PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 授乳するオッパイに魅せられて。其の五
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

授乳するオッパイに魅せられて。其の五

◇ヘンなご夫婦◇
83sma00457jp-18.jpg(画像拡大出来ます)
「ああっ、いいわ、いい、若いっていいわ。太いもの・・・出すの、できるだけ堪えるのよ」
私は黙って歯を食い縛り、下から奥さんの腰にしがみつき、
ひたすら噴出の欲求に耐えていました。しかし、奥さんが腰をしゃくるように動かし、
ベニスへの刺激が変化した途端に私はダメになりました。

「で、出るぅ」
「ダメ、こらえて・・・」
「ア、ガマンできない」
「もう、もう・・・」

いきなり奥さんが激しく動き始め、ドンドンと子宮壁をペニスにぶつけてくると、
私の方は堪りませんでした。奥さんが子宮壁にペニスの先を押し付けてグリグリと腰を
廻すのに合わせる様に、奥さんの一番深いところへ、ありったけの力で放出したのです。

「アーッー!」
子宮壁にザーメンが力一杯噴きかかると、女性はとても気持ちいいものだと、
後から奥さんに聞かされましたが、まさにそれでした。奥さんの膣の中は、
たっぷりとザーメンで満たされ、私は奥さんの両腕で抱き抱えられて乳房の間で、
殆ど窒息するような、心地良い息苦しさに頭の中は真っ白になっていたのです。

安全日だと言うことで、翌日もまた私達はセックスをしました。正常位は最初だけで、
やはり奥さんは「上の方が気持ちいいの」と言って上に成ったのです。
下から乳房を揉み、吸い、前日よりは長持ちして果てました。
そして初めて、奥さんに女性器をたっぷりと拝ませてもらったのです。

「ホラ、これがクリトリスよ。こうやっておチンチンみたいに皮を剥くのよ」
などと、事細かに弄り方や舐め方もコーチして貰ったのです。

翌日は、明日から危険日だからと言われ、暫く出来ないと言う事で、
逆に二人とも欲情を高めました。
69というのを体験し、セックスの最中に抜き去って、
汚れたモノ同士を舐め合うことまでやりました。
そして三度も出したので、布団にこぼれ出たザーメンが、
コッテリとした汚点を作ってしまいました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

 
83sma00457jp-20.jpg(画像拡大出来ます)
「いやだわァ、主人に見つかっちゃう」
そう言って奥さんが大慌てで濡れタオルで布団の汚点をこすり、
四つん這いに成ったその尻の間から覗けた奥さんの性器の、
内側のピンク色の肉がまくれ出て、トロッとしたザーメンの流れ出ているあの光景は、
私にとって忘れられない強烈な印象でした。

こうして私達は、徐々にセックスに慣れ子供をあやしている時でさえ、
奥さんは私のペニスにタッチして楽しみ、私が子供がしゃぶっているのとは
別の乳房を口に含む事もしばしばでした。

それで奥さんがその気になってくると、子供を寝かせた横に奥さんが横臥し、その後ろから
スカートをめくって奥さんに挿入する・・・なんて事さえ楽しむ様に成っていったのです。

そんな、今どき風に言えば不倫をしながら、私は時々夕食に呼ばれて、
ご主人や子供と一緒に食事をする事さえありました。

「いやあ、明日から出張だァ。キミうちのヨメさんを頼むゾ」
一緒に酒を飲みながら、一体どう言うつもりで何を頼むのか、
ご主人はしばしばそんな事を言うのです。

(明日からオレは留守をするから、キミは泊まりに来て女房と寝てやってくれ)
と言われているようでした。勿論そんな時には言われたように、
一晩かけてこってりとセックスをしまくりました。

「いやぁ、キミの方が、女房といる時間が長いものなァ」
ご主人はそんな事を平然と言うのです。太っ腹なのか。
女房の不倫を察して楽しんでいるのか。ひょつとすると奥さん自身が、
ご主人に私とのことをバラして夫婦で私を刺激剤にしていたのか、
私には分かりません。

ただセックス狂いのあげく、大学を留年、留年で6年掛かりで
卒業しなければ成りませんでしたが、その6年間、セックスの勉強だけは、
とことんやりとげたと豪語できるのもあの奥さんのお陰です。
END
  1. 人妻の不倫
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 03  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。