PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 二人の母親。其の一
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

二人の母親。其の一

画像 1081
7月18日、母優子の39歳の誕生日。
父が単身赴任になった為に,今日の誕生日は母と二人でレストランで夕食をとった。
高校生になった俺は優しく母をエスコートし、父の代役を果たした。
寂しいのかつい,飲みすぎた母を車を呼び家につれて帰り介抱する事になった。
寝室まで運び,苦しげな母の服を脱がせ,下着姿にしてやった。
母の下着姿を見て,俺の一部が敏感に反応した。

童貞でもなく,それなりの経験もあった俺だが母を女として見ていたのも事実だった。
「遣れる!!」
そう思った俺は,素早く全裸になると,酔っ払った母に覆い被さっていった。
一人っ子の俺なんで,家族を気にする事もなかった。

酔った母は,愛撫をしだすと父と勘違いしたらしく,日頃の母とは違い甘い声で喘ぎ出した。
蜜壷から大量の液が溢れてきたので,我慢の限界を感じた俺はそっとペニスを挿入してみた。
「ひっ、ひぃいい~~~~~~」
母の声が一段と高くなり,息も荒くなった。
だが流石に異変を感じたらしく,トロントした目で俺を見つめた。
「えっ,恭介???どうして・・・・・」
そう言いながら,我に返った母が抵抗を始めたが,
小柄な母の力では根本まで深く貫いたペニスを抜く事は出来なかった。

逆にその抵抗がピストンの役目を果たし,セックスレスだった母の女を刺激した。
抵抗の言葉と裏腹に体の方は徐々に俺の動きに合わせるようになってきていた。
ここまで感じればあとはもう俺のペースだった。

結構年上の熟女との経験があった俺は,簡単に母を逝かせる事が出来た。
念願の母との性交が出来俺は満足感に浸っていた。
嫌がって抵抗した母もぐったりしているが,満足げな顔をしていた。

そのあとは,2回セックスしたがもはや抵抗もなく,俺は充分に母を堪能した。
40歳になろうとする母だったが,身持ちは良く,
体のケアも良くしているようで年の割にはだの張りもよく,若々しかった。
おまけに締まりは抜群で,この間の友人の母(42歳?)のユルマンなんか比べ物にならなかった。
手記を書いてる俺の横で眠っている母はいつものやさしい顔をしている。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
画像 1070
遅くに目覚めた俺は母がいない事に気づいた。
キッチンに行くと母は朝食の準備をしていた。
「おはよう!!」
いつもの様に挨拶する母は何事もなかったかのようだった。
「あっ、おはよう・・・・・」
俺のほうがなんだか意識していた。

準備する母を見つめる俺は,昨夜の母の痴態を思い出し,
朝立ちで痛いほどに大きくなったペニスを思わず押さえていた。
母が後ろ向きになり,その色っぽいうなじを見ていると,
無性に抱きたくなり,そっと近づいて抱きしめた。

「あっ、、、、、」
驚く母を無視して硬くなったペニスをお尻に擦り付ける様にし,手はエプロンの下の胸を弄った。
「恭介ダメ・・・私達親子なのよ・・・・・」
流石に母は冷静だったが,一度犯した禁断の関係に
女としての喜びを取り戻した体のほうはブレーキが効かなかった。

胸を露にし乳首を舌で転がすと「ツン」と尖ってきた。
股間に手を遣ってみると,そこは言葉では拒否していたが,充分過ぎるほどに濡れていたのだ。
「母さん,こんなになってるよ。」
俺は侵入させた指を動かした。

クチャクチャと卑猥な音が朝の静かなキッチンに響き渡った。
「嫌,御願い恭介やめて・・・・・・・・・」
あとの言葉は俺の唇に塞がれて聞こえなくなった。
舌を侵入させると,母も我慢の限界か絡めてきた。

とりあえず,いきり立つペニスを静めるべく立ったまま母のショーツを下げるとバックから挿入させた。
充分な潤いがあったので,簡単に根本まで咥え込んだ。
激しく突いてやると母の姿は消え,女に戻っていった。
昨夜の再現だ。
「あっ、そこ、そこが・・・・・」
数分間ピストンを続けてやると,母はぐったりとなって崩れ落ちた。
俺は素早く抜いたペニスを母に向け,大量の精子を母の体にぶちまけた。。。。。
  1. 告白手記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。