PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 2012年10月
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

夏の終わりに。其の一 

兵庫県在住N、Mさん(67歳)投稿

◇二人だけの秘密
夏の終わりに1-1
昨年の夏、長い間元気に動いてきた女房が体調を崩し、
掛かり付け医の紹介状をもって市大病院に行き、検査の結果高血圧と
糖尿病と診断され、二週間の入院を勧められました。結婚以来、
出産の時以外、病で寝込む事はありませんでしたから慌てました。

入院させて一週間が経ちました。夕方、三枝さんの奥さんが町内会費の集金にきました。
「あら、奥さん、入院してはるの。知らなかったわ」
「ああ、検査のためだって言うから、大袈裟にしてもと思ってね・・・」
「じゃ、お食事なんかどうしてはるの、大変でしょう」
「何とかしているけどね」
「駄目よ高カロリーのコンビニ弁当ばかりじゃ、栄養のバランスも考えなくちゃね。
 ご主人が糖尿病に成っちゃうわよ。私が今日から作りに来てあげるわね」
「いやー、奥さんも大変だから、お気持ちだけで充分です、ありがとう」
「私のことは良いのよ。うちは今夏休みだし、娘達がいるから大丈夫なのよ」
「そうですか、お言葉に甘えて明後日からお願いします。一日おきに仕事ですから」

と言って集金のお金を手渡しました。
そんな訳で奥さんは土曜日の夕方に食事を作りに来ました。
「奥さん、今日はご主人もお休みだよね。家は大丈夫なの」
「主人と娘達は、朝から旅行に出かけて留守なのよ。もう夏休みが終わりだからね」
「そうですか、奥さんも一緒じゃなかったんですか」
「娘達はお父さんが良いんだから。私は何時も留守番なのよ」
と言って笑います。

「それやったら、今夜、一緒に食事しませんか。ゆっくり飲みましょうよ」
と誘って見ますと、
「マア、奥さんに悪いわね」
と誘いに乗って来ます。
早速リビングのテーブルの上に、料理や飲み物を並べて、二人で飲み始めました。

「久し振りだわ。こんなに楽しく飲んだの」
と少し紅くなった頬を両手で挟んで居ります。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 人妻の不倫
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夏の終わりに。其の二

◇二人だけの秘密
夏の終わりに2-1
熟れた女の匂いが鼻孔に広がり私の興奮は最高に高揚しております。
秘唇に舌先を押し込んでいくと、年齢に似合わず愛液が止めどなく湧き出して来ます。
彼女は喘ぎ声で、「アァ、感じるう」と言って、頭を振って悶えます。
私はそのまま舐め続け、右手の中指を秘穴に差し入れて行きました。

そこは、もうグチャグチャの洪水状態で、易々と指の進入を受け入れます。
指の腹で秘穴の中を擦り立てると、彼女は腰を何度もしならせて、
「ネェ、あなた、もう駄目よ、早く来てえ」
と両手を広げて私を迎える仕種をします。私も頃合と思い彼女の股間から顔を上げて、
太腿を抱えマラを秘唇にあてがい、腰を押し付けて体を重ねます。

「マァ、大きいのネ。ああっ、イイワァー、イイッ」
彼女は足を私の足に強く絡めて、手を背中に回し強く抱きついてきます。
ゆっくりと腰を動かして抜き差しを続けますと、
彼女は私の背中に指がめり込むほど強く抱き締めてきます。

「イイワァ、こんなに感じるのって初めてよ」
と全身をピクピクと痙攣させてベッドの上に大の字になって気を失って動かなくなっております。
私は彼女から体を離して、バスルームに行き、お絞りを作り、ベッドに戻って、
彼女の汗に濡れた首や胸や下半身を綺麗に拭いてやりますと、
「ありがとう、優しいのね。あなた好きよ」
と言って裸の体で抱きついてきます。

「奥さん、良い体してるから、久し振りにハッスル出来たよ。奥さん、どうだった」
「どうって、松田さんお上手だもん、私、初めて感じたわよ。
 今迄一度もこんな気持ちになったことないもんね」
と言って手でマラを握りにきます。

「まだこんなに大きいわ。あなた、イカなかったの?」
と私の顔を覗き込みます。
「ああ、奥さん、早いから乗り遅れたんだよ」
「嬉しいわ、まだ出来るのね」
とキスをしてきます。
奥さんを抱いたまま、私はベッドの上に仰向けに成りました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 人妻の不倫
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夾竹桃が繁茂して。 其の一

群馬県在住。TKさん(38歳)投稿

夾竹桃1-1
私は群馬県の高崎市の山の中、○○町で専業農家を営む38歳の男です。
中学、高校と恋仲だった和江と結婚して15年。中学三年の長男と、小学六年の長女、
四年生の次女との五人暮らし。同じ敷地内の別棟には65歳の父と62歳の母が
暮らしております。

私には3歳年上の姉が居りまして40を過ぎた今でも独身、高崎市内の総合病院で、
小児科の医者をやっております。其の姉から先日電話がありまして、
「隆志、家の庭の夾竹桃が大きくなって隣の家から苦情が来たのよ、
 なんとかして欲しいんだけど、今度の日曜日にでも来られないかなぁ」
何とも手前勝手な言い草ですが、毎度の事で腹も立ちません。

姉の家は高崎観音山の麓の新興住宅地にあり、姉に甘い父が建ててやったものです。
急に涼しくなった日曜日に私は鋸と大型の剪定鋏を軽トラに積んで出かけて行きました。
なるほど夾竹桃の繁茂ぶりが目につき、隣家の苦情もムリないものと分かりました。

一日がかりで手入れをしてやったので汗まみれに成りました。
夕日が傾く頃、姉は、
「隆志、店屋物で悪いけど、夕御飯を食べてってよ」
と言い、そして風呂が沸いてるから入って、とタオルの新品を出してくれました。
タオルの柄が艶めかしかったのを覚えています。

風呂から出てしばらくパンツ一枚のままで寛ぎながら、
「姉ちゃんも風呂に入ったら」と促すと、
「そうだね、ビールでも飲んでてよ。私も入ってくるから」
と彼女も風呂場に向かいました。

実は私と姉は近親相姦の関係にあります。
それは私が中学三年、姉が高校三年の時でした。
数学の問題で分からない事があり、姉に教えて貰おうと、姉の部屋に行ったときです。
姉はベッドの上で下半身裸になってオナニーに耽っていました。
部屋の鍵もかけずにです。私の存在に気がつくと、
キャーと言って毛布を頭から被せて潜りました。

私は気が付かなかった振りをして、
「姉ちゃん、この問題解けないだけど、教えてよ」
と言うと、姉は顔と両腕だけを出して、まるで亀のような格好で、
答えを解き始めました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 姉弟相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夾竹桃が繁茂して。 其の二

夾竹桃2-1
「さア、もうソロソロチンポ入れさせて貰おうか」
と、私が姉の尻を叩いて合図すると、
「わたし、もう直ぐイキそうなの、お願い(茶臼)で先に一度イカせて頂戴」
とそのまま向こう向きになって、私の腹の上に跨り、ビンビンに勃起したチンポを握って
亀頭の先で二度、三度と膣口の辺りを擦ってから、グイと腰を落として、
固く怒張したチンポを半分ほどオメコの中へ呑み込みました。

「あア、感じるわア。隆志、イイ具合だわア」
と、そのまま毛際まで差し入れて、チンポの付け根や陰阜に生えた毛を
サネ頭へ押し付けるようにして、尻を「の」の字に廻し始めました。

「あア、イイ、イイわ。やっぱり隆志のチンポが一番イイわ。
 あア、イイ、あア、イイ、イイ、もう、イキそう・・・・」

姉は感じた事をすぐに口に出すタイプですから、そんな事を言いながら、
暫くそんな体位で揉み合っていましたが、やがて私は身体を起こして後ろから
姉の豊かな身体へ抱き付いて、片手で乳首を揉み、もう一方の手で
サネ裏を撫で上げて遣ると、姉は忽ち激しく身を揉んで、
「あア、そんな事したら、あア、もう駄目、駄目よ、あアッ、イク、イク、イクッ」
と絶叫して忽ち気をやりました。

「隆志、御免ね。自分だけ気ィやってしまうて」
姉は暫く肩で息をしていましたが、私のチンポがまだ固く勃起しているので、
嵌めたまま上手に片足を上げて、クルッと体の向きを変え、私に向かい合うや、
抱き付いて、口を重ねたと思うと、ベッタリと舌を差し込み、私の舌に絡ませてきました。

私はそれには構わず、姉を押し倒すようにして乗りかかり、
両足を脇に挟むようにして抱き抱えると、スコ、スコ、スコと早腰でオマンコの奥を突き立て、
突き立てすると、姉は再び堪え切れずに叫ぶような悦がり声を上げてきました。

「あァ、そこイイ、そこ、そこ、あァ、あァッ、そこがイイのよ、ああ、また、よくなってきた」
と投げ出した両手の指で、シーツを鷲づかみにして、狂ったように身を揉み、
「あァ、イク、イク、あァ、イクッ、イクウッ。あァ、またキタわァ、あぁキタ、キタァ」
と膣奥の秘肉を痙攣させて、チンポの先から根元まで、ギュウギュウと締め付けながら、
二度、三度、四度と休みなしに気を遣り続けます。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 姉弟相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

熟女の湿った陰部。其の一

秋田県在住 Y・Tさん(67歳)投稿

◇男のロマン
湿った陰部1-1
連れ合いを亡くしたご同輩なら、男ヤモメの暮らしと言うものをご理解頂けるでしょう。
家内が生きていた頃は随分と諍いもしましたが、いざ失ってみるとそれはもう寂しいもので、
元来は快活な私も、六年前に家内を失ってからは随分と陰気な性格に
成ってしまったような気がいたします。

すでに年金暮らしの身で、たまにシルバー人材センターから依頼された仕事をして居りますが、
帰宅しても待ってくれている者はなく、冷蔵庫にしまって置いた残り物を胃の腑に押し込み、
休みの日には見ても居ないテレビを終日つけっぱなしで、
気がついてみると外はすでに暗くなっている・・・そんな毎日なのです。

家内は私が定年退職すると一年もしないうちに逝ってしまいました。
世間的には定年退職した本人が生きる張りを失って先立つのが筋でしょう。
しかし家内は、まるで「年のいった赤ん坊を定年まで見届けた」
と言わんばかりに先立ってしまったのです。

若い頃から酒やギャンブルは言うに及ばず、あちこちの女に入れ込んでは借金を重ねた
我が侭亭主でしたから、本当に申し訳ないことをしたと、ひたすら懺悔する日々です。

家内との間に一男一女を儲けましたが、彼らはすでに独立して家にはおらず、
早く私にも「お迎え」が来てくれないかと、己の丈夫さが恨めしくなる事さえあります。
しかし幸か不幸か、屈強なはずの肉体も下半身に限っては例外らしく、この所、我が逸物は
とんと役立たずで、結果、亡き家内に操を立てる格好になっております。あと十年若ければ、
家内の死を見届けるや、待ってましたとばかりに女漁りに街に繰り出していたところでしょうが?

久しぶりに飲みに出たのは、北風が立ち始めた晩秋の事でした。
冷蔵庫のストックにめぼしい食料も無く、やむなくかって贔屓にしていた焼き鳥屋へと
出掛けたのです。其の店でたまたま同席したのが彼女、小夜子でした。
それも本名ではないようです。なにしろ出会って三日目に、
彼女は私の前から忽然と姿を消してしまったのですから。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 一時の恋
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

熟女の湿った陰部。其の二

◇ほんのり湿った陰裂
湿った陰部2-1
浴室から聞こえてくるシャワーの音に、さすがに気もそぞろでした。
下心など無いつもりで家に入れては見たものの、一つ屋根の下で美女がその裸身を
晒しているかと思うと全身が妙に熱く、どうして良いものやらわ分からないのです。

入浴する彼女に取り合えず用意してやったのは、バスタオルと亡き家内の浴衣でした。
あらかじめ寝床を教えておき、私は別室で先に床に就いておりました。
もっとも、寝床を隣り合わせの部屋に設定したのは、
やはり私にも下心があったと言うことかも知れませんが。

隣室からむせび泣くような声が聞こえてきたのは、シンと静まり返った深夜の事でした。
「どうした?眠れないのかい?」
さりげなく声を掛けたつもりでしたが、返って来た答えに、
私は全身の血が沸き立っておりました。なんと、
「寒いんです。そちらに行っても宜しいですか?」と言ってきたのです。
『あ、ああ・・・構わんが・・・』

不興げに答えては見たものの、老いた胸がさすがに高鳴りました。
明かりを点けると音もなく襖が開き、彼女が布団にスルリと滑り込んできました。
「あったかい」
クフッと照れ笑いした顔が童女のようです。しかし、その瞳にはまだ涙が光っていました。

私は見て見ぬ振りを決め込んで明かりを消しましたが、素足が脚に触れるに至って、
さすがに尋常な気分では居られなくなっておりました。すると彼女は、
「抱いてください」と、思い詰めた様に呟いたのです。

「こんなに親切にして頂いたのに、私にはお礼のしようもないんです。
 ですからせめて私の体を・・・」
『馬鹿なこと言うもんじゃない。体で礼を返されるほどの事はしておらん』
「いえ、それでは私の気が済みません。お願いです、抱いてください」
彼女が起き上がり、暗闇の中で唇を重ねてきます。慌てました。しかし、
手を彼女の浴衣の股間に誘導されるに至っては、腹を決めるしかなかったのです。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 一時の恋
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

熟女の湿った陰部。其の三

◇魅惑のパンスト姿
湿った陰部3-1
翌朝の事でした。目覚めると横に彼女の姿は無く、台所に行って見ると、
何時の間に用意したのか焼き魚や熱い味噌汁が食卓に並べられておりました。
二人で食べる食事はそれはもう楽しいもので、まるで新婚夫婦のような朝食だったのです。

その日はシルバー人材センターから依頼されていた草刈の仕事で出かけましたが、
気もそぞろでした。もしかしたら彼女はあのまま消えてしまうのではないかと・・・。

そしてやっと仕事を終え、家路に着いた私を出迎えて呉れたのは、彼女の柔らかな笑顔でした。
「お疲れでしょ。じきにお夕飯の用意ができますわ。
 すき焼きにしてみたの。おビールになさる?それともお風呂に・・・」
『そ、そうだな、取り合えず風呂に・・・』
ああ、何と言う幸せでしょう。家内に先立たれてからというもの、久しく味わった事の無い
家庭というものの温もりを、私は湯船の中で実感しておりました。
いや、その喜びたるや、家内が生きていた時以上だったかもしれません。

風呂から上がると食卓には酒肴が並べられておりました。切り干し大根の煮付けと
焼いた子持ちシシャモでした。ともに私の大好物です。
なぜ私の好物を知っているのか?と、ふと前夜のことを思い出すと、
「妻が他界して以来、まともな肴にありついたことがない」といった話から、
私の嗜好を告げていたのです。それを憶えていてくれて用意してあったのでしょう。
涙が出るほど嬉しい歓待でした。

「今、お鍋とビールを出しますね。ごめんなさい。勝手に冷蔵庫を使わせていただきましたの」
細身の覗くスカートを着けた彼女は、尻や太股のムッチリした肉付きが眩しい程でした。
そしてそんな姿を見るにつけ、ムラムラとこみ上げてくるものがあったのです。

「冷蔵庫なんか大いに使ってくれ。それよりえらい散財をさせちまったね」
私は財布から万札を一枚引き抜くと、台所に立っている彼女の背後に歩み寄りました。
もっとも、それは私が彼女に近づくための口実だったのかもしれませんが。

「散財だなんて、そんな事を気になさらないでくださいな」
振り向いた彼女を、私はひしと抱き寄せました。
そして顎をしゃくって引き寄せ、そっと唇を重ねたのです。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 一時の恋
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

熟女の湿った陰部。其の四

◇ムレた女陰の香り◇
湿った陰部4-1
台所に立った女性を抱くなんて、新婚時代以来、何十年振りの事だったでしょう。
私の目の前では、前夜は暗がりの中でその輪郭さえ見ることの出来なかった女陰が、
白日の下に晒されておりました。

恥丘には陰毛が黒々と密生しているものの、下方に降りるにつれて薄くなり、
褐色を帯びた陰唇ぷっくり膨らんで見えておりました。
縦に裂けた肉裂は淫らに口を開けて、捩れ合わさった肉の襞を覗かせています。
私はせく思いで陰唇を掻き分けました。

内側の肉襞がピラリと捲くれて、ヌメヌメと濡れ光る粘膜が口を開けます。
濡れ谷間には粘膜が糸を引き、裏返った陰唇も、粘膜ヒダの複雑に入り組んだ
膣穴のとば口も、毒々しいほど赤く充血しています。女体の敏感な突起も
包皮から剥けて、赤い顔を覗かせています。彼女がすでに興奮状態にあったことは、
その事実からして明白でした。

それほどまでに女陰をまじまじと見たのは実にひさしぶりのことでした。
家内のだって、新婚時代を除いては「抱いて入れてチョン」だったのですから。
『中身が丸見えだよ。もうグショグショだ』
「恥ずかしい。許して・・・」
はじらって股間を隠そうとする彼女の手を払って、開いた肉裂を唇で塞ぎます。
前夜とは比べ物にならないほどのムレた女陰臭がムンムンとたちのぼってきます。
洗浄していない女陰の匂いに、一物が激しく疼きました。

『いい匂いだ。素晴らしい』
「恥ずかしい~。だめ・・・ああ・・・」イヤイヤと頭を振る姿が何ともいえずいとおしく、
(こんな女をとことん苛めてみたい)と、妙にザディスティックな衝動がこみ上げてきました。

猥臭にむせながら、女穴に澱んでいる恥液をチュルチュルと吸い立て、
敏感な突起を舐め上げます。包皮から剥けた肉芽が固くシコッて、舌の先で転がります。
「あふ・・・そこは・・・ああ・・・」
上ずった喘ぎが彼女の唇から漏れてきます。指や舌に伝わってくる潤みも一段と増し、
指や舌に伝わってくる潤みも一段と増し、指や舌を動かすたびにヌチュヌチュと
粘っこい音が聞こえてきました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 一時の恋
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

熟女の湿った陰部。其の五

◇流浪女の事情◇
0020a.jpg
翌朝も、隣に寝ていた彼女の姿はすでにありませんでした。
朝食の支度をしていたのでしょう。天気は晴れ。
その日はシルバー人材センターの仕事も無く、
終日二人で過ごせると思うと、とてもウキウキする気分でした。

寝床をそっと抜け出して、台所に向かいます。まるで三十歳も若返ったような、
おどけた気分で台所を覗きました。が、彼女の姿がありません。
テーブルの上には私のご飯茶碗と汁碗、そしてそっと置かれた便箋でした。
いやな予感がして、あわてて便箋を手に取ります。
端正な文字が並んでいました。

ーーこんな形でお別れしてしまうなんて残念でなりません。
 でも、これ以上お世話になり続けていると、
 あなた様にご迷惑をかけてしまいそうで申し訳なく、
 おいとまさせていただく事に致しました。

 私はあなた様に嘘を付いていたことが沢山ございます。
 まずは名前。「小夜子」と申し上げましたが、
 本名ではありません。恵子と申します。
 
 お察しのとおり、私には夫がございます。OLをしていた頃の上司で、
 出会った頃はとても頼り甲斐があり、信頼の出来る男だと思っておりました。
 彼から食事に誘われたのは、ある仕事帰りの夜でした。
 職場の人間関係で悩んでいた私は、藁にもすがる思いで誘いを受けましたが、
 気付いた時にはホテルの中にいて、強引に処女を奪われてしまったのです。

 当時私は二十三歳。「処女などたいした価値はない」と言ってしまえばそれまでですが、
 私にとっては重大な事件でございました。
 現に、あの夜の事は、信頼を裏切られた悲しさと肉体の痛みしか覚えていないのです。
 
 以来、意識的に彼から遠ざかろうとした私でしたが、妊娠に気づいたのはそんな折でした。
 両親には私の迂闊さに激怒し、彼を呼び寄せて激しく叱責いたしました。
 でも、小さくなって項垂れている彼を見るにつけ、
 私は愚かにも彼との結婚を宣言してしまったのです。

 でも、蜜月が続いたのは、結婚後わずか半年ほどでした。私の流産がきっかけでした。
 彼が他所の女性に走り、家に帰ってこない日が続くようになったのです。
 流産した私が悪いのですから、彼を責めるわけにもいかず、そうこうするうちに、
 気持ちを紛らわすために私も他所の男性といけない関係を持つようになっていました。

 不倫と言うのはとても悲しく、切ないものです。 お付き合いしていた男性は
 妻子のある方でしたが、家庭を捨てて私と添い遂げると言ってくださるに至って、
 私は自分の罪の深さを思い知らされる気分でした。
 そして、その辛さから逃れたくて彼から離れ、かといって家庭に戻る気にも成れず、
 こうして各地を転々とするようになってしまったのです。

 ビジネスホテルでの孤閨はいかにも寂しく、つい酒の席へと足が向いてしまっています。
 そしてそこで出会った男性と一夜のはかない契りを交わしてしまうのです。
 夫を責めることは出来ません、私こそ淫蕩な女なのです。

 あなた様のように心優しい方に出会うと、このままずっと一緒に暮らしたいと思ってしまいます。
 でも、それは許されない事ですよね。
 この三日間、本当に有難うございました。とても楽しい日々でした。
 心から感謝いたしております。どうか私の我が儘をお許し下さい。
 お健やかにお過ごしくださませ。朝食の用意は出来ております。
 本当に、本当にごめんなさい。   恵子 ーーー

私はその手紙を今でも持っております。
あの熟れた女体を抱き寄せている男が、今、この時間にもいるのだと思うと、
年甲斐も無く嫉妬の炎がこみ上げてきます。
どうかもう一度、私の前に現れてほしい・・・
そんな祈りにも似た思いですごしている毎日なのです。
END


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 一時の恋
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2012 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。