PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 義母(継母)と義姉の親子どんぶり。其の二
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

義母(継母)と義姉の親子どんぶり。其の二

◇義母との初体験◇
緊縛06
その間にも義母のバスロープの前をあけ90センチはあるけど形があまり
崩れていない胸ももんであげた。乳首はさすがに黒く、ガールフレンドの
ピンクとは違ったが、それでも弾力のある胸はすばらしく魅力的だった。

義母の豊満なオッパイをもみしだき、黒々とした陰毛をかき分け
バイブであそこをいじめている自分がとても幸せでいやらしく、
そうしているだけで、僕のペニスは痛いくらい勃起しました。

ズボンをあわただしく脱いで義母の前にペニスを差し出すとそれはこれまでで
一番ギンギンに勃起していて、自分のペニスとは思えないほどでした。
元々太さと大きさには自信がありました。セックス経験のある先輩の女の子との
セックスで「大きい」といわれて、結構自己満足していましたから・・・・・

義母は僕のペニスを見て目をまん丸にしてビックリしていました。
「お義母さん、父さんにやっているように僕のもなめてくれよ。
 義母さんがフェラチオするのが好きなこと僕は見て知っているからね。」
義母の身体を起こすと僕はペニスを顔に近づけ無理やり口に押しつけました。

義母は初めいやがりましたが、観念して口を開きねっとりした唇に含みました。
「これが憧れの義母の口の中か・・」
その唾液が絡んでますます僕のペニスはいきり立ってきたような気がしました。
少し義母の口の中で動かすだけで義母はのどの奥に突き刺さるのか、
むせたり苦しげな顔をします。その眉間に皺のよった苦しげな表情が魅力的で、
ますます激しく口の中で出し入れしてしまいました。

僕は早く義母のあそこが見たくなりました。
ペニスを口から引き抜くと義母の口から夥しい唾液がこぼれ、
ペニスは唾液の糸が引いていました。

いよいよ義母のあそこを見る時がきました。少し股を広げるのに抵抗しましたが
力づくで広げるとプーンと石鹸のにおいがしましたが、
それ以外の臭いがして義母が興奮していることがわかりました。

「お義母さん濡れているのだね」
義母の顔を見ると首を振って、
「そんなことあるわけないじゃない、和男君、本当にやめて!
 今ならお父さんに黙っていてあげるから・・・・」
その言葉を聞きながら僕は義母のあそこに顔を埋めて、あそこにむしゃぶりつきました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
緊縛07
同じ女でもガールフレンドや他の女の子にない、柔らかな肉襞に舌がからみ
ました。僕の唾液か義母の愛液かわからないけど、あふれている液をズルズル
と音を立てて吸いました。義母は「イヤー、止めてー」と必死で腰を引こうと
していましたが、僕は腰に手を回して動けないようにして無茶苦茶に義母の
あそこを吸いたてました。

義母のなま暖かい口の中で激しくペニスを出し入れしているだけで
僕は脳天がはじけるくらいに興奮しました。
ただこの日を目標にしたセックス経験(けっして多くはないが・・)
と自分が主導権を握っていることでなんとか爆発しなかったと思います。

義母のあそこをなめ回して唾液をたくさんつけると、いよいよ挿入です。
僕の動作で義母は察したようです。身動きできない姿勢で逃げようとしました。
僕はそんなことはお構いなしに、
義母の両足を強引に抱えてあそこにペニスをあてがい一気に貫いたのです。
義母の目がカッと見開いて動転している様子がありありと浮かび、
困ったようなどうしていいかわからない表情が僕を一層凶暴な人間にしていました。

ペニスはすんなり入っていき僕のクンニの唾液のせいかもしれませんが義母が
濡れていることもわかりました。
ペニスはまるで僕の分身のように義母の中で暴れました。
今から考えればがむしゃらで若さだけのピストン運動だったのかもしれません。

義母は最初の内は「止めて、ヤメテ!」といっていましたが、
僕の動きがあわただしくなってくると
「お願い、中には出さないで!!」という言葉に変わってきました。
僕は中だしをしたかったのですが、妊娠の知識くらいありますし、
これまでのガールフレンドともゴムか外に出していました。

僕は「中に出さないから口で受け止めて飲んでくれるか」と友達の家で見た
エッチビデオの顔面シャワーを義母に要求しました。義母は、
「何でもするから中にはださないでください」と切れ切れとした息の中で叫びました。
「じゃあ、和男君の精液を私のお口にちょうだいと言え」と命令すると、
ブルンブルンと90センチのオッパイを上下に踊らせて、
つっかえつっかえ義母は其の言葉を口にしたのです。
緊縛05
もう限界でした。僕は最後のピストンを10回ほどすると
ペニスを抜き出し義母の顔に持っていこうとしましたが、
その直前に大量の精液がほとばしり出てしまいました。

だけど勢いで義母の額や鼻の穴、
そして義母の口にドロドロとした精液が散らばっていきました。

義母は目をつぶってその精液を拭おうともせずに縛られたまま
ベットに横たわっていました。僕のペニスの先にはまだ精液がついています。
ビデオで見たようにそのペニスを義母の口にもっていき
「なめてきれいにして」
と言うと義母は何もいわずに憑かれたように言われるままに口に含んでくれ、
手を添えて絞るように精液をなめとってくれたのです。

何か義母を男として征服したような気分になって、
僕のペニスは精液をたっぷり出したというのにますます硬くなり、
またいきり立ってきたのでした。

義母は「さすがは若いのね、今だしたばかりなのにすごく大きくなっている」
と言って縛られて不自由な格好で、
驚くことにペニスを自ら口に含んでなめ始めました。
僕は義母になめられながら縛っていたロープを取って上げました。

がむしゃらに縛ったおかげで義母の白い肌には脈略のないロープの跡がくっきり残りました。
義母は身体が自由になると僕の股間に顔を埋めフェラチオに熱中しはじめて、
ふくろの部分まで音を立ててなめてくれます。僕はふくろは初めてで興奮してしまい、
危うくいきそうになりました。

僕はまた義母の中に入れたくなって義母を押し倒そうとすると、
「またさっきみたいに縛ってくれる?」と聞いてきたので、
今度は落ち着いてSM雑誌で見た様な格好になんとか縛り上げました。
その縛っている間から義母のあそこが濡れそぼってくるのがよくわかりました。
「お義母さん、興奮しているんだね」と聞くと
「私は縛られないと感じないの?変な女と思うでしょ」
といって潤んだ目で僕を見つめました。
  1. SM調教
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。