、和菓子の製造で生計を立てております。
当時は住み込みの関係で、朝は午前四時から夜は午後九時頃まで働いておりました。
二十年間辛抱したら当時のお金では大金の百円をいただけるという、
ご主人様のありがたいお言葉を信じて一生懸命働きました。
そして約束の二十年目に、ご主人様の勧めで店を開くことになりました。
いわゆる、暖簾分けでございます。勿論、ご主人様のご援助のもとでございます。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
(二)
mw71-94c00.jpg
その一年後には、大東亜戦争の勃発で赤紙が届き、すぐにも入隊の運びとなってしまいました。
しかし、何が幸いするのでしょうか。和菓子の製造で体を蝕まれていた私は
ー兵役検査でわかるという皮肉さでしたー、外地に赴くことなく内地で終戦を迎えたのでございます。
しかも幸運にも私の店は戦災を免れまして、細々ながら和菓子づくりを再開したのでございます。
そしてその後、妻を娶りました。
そうそう、言い忘れておりましたが、ご主人様は東京空襲の為にお亡くなりになっていました。
奥様も又、後を追われるように亡くなられたとのことです。

私の妻というのが、そのご主人様の忘れ形見なのでございます。
毎日々々、私の店の前で泣いていたのでございます。御年、十九歳でございます。
それは心細かったことでございましょう。
ご親戚筋が、長野県におみえになるのでございますが、
疎開されることなくご両親と共だったそうでございます。
ご主人様のご恩への、万分の一でものお返しというわけでもございませんが、
お嬢様のお世話をさせていただきました。

そのことがご親戚筋の耳に届きまして、すぐに所帯を持たせていただくことになった次第でございます。
勿論、おそれ多いとご辞退したのですが、お嬢様の「いいよ!」の一言で決まりましてございます。
非常にご聡明なお方で、女学校にお通いでございました。
私といえば、ご承知の通りろくろく小学校にも行っておりません。
釣り合いがとれないからと、何度もご辞退はしたのでございますが。

とまぁ世間様には申し上げて参りましたが、今でこそ申し上げられますが、
お嬢様は戦時中 "アカ"と呼ばれる国賊と、今で言う同棲生活を送っていたのでございます。
とは言いましても、私自身好意を前々から持っておりましたので内心は喜んでおりました。
たゞ、よもやその国賊の子供を身ごもっていることなど知る由もございませんでした。
今にして思えば思い当たる節もございますが、何しろ終戦直後のことでごさいます。
単なる早産と思っていたのでございます。 えぇ勿論、妻は死ぬ間際までそう申しておりました。
が、私にはわかっているのでございます。
知らぬ事とはいえ、そんな妻と十六年余り連れ添い、その娘を実の娘として育てたのでございます。
(三)
h_101gs00751pl.jpg
娘が十六の時でございました。
酒の酔いも手伝って、妻に手をあげてしまいました。
生まれてこの方、そのような経験の無い妻にとってはショックでございましたでしょう。
些細なことからの口喧嘩の末のことでございました。
“俺を虚仮にして!あの男の娘なんだろうがぁ!”
心の内で、叫んでおりました。

えっ、「どうして実の娘ではないとわかったのか?」ですと。
お話ししていませんでしたか、失礼いたしました。
親の口から申すのも何でございますが、実に頭のいい子でして常に学年トップの成績でございました。
器量も、私に似ず評判の娘でございます。
おわかりでしょうか?私とは似ても似つかぬ娘なのでございます。
更に、以前の御店の近くに住んでおられた方のお話では、あの同棲相手の男の面影があるとのこと。

そう考えれば、全く納得のいくことでございましょう。全く不釣り合いの私のような者に嫁ぐなどということが。
娘のおらぬ所で、そのことを詰りましたのが、このお話の、ある意味では発端でございます。
勿論、妻は否定いたします。
しかし、否定されればされるほど疑念の心は確信に変わっていったのでございます。
そして嫁ぐことを決意した理由が、
「恩返しのつもりだった」と聞かされた折りには、”やはり”という気持ちで一杯でした。

結果、私たち夫婦の家庭内別居が始まったのでございます。
食事の支度こそしてくれますが、私一人のわびしい食卓でした。
娘は、妻に手をあげた私が許せなかったようで、敵意にも似た感情を持ったようでございます。
やりきれない日々が続きました。次第にお店での時間が長くなり、食事も外で済ませるようになりました。
“離縁”ということも頭をよぎりましたが、娘の通う私立高校のことを考えるとそれもできませんでした。
・・・いや、本当の事を申し上げます。世間体を気にしてのことでございます。
私どものような和菓子屋は、家庭内のゴタゴタが外に漏れますと、たちまち売り上げに響くのでございます。
考えてもみてください。ゴタゴタを抱えた職人の作る和菓子がおいしいはずがございません。
実際、「味が落ちた!」と馴染み客に嫌みを言われたこともございます。

一年近く続きましたでしょうか、そのような地獄の毎日が。
妻でございますか?さぁ、一日をどのように過ごしていたのか・・・。
又、嘘をついてしまいました。実は、程なく寝込んでしまいました。
いえいえ、私との事でではありません。心労からではございますが、
以前から、時々寝込むことがございました。唯、今回は少し状態が悪かったようではございます。
当たり前のことでしょう、私を騙し続けてきたのでございますから。
確かに、所帯を持ってからの妻は一生懸命頑張ってくれました。
身を粉にして、という表現がピッタリくるほどでございました。
今のお店があるのも、妻の頑張りのおかげもございますでしょう。し
かしだからといって、私を騙していいとは言えますまい。
二週間ほど寝込みましたが、床を上げてからの妻は、以前の妻ではありませんでした。
  1. 継父相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。