PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 一夜の恋
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

秋保温泉での一夜。其の一

◇温泉宿の篤いもてなし◇
秋保温泉
近頃の日本では「技術立国」から「観光立国」へのシフトが進んでいるようで、
観光旅行と言えば各地の名産品やB級グルメとか言う地方料理が人気で、
テレビ等ではどのチャンネルでも温泉巡りと、食べ歩きの番組が溢れている。

裸の女優や若いタレントがバスタオルを巻いて岩風呂や野天風呂に這入る風景、
座敷へもどって豪華な料理を一口食べるなり、
「うん、うま~ァい!」
当方としては味も分からず、匂いも知る事が出来ないのに毎度同じ画面を
見せられるのにはいささかうんざりの感もある。演出やカメラにもっと工夫を
してもらいたいものだ。

それにもう一つ、現今の旅館は泊り客の部屋に料理を運んで来る事は、
(特別な高級旅館を除いて)まず無いだろう。
昔は宴会場以外にはなかった食堂と言うものが出来ていて、
一人旅の者からファミリーまで定められた時間内にゾロゾロ連なって食べに行く。
点在するテーブルの上には『○○様御席』のプレート、
すでに半分冷えた料理が並んでいるのが当たり前になってしまった。
これではせっかく料理人が腕を振るった味が楽しめない。

昨今の少子化で料理人や仲居の成り手が少ないうえに、
コストダウン、経営合理化がそうさせたのだろうが、なんとも味気ない話である。

私は若い頃から全国各地を飛び回って仕事をしていた。
東北新幹線も開通していない昭和四十九年の秋の事である。

青森から特急で東京へ帰る途中、集中豪雨の為に列車が仙台駅で
ぴたっと止まってしまった。どこやらの河川が氾濫して復旧の見込みはつかないと言う。
時刻は夕刻、このまま車中で夜を明かすのは耐えられない。
(そうだ、どこか温泉にでも行って息抜きしょう)
鉄道が止まってしまったのだから仕方が無い、
家に帰って妻にも堂々と言い訳が出来るのだ。

駅の案内所で聞くとバスで一時間くらいの所に“秋保温泉”が有ると判った。
秋保温泉と言えば道後温泉・有馬温泉と並んで天下の三大温泉の一つと
聞いていたから、これは行かざるを得まいと思った。
案内所で温泉宿を紹介してもらい、降りしきる雨の中をバスに乗った。

九時までに来てもらえば食事の用意をしてくれるという。
この分ならバスの中でゆっくりしていても八時半頃には旅館に入れそうだった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 一夜の恋
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

秋保温泉での一夜。其の二

◇男湯の中の女◇
温泉旅行03
ふと気づくと寝ている体の上に夏布団が掛かっている。
さてはさっきの仲居さんが気を利かせて呉れたのだろうと起き上がると、
お膳の上は綺麗さっぱり片付けられていて、
お盆の上に土瓶と湯飲み茶碗が寂しげに置いてあった。

土瓶に手をやると、もう大分時間が経っているらしく湯が生ぬるい。
それでも生酔いの目覚めには甘露である。
時計を見ると十一時を大分過ぎている。

こんな半端な時間に目が覚めると一人旅ほど侘しいものはない。
人と言う字は二つの棒が支えあって人と言う字に成ると言うが、
孤独の人間には支えが無いのだ。

なんともやるせない。眠ろうと思っても目が冴えてしまって、雨の音だけが耳に付く。
帳場に電話して酒を頼むには刻を逸している。
仕方ない、風呂でも浴びてくるか・・・。

「大浴場は階段を降りて左の廊下を行くと、直ぐ左手に有りますから」
と、先程の仲居さんに聞いている。
廊下を出て、赤い絨毯を引いた広い階段を降りたが、さすがに真夜中。
常夜灯が点いているから歩くのには差し支えはないが、人っ子ひとり出会わない。

目的の廊下を行くと、
紺地に『ゆ』と染め抜いた大きな暖簾が掛かっていたので直ぐ判った。
『ゆ』の字を中にして右に『男』左に『女』と書かれている。

昔は混浴で脱衣場も一緒だったと言うが、現在は法令で禁じられているので
男女が自由に入り乱れて入浴すると言う処は無いようだ。
ただ、温泉によっては入り口が別々でも湯船の奥の方で繋がっている処もある。

勿論私の泊まった温泉宿は男女の別は堅く守られ、
一緒に這入れるのは家族風呂だけのようだった。

曇りガラスに『男』と書かれた引き戸を開けると、広い脱衣場に人影はなく、
隅の方に衣類を入れた籠が二つ置かれていた。

さすがに秋保温泉、こんな時刻にも入浴している客がいるのだ。
わたしも積まれた籠の一つを取って、反対側の隅で着衣を脱ごうとした時だった。
浴場との境の戸が開いて先客の一人が出てきた、其の姿を見て吃驚した。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 一夜の恋
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

秋保温泉での一夜。其の三

◇湯の中での戯れ◇
画像 uami037
わたし自身、体を寄せながら彼女の腕に手を延ばし、ぐいと手前に引き寄せる。
「あら・・・だめよ」
口では拒んだが体が軽くなっている湯の中である。
彼女の裸体はまるで宇宙遊泳をしているように浮かび上がって、
難無く私の胸の中に納まってしまった。

「きれいな肌だなあ、真っ白で、ほら、こんなにすべすべしている」
私は彼女の背を撫で廻した。
「だめ、そんなことをしては・・・。あなた悪い人ね、お峰ちゃんに言いつけるから」
そういいながらも、くりくりした悪戯っぽい眼が私を誘っている。

お峰ちゃんと言うのは、私の部屋の係りの仲居さんの名前だから、
内心ギョッとしたが、それはおくびにも出さないで、
「ほう、よく判ったね」
「そりゃあ、判るわよ。お食事がおそかったでしょう?で、もうお風呂も済んだだろうって、
 あたしたち油断しちゃった」
「・・・・」
「十一時を過ぎると、お湯に這入るお客さんはまずいないのよ、
 女湯は狭いから時間を見てあたし達広い男湯のほうに這入っちゃうの」
「なるほど、遅く来て運がよかったなあ。お陰でこんな素敵な裸が拝めたんだ」

話の途中から私は少しずつ岩壁のほうに体を移動させた。
そこには丁度椅子の様に岩が突き出ていて、腰を掛けられる場所があった。
私はそれに腰をかけ、丁度赤ちゃんを抱くように彼女を抱え込むと、
豊満な乳房を口に含んだ。

「あっ!いやっ、そんなことしちゃ!」
彼女は悲鳴を上げて逃げようとする。
しかしその声は小さくて一〇〇パーセントの拒絶ではない。

盛り上がった乳房の柔らかい弾力は、それだけで天然の甘さを感じさせる。
私は狂ったように乳首を吸った。
舌先で刺激を与えながら彼女を抱えると、もがく下半身が湯に浮かぶ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 一夜の恋
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

秋保温泉での一夜。其の四

◇全身全霊での大発射◇
叶和貴子
「いや~ん、さっきみたいにしてから・・・」
「・・・・?」
「ほら、指で・・・」
「よし、判った」
早速二本の指を入れる。

もう充分潤っていて、淫液が溢れんばかりに成って居る。
膣壁の襞を楽しみながら指を出したり入れたり。
指の間を熱い液が伝わって流れ出るのを感じたほどだ。

「あああっ・・・いいけど、ほら、あれをして・・・」
「あれ?・・・」
「そうよ、あそこよ。あそこを指で・・・」
(うむ、あれだ!)

私は親指で突起を探し、こんどは水の中ではないので優しく撫で回した。
途端に彼女は息を詰めて体を反らした。
「いいっ、凄く良い!あたしそこが弱いのよ。ああ・・・たまらなくいい・・・」
熱い息を吐きながら、呻いて、悶えて、必死に私に縋り付いてくる。

こうなると男は強い。挿入したいのを我慢して女の狂う様を楽しみながら
指を微妙に動かしてやった。
「もうだめ。あたしよくなっちゃうわ!来て、来て、早く挿て・・・」

待望の瞬間である。私は彼女に重なり逸物を突き入れた。
湯の中と違って、すでに淫液で溢れていたのだから逸物を突き入れると、
たちまちすっぽりと収まった。

だが、その後の狂態が凄かった。下腹部を密着させたまま、互いに攻め合い
しのぎ合うさまはどう表現したらいいか判らない。私の逸物を締め付け
どこまでも追い求めて来るのだ。

私も放出を我慢して抽送を繰り返す。
彼女は迸り出る嬌声を押さえ、着物の端を口に咥えて声を殺し、
体を震わせながら目尻から涙さえ流している。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 一夜の恋
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 03  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。