PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 夏が来ると思い出す事。其の四
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

夏が来ると思い出す事。其の四

◇母親たちの不倫感情Ⅱ◇
1nhdt00886jp-15.jpg
「あッあ、あッあ、あ、あ~、い、いッ、いい~ッ」
その時部室の扉が揺れた。誰かが開けようとしていた。
裕次であることは疑いなかった。裕次にこんな所をみられたら、それこそ最悪だ。

「シーッ、誰か来た・・・」
私は、それだけを告げると、友紀を抱きかかえたまま、仕切りの蔭に隠れた。
繫がったままである。扉が開いた。やはり裕次だった。
裕次は、自分のロッカーから、何か持ち出すと、辺りも見ずに部屋を出て行った。
この間ほんの一、二分。どっと汗が出た。

「裕次だったわ・・・」
友紀が泣きそうな声で言った。
「違う、裕次クンじゃない」
私は違う生徒の名前を言ったが、友紀は、見たと言って信じなかった。
「裕次よ。裕次に見られたのよ、あッあ~」
私は泣き叫ぶ友紀を抱き締めながら、腰を突いた。

「裕次に見られたのよ。あッあ、どうしたらいいの、見られたのよ。あッあ、あッああ~」
友紀は、裕次の名前を呼び続けながらも、決して行為を止めようとはしなかった。
息子に不倫の現場を見られた?と信じ切った友紀は、見られたことが、
どう影響したのか、むしろ以前にも増して高まっていた。

垂れた乳房が、大きく揺らいだ。背中にうっすら汗が汗が浮かんだ。
肩まで垂れた髪の毛が、汗を散らせながら、宙に舞った。

◇◇
この夏K学園の甲子園は、予選終了とともに終わった。
予選の三回戦まで勝ち進んだが、甲子園出場は今年も夢のままで終わった。
一週間の休暇をもらって、私は瀬戸内海に浮かぶ、小さな島の旅館で、
ゆっくりと一年のアカを落とすことにした。

幸恵も友紀も呼んであった。もちろん日を違えてである。
幸恵も友紀も、お互いの存在に感づいていた。お互いバレたら困る人妻という立場上、
騒ぎ立てる事はなかったが、激しい嫉妬の念を燃やしているのは、私には痛いほど伝わっていた。

最初に呼んであったのは幸恵。幸恵とは、何度か小旅行はしたが、何時も一泊が限度、
二泊もするのは、この時が初めてだ。最初の夜、幸恵は飲んで荒れた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
pac_a077.jpg
まず友紀のことで、私にからんだ。
「私が知らないとでも思ってるんでしょう」
半分面倒くさかったのと、どうせバレているのならと言う思いもあって、
私は初めて幸恵の前で、友紀との関係を認めた。
幸恵は、意外なほど、あっさりしていた。
「人の事は言えないわよね、私だって夫を裏切っているんですものね」

幸恵は、夫と私との板挟みで悩んでいた。
週末に帰宅する夫は、かならず幸恵を求めた。
私を知る以前の幸恵は、夫の求めに積極的に応じていたが、
私との関係が出来てから、心身共にそういう気持ちに成れないでいた。

五十歳に近い夫は、セックスも淡白だった。当時の私は、一晩に三度四度と求める程のタフ。
私に抱かれた幸恵が、夫に物足りなさを感じるのは当然でもあった。
それに幸恵は、いつしか私に気持ちまで惹かれていた。その夜幸恵は、いつになく積極的だった。
明後日幸恵と入れ替わりに友紀が来る事を教えると、さらに激しく燃えた。
嫉妬に狂う幸恵が面白くて、私は、友紀との情事を誇張して語って聞かせた。

翌日友紀が現れた。友紀が、一日日を間違えたのだ。
幸恵と私が散歩から帰ると、友紀が部屋に居た。
さすがに二人とも大人なので、それに昼間と言うこともあって、
騒ぎになることはなかったが、二人の間に、激しい火花が散った事は疑いもなかった。

しかし私は、内心では面白い事に成ったと思っていた。今夜は三人で寝るのである。
(どっちから抱こうか・・・)そんな空想に耽っている私の口元には、薄笑いすら浮かんでいた。
(できれば、二人とも同時に抱きたい。ダブルセックスを可能にするには、どうすればいいか・・・)
私の頭は、その事で一杯だった。夜になるのが待ち遠しかった。

夜に成った。私の身体は、幸恵より友紀を求めていた。
昨夜タップリ抱いた幸恵より友紀の方が私にとって新鮮だった。
幸恵がトイレに行った隙に、私は素早く友紀を抱き寄せた。
友紀は、歓びに震えながら、唇を押し付けてきた。

「スリルがあるわね、こんなのって好き、あッああ~」
友紀は身体を投げ出すようにして、火照った舌を入れてきた。
h_170vnds00911pl.jpg
水洗の流れる音がして、ドアが開いた。
しかし私たちは、意識してキスを続けた。
「ひどいわ、あなたたち何してるの!」
繋がったまま振り返ると、部屋の隅で、幸恵が呆然として立っていた。

「おたがいさまでしょう、幸恵さん、フフフ」
友紀の態度には、年かさの貫禄か、それとも私の心を捕まえて居ると言う自信からか、
余裕が見られた。
「あなた、幸恵さんにもしてあげたら、そしたら収まるわよ、フフフ」

私は幸恵に近寄った。
「バカにしないでッ、来ないでッ」
逃れようとする幸恵を、私は追い詰めた。壁を背にした幸恵は息を荒くしていたが、
その目には、少なくとも怒りは感じられなかった。

幸恵は、キスを拒まなかった。それどころか何時もよりむしろ激しかった。
友紀への対抗心からだ。私は内心ほくそえんだ。
(これで今夜は楽しくなるぞ・・・)
「友紀とも仲良くやってくれ、オレは二人とも愛してるんだ」

食事が運ばれてきた。
「今夜はじゃんじゃん飲みましょうよ。そして思い切り楽しんでさ、
 朝になったら綺麗さっぱり忘れるのよ、フフフ」
切り替えの早い友紀が、イニシァティブを取り、それに幸恵が従うような雰囲気が自然に出来た。


「私、おぬけさんよ、フフフ」
酔った友紀が、浴衣の裾をめくって見せた。
浴衣の下はノーパンだった。
「幸恵さんは?ねぇ、見せてよ」
「いやだわ、恥ずかしいもの」
「いいじゃない見るぐらい、私、もっと見せるわよ、フフフ」

友紀は、浴衣の帯を解いた。
ふくよかな乳房が、襟口からこぼれた。
「私のヌードどうかしら、さあ今度は幸恵さんの番よ。さあ脱いだ、脱いだ、フフフ」
  1. 役得
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 06  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。