PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 夏が来ると思い出す事。其の三
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

夏が来ると思い出す事。其の三

◇母親たちの不倫感情Ⅰ◇
0001f.jpg
私と幸恵の関係は、この後も続いた。幸恵はダメよダメよと言いながら、私を受け入れた。
二人の密会の場所は、私のアパートであったり、家人が居ない時の幸恵の家であったり、
時には町外れの連れ込み旅館なども利用した。

幸恵に飽きた訳ではないが、其の頃の私の興味は、違う女に向かっていた。
野口友紀。やはり野球部員の母親である。
K学園野球部には、母の会と言う親睦会があった。月に一回、監督と部長を交えて、
昼食を共にしながら、選手の健康管理などについて話し合うのである。

幸恵で味を占めた私は、ある意味で自信を持った。
その気になって母親達を見ると、どの母親も私に興味を持っている様に思えた。
母親達は、みな三十代、四十代の女盛り、夫は、いわゆる仕事盛り、
子供もそろそろ手が離れると云う年頃であり、欲望を持て余して居る様に映った。

私には彼女達の夫にはない若さがある。それに自分で言うのもおこがましいが、
ペニスの太さと長さ、それに回復力には自信があった。
私は友紀に目を付けた。私を見つめる目に、一段と熱いものを感じたからである。
友紀は四十を幾らか出ていた。
大柄なグラマーで、日本人離れした彫りの深い顔立ちをしており、
本人も、そうした特徴を際立たせるような、派手な化粧をしていた。

野球部の練習は月に二回休む。休みの日に母の会が、部室の掃除をする慣わしがあった。
友紀が掃除当番にあたっていた日、私は掃除が終わる頃を見計らって、部室に行った。
そして隙を見て、友紀に話しがあるから、一人で戻って来て欲しい、部室で待って居るからと伝えた。

友紀は、戸惑いながらも、黙って頷いた。私は部室で待った。
友紀は、中々現れなかった。諦め始めた時、友紀がやって来た。
「監督、私に用って何ですか?」
笑いを浮かべながらも、友紀の顔には、何かを期待しているような緊張の色が見られた。

私は何も言わずに、まず部屋の鍵をかけた。そんな私を友紀は黙って見ていた。
「男臭いのね、この部屋って・・・」
友紀は、何気ない顔で、ロッカーの一つを開けた。そのロッカーは、友紀の息子のものだった。
ロッカーの扉の裏に、家族の写真が貼ってあった。
祖母と友紀と父親、そして息子と妹の仲睦まじい写真だ。
写真に見入っている友紀を、後ろから抱き締めた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
幸子0e
「こんな事だったのね、フフフ」
友紀の白いうなじに、唇を押し当てた。
「奥さんも、その積もりだったんじゃないですか」
「そうかもしれないわ、フフフ」
友紀は向きを変えると、火照った唇を押し付けてきた。立ったままの、長く熱いキスが続いた。
「悪い母親、息子の監督とこんな事をするなんて、フフフ」

写真から目を外した友紀は、ゆっくりとロッカーの扉を閉めた。
私たちは、もつれながら、ソファーで抱き合った。キスをしながら、ブラウスのボタンを外した。
ブラジャーは友紀が外した。掌に余るほどの、大きな乳房を口に含んだ。

「監督、ほかの母親たちとも、こんな事してるんじゃないの、あッ、あ~」
「そんなことありません、奥さんだけです」
むきになって言い返すと、
「木下さんと怪しいって噂よ」と友紀。
いきなり幸恵の名前が出たのに、私はいささか動揺した。

「ウソですよ、ボクは前から奥さんの事だけを・・・」
「いいのよ、木下さんの事なんか気にしてないわ、それより、ねぇ、私を夢中にさせて、あッ、ああ~」
友紀は、再び熱い唇を押し付けてきた。
私は、キスをしながら、ベルトを外して、ズボンを脱いだ。

「私も脱ぐから、監督も脱いで、裸になって・・・」
立ち上がった友紀は、まずパンティを脱いで、そして思わせぶりにスカートを下げた。
「スリルがあるわね、誰か来たらどうしょうかしら、こんな格好じゃ言い訳も出来ないわね、フフフ」
そう言いながら、友紀は、さりげなくポーズを取った。
「綺麗だ・・・見事なプロポーションだ」
決してオーバーな表現ではなかった。

「監督のも見せて・・・」
見惚れている私を、友紀は促した。私も脱いだ。
「思っていた通りだわ、筋肉質で逞しくて、タイプなの、監督って、フフフフ」
私のぶ厚い胸板に顔をもたらせながら、友紀は、視線を股間に向けた。

私のペニスは、痛いほどに漲っていた。友紀は、私の前にひざまずいた。
そして両手でペニスを挟み、しばらく弄んでいたが、やがて口に入れた。
ペニスは、友紀の口の中で、さらに膨らんだ。
友紀は巧みに舌を使って、私の気持ちを高ぶらせた。
「あッあ~、奥さん~」呻きに近い声を上げながら、私は、おもわず腰を揺すった。

口からペニスを外した友紀は、しばらく熱い視線を注いでから、感触を確かめるように、
ペニスを頬に当てたり、唇に挟んだり、舌を這わせたりした。
「女殺しよ、これ」
友紀は、深いため息をつきながら立ち上がった。
ゆきH-10
私の番だ。友紀がしたように跪き、亀裂に鼻面を押し当てた。
すえたような匂いが、ツーンと鼻を突いた。
「汗をかいたままだから・・・」
「いい匂いです、男が欲情する匂いです、ああ~たまらない」
荒々しく、いきなり亀裂に噛みついた。
歯と唇とで、揉んでいる内に、塩辛い汁のようなものが、伝わってきた。

両手の指先で、亀裂を左右に押し開くと、赤い熟れた膣肉が露呈した。
膣肉は、微かに湿っていた。肉片のような突起を、指の腹でくるんだ。
友紀の身体が、ピクッと揺れた。縦の亀裂に舌先を這わせた。
友紀は、足の位置を左右に、ずらせながら、大胆に股を拡げた。

「いじって、あッあ~」
指を二本、下から貫くように当てた。
友紀の亀裂は、たちまちその指を、根元まで、飲み込んだ。
「あうッ、ああ~、い、い~」友紀は立ったまま腰を使った。
やがて立っていられなくなったのか友紀がヒザから崩れ落ちた。

その時窓から、グランドを走ってくる人影が見えた。
友紀の息子の祐治だ。控えのピッチャーの祐治は、下半身が弱く、その鍛錬の為に、
毎日10キロのランニングを課していた。

まずいと思った。そんな事は無いと思うが、何かの用で、部室を開けないとも限らない。
部室は生徒の自主管理にしてあるので、鍵はそれぞれ持っている。
私は、友紀にはその事は黙って、急いで監督室に移動した。
監督室と言っても、間仕切りで仕切られただけのもので、必ずしも安全とは言えない。

椅子に座った私の上を、友紀に跨らせた。友紀は、自分から手を添えて、挿入した。
「あッ、ああ~」
腰を沈めると、友紀は、ゆっくりと身体を上下させはじめた。
監督用の粗末な椅子は、二人の重みに耐えられず、たちまち無粋なきしみ音を発しはじめた。

私は、挿入したまま抜けない様に用心しながら、友紀の向きを変えた。
向きが変わったところで、友紀の身体を後ろから抱きかかえながら、ゆっくり立ち上がった。
バックから突く形になった。
「あッ、ああ~、いッ、いいわ、あッああ~」
机に両手をついて、身体を支えた友紀は、辺りはばからず泣いた。
連絡用のノートしか入っていない机は、ガタガタと激しく揺れた。
  1. 役得
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 06  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。