PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 2010年02月13日
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

滞納家賃を肉体で払う母子。其の一

◇アパートの住人◇
モーテルにて01(画像拡大出来ます)
昨今の平成不況は不動産貸付を家業の一部にしている我が家の経済に、
少なからず影響を与えている。
50台分ほど有る駐車場の利用率は50%にも満たない有様だし、
アパートの空室も増えるばかりなのである。

家屋と言うものは無人のままだと傷みも早くなる。
家賃の値下げは容易に出来ないが、入居条件を緩めて母子家庭の親子に
一室を貸したのだが、半年もしない内に家賃が滞り気味に成ってきた。

事情を聞けば勤め先の会社の受注が激減し、派遣切りにあい、職を失って、
今は近くのコンビニでパートで働いていると言う。収入は半部程に減り、
離婚した前夫からの娘さんへの養育費も滞り気味だとか。聞けば気の毒な事情であるが、
事の真意が確かめられない内は甘い顔は出来ないのが、こう言う商売である。

私の催促に窮した奥さん(仮に綾子さんとしておこう)は、三ッ月分の滞納分を
身体で支払うと約束し、其の時期を九月下旬と取り決めた。

いよいよ約束の日に成ったが、彼女は人目を気にする風だったので、
何処にも寄らず、郊外のモーテルへ直行し、密室の人となった。

部屋に入った私は、緊張している綾子さんの背後にまわり、脇から手を入れて抱き寄せた。
肉感的で裸にしたら見応えありそうな感触が伝わってきた。私は綾子さんの唇を塞いだ。
「いやっ」
かわそうとする顔を、片手で顎を突き上げるようにして吸った。血が上っているのか唇が熱い。
私は舌先をぐいっと進入させた。綾子さんは舌を絡ませながら身体を預けてきた。
なんとかこの雰囲気に溶け込もうとする仕種である。キスは嫌いではないらしい。私に舌を
絡ませるだけでなく深く吸い込み、自分の舌で軽く扱いた。中々のテクニックであるが、
慣れない仕種を必死で遣っているという感じが好感を与えてくれる。

唇を綾子さんにまかせ、私は手を下に伸ばしたスカートをたくし上げようとした。
綾子さんは息を詰めて唇の愛撫を中断し、
「いやっ」
少し間を置いてから、
「じゃあ、自分で取れるの?」
スカートの中を這い上がった手がショーッに触れた。
「いやっ」
腰を振りまた同じ言葉を吐かれた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 役得
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

滞納家賃を肉体で払う母子。其の二

◇女の操◇
17bkd00041jp-15.jpg(画像拡大出来ます)
顔を隠している左手を取り除き、唇を重ねて舌を差し入れ、口中を舐め回した。
暫くして彼女の舌が、おずおずと私の舌に絡み、
そして私の口中に差し入れられ嘗め回してくれた。

交互に舌の差し入れをしながら、右手で乳房を擦り揉みしだく。
乳首がしこって来たのでしゃぶってやると彼女は「アッ」と一声発したので、
なおも乳首を吸い舌で転がすと、
「いやです、やめて下さい、恥ずかしいわ」
と言い出した。
(嫌よ、嫌よは良いのうち)女のお決まりの言葉と解釈し、
なおも乳首を舐め転がし、軽く歯をたてたりてやった。

綾子さんもだいぶその気になってきた様で両足から力が抜けた。
片足を折り曲げて覗き込んだ。太腿の内側の皮膚が突っ張っている。
前夫意外には見せた事のないであろうオマンコは肉の扉を閉ざしていた。
「割れ目を開いて見せて下さい」
「いやっ。綾子にはとても出来ません。勝手に拡げて見て下さい」

綾子さんは初心な女性だ。処女のように恥らう。
同意を得て好きな様に悪戯できる喜びに、私は天にも昇る心地である。
綾子さんのオマンコを指先で拡げると、粘り気に富む肉襞が絡みついてくる。
女陰のるつぼからは半透明の液が滲み出ている。

「綺麗なオマンコですね。おや、おケケの中にエロボクロまである」
「恥ずかしいわ。もう、よろしいでしょ」
「駄目、これからですよ。指で中を確認しますからね」

大陰唇の割れ目を左右に開くと、外側は淡い葡萄色、中にはサーモンピンクで
数の子をまぶしたような襞が見える。悩ましい肉は幾重にもよじれていた。
中指と薬指で、じわっと押すと、ぬめっと押し戻して来る。
抜こうとすると今度は反対に纏わりついてくる。

「やめて、そんなイヤらしい弄り方しないで・・・」
「どこが、イヤらしいんですか」
「だって、すぐにその気にさせるような弄り方ですもの」
私は微笑み、指先をスーッと上にずらし、クリトリスを軽く突っつく。
「そこ、弱いの。優しくして」
生温かい吐液が滲み出す。
  1. 役得
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

滞納家賃を肉体で払う母子。其の三

◇彼女のGスポット◇
モーテルにて02(画像拡大出来ます)
口に咥えさせて腰を上下に動かした。
フェラチオさせながら女の顔をみているのは気分がいい。
だが、私はあまり感じない素振りをして、
彼女のフェラチオの心地良い感触を充分に愉しんだ。数分後、
「だめだ。まったく気持ちよくない。これじや射精できない」
と言って、ペニスの挿入を試みるべく彼女の両脚を大きく開き、
その中央に座って脚を閉じられないようにした。

ペニスに右手を添え、亀頭で陰裂をゆっくりと上下に擦ってやると彼女は、
「どうしてもソコへ入れなきゃ駄目なんですか」と諦め顔になり、
「じゃぁ、コンドームして下さいね」と注文してきた。

私はコンドームを付けるのは好みではない。
「きょうは貴女が希望した日だ。私は安全日だと思ってる。
 それとも私が性病でも持っているとでも思っているのか」
私が口調を強めて言うと、彼女は黙ってしまった。
セックスの前に気分を削がれた事を言われたので、ペニスはいつの間にか、
鎌首を下げていた。私はベッドから下り、ソファに座った。

さすがに彼女は悪いと思ったのか「怒らないで」と言った。
私が無言でいると彼女は、裸の肩を少し震わせ始めた。
どうやら泣いているらしいので、私はベッドに戻り、
彼女の横に身体を滑り込ませて肩をなでてやった。

しばらくして、彼女は自発的に、しかし恐る恐るといった感じでペニスを手にし、
ゆっくりと扱き始め、同時に私の手を掴んで股間にみちびいた。

相互に性器を愛撫したが、ペニスは一向に立ち上がらないので、
彼女は上体を起こし、ペニスに両手を添え、亀頭からすっぽりと口に含み、
ゆっくりとしゃぶり始めた。

彼女はフェラチオしながら、片手で睾丸を優しく揉んでくれたので、
ペニスは彼女の口中で徐々にではあるが首を持ち上げた。
  1. 役得
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

滞納家賃を肉体で払う母子。其の四

◇女の性感帯◇
17bkd00037jp-20.jpg(画像拡大出来ます)
私は満足のあまり、思わず頬がゆるんだ。綾子さんの汗の浮いた顔を覗き込み、
「良かったですか?」と訊くと、
「ええ、とっても。でも、今度は挿れてくださいね)と言う。
私は意地悪な気分に成って、
「何を何処へ入れたいの?」と質問してやった。
「また、それをいわせたいの、いじめないで」

彼女の拒む言葉に甘えが篭っていて、男の攻撃性をそそる。
私は性器愛撫を再開してして、執拗に「何を何処へ入れたいの?」と問うので、
彼女は両手で顔を覆ってしまった。そして、小さな声で、だがハッキリと、
「あなたのオチンチンを私のオマンコの中に入れてください」
と言い、私に抱きつき胸の中に顔をうずめた。なんとも可愛い仕草であった。

私は優しく髪の毛を撫で、「はめたい。生でいいんだね」と念を押した。彼女は、
「私もうどうなってもいい」と答え。しがみついて来た。
彼女をベッドに仰向けに寝かせ、その間に両膝をついて、私は右手にペニスを持ち、
左手の二本指で陰裂を大きく開き、亀頭を少しずつ押し込んでいった。

完全には挿入せず、入口で浅い抜き差しを愉しんでいると彼女は、
「もう、お願い、焦らさないで」と腰をせり上げ、私のペニスを迎えいれようとした。
私は気分も高まっていたので、根元までペニスを突き入れた。
ぴったりと密着させた。二人の口から同時に「アアッ」と歓びの呻き声がこぼれた。
「いいオマンコだ。吸い込みが素晴らしい」
「ああっ。嬉しい、何年ぶりかしら・・・固くて太いわ・・・」
「前のご主人のと当たり方が違うでしょう」
「初めてなの、主人以外のを受け入れたの。本当の女になった気がするわ。
 いいっ、夫以外の男の人と遣っていると思うと、気持が昂ぶり身体を舞いあがらさせるの」
「こんなにお汁が滴っていますよ。容赦なく抜き差ししますからね」
「信じられない、私、こんなに淫乱だったなんて、いいっ・・・」
彼女はうっとりとした声で、そう受け答えをした。

彼女の下に両手を差し入れ、一気に持ち上げると同時に激しい抜き差しを始めた。
彼女は早くも白目をむき、「アッ、。アアッ」の連発であった。
「締まりのいいオマンコだね」とか「穴か吸い付くんだね」と道具の褒め言葉を投げかけ
抜き差しをつづけていると、「しびれる、アアア、シビれちゃう」と彼女は喘ぎ、
三回ほど「イク、イク」と連発し絶頂に達して動かなくなってしまった。
  1. 役得
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2010 02  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。