PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 義母相姦
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

かわいい娘婿殿。其の一

お母さん32
私は51歳。一回り年上の主人との性生活はここ5年ほどありません。
女として私をみてくれない主人。
でも、私は女。
主婦でも女、母親でも女、閉経していても女、死ぬまで女です。
性欲もあればオナニーもします。

そんな私があろうことか、娘のお婿さんと関係を持ってしまいました。

軽度の妊娠中毒症で入院した娘。
近くに住む婿の一樹さんが夕食とを取りに家に来ることになりました。
味気ない主人との二人きりと違って華やぐ食卓。

お酒に弱い主人と違ってビールやワインの相手もしてくれます。
そして、主人がお友達の葬儀のために○県に2泊する、と家を明けた昨年の初夏のある日。

一樹さんと二人きりの食事の後、居間でワインを飲みながらの会話。
「一樹さんも色々と大変ね」
「いやぁ、お義母さんが夕食作ってくれるんで助かりますよ。洗濯と掃除は大変ですけど」
「一樹さん、あっちの方はどうしてるの?N(娘)がいないんで大変でしょ?」
「え?」
「夜が寂しいでしょって聞いてるの。浮気はだめよ。変なお店に行ったりしてるの?」
「あぁ、いやいや、僕は風俗は嫌いだから。なんとか一人で適当に・・・。
 たはは。なんか照れますね、こんな話」
彼は顔を赤くして言いました。
私は寝室のタンスから袋を取り出して一樹さんに渡しました。
「なんですか?これ」
「エッチなDVDなの」
「え?お義母さんたち、こんなの見るんですか?」
「いやねぇ、見やしないわよ。お父さんが新年会の景品でもらってきたの。
 一樹さんにあげるわ」

彼は袋から3本のDVDを取り出して
「あ、ホントだ、封も切ってないんですね」と言いました。
続けて
「今日はお義父さんもいないし、ちょっと見てみます?」


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 義母相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

かわいい娘婿殿。其の二

326.jpg
私は一樹さんのズボンとパンツを足から引き抜きました。
全裸になった若い男性なんて何十年も見たことがなったので興奮しました。
たくましい体。
この体に押しつぶされると思うと頭が痺れて、ヌルヌルになるのが分かる。
私も上半身だけ裸になって彼のおちんちんを十分に楽しみます。
おちんちん全体に舌を這わせ、亀頭を入念に嘗め回し、吸い上げる。

もちろん優しく、ときに強くしごくことも忘れません。
タマタマも口に含んだり優しく揉みしだきます。
彼は小さな喘ぎ声をあげます。
特に、おちんちんを強くしごきながら亀頭を吸いながら
ネットリと嘗め回すと声が出るみたい。

彼のおちんちんは私の唾液とガマン汁でヌルヌル状態です。
彼の顔を見ると快感に顔をゆがめています。
そんな彼が可愛くなって唇に情熱的なキスをしながら聞きます。
「パイズリ知ってる?」
「もちろん知ってます!」
「されたことある?」
「いや経験ないです」
「して欲しい?」
「お願いします!」

パイズリは主人が昔私に教えました。
私自身はあんまり気持ちいいことはありませんが、
男はみんなこれが大好きなんだって主人に聞きました。

一樹さんが感じてくれるなら私は喜んでやってあげます。

「ちょっと待ってて」
私は彼に囁いて、洗面所から乳液の瓶を持ってきます。
乳液をタップリと手に取り彼のおちんちんに塗りつけます。
足を大きく開いてもらって、私がその間に入り込み、
両方のオッパイを持ち上げて彼のおちんちんを挟みながら
上下にしごきます。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 義母相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

かわいい娘婿殿。其の三

284.jpg
彼が腰をモゾモゾと動かしいる。
感じてるの?気持良い?じゃ今度は私を喜ばせて。
そう思いながら、さっき見たビデオと同じように
パンティをつけたままの大事な部分を彼の顔の上に移動しました。
「舐めて」
かすれた声で囁きました。
彼の口がパンティの上から吸い付いてくる。
「あぁぁ、あああ」
思わず声が出ます。こんなことされたのは久しぶりです。
クンニなんて本当に何年ぶりでしょうか!

私はバンティをすこしずらしておまんこを少し露出させます。
ここぞとばかりに彼の舌が唇がおまんこを攻撃します。
「あぁぁぁ、いい!いい!一樹さん!堪らない!」
私はパンティをずらしておまんこすべてをさらけ出しました。

そしてビデオと同じように自分でオッパイを揉み始めます。

堪らない!もの凄い快感に我を忘れて大きな声を上げ始めます。

「ああぁぁん、いい!凄い!凄い!一樹さん!もっと!もっとして!舐めて!クリを吸って!」
すけべな中年女が叫んでいます。

私は手を後ろに伸ばしておちんちんをしごきます。
ガマン汁がいっぱい出たのか、ヌルヌルになっています。
私はもうガマンできません。
一刻も早くこのおちんちんを味わいたい!おまんこに入れて突き上げてほしい!
パンティを脱ぎ捨て、おちんちんをつかんで腰をずらしおまんこにあてがって
一気に腰を落として挿入しました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 義母相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

かわいい娘婿殿。其の四

611.jpg
「あぁぁぁぁん、気持ちいいぃぃ!」
片手でオッパイをこね回してもう一方の手でM字型にした足を太ももを、
おまんこ の端を、お腹をわさわさと触ります。
何度こうして一人慰めてきたことか!
そしてその時の想像は一樹さんに力強く犯される、
というものでした。

私は堪らず指でおまんこを触り始めます。
全体をヒダヒダを、そして大好きなクリトリスを。
お尻の方から回した指をおまんこの中に出し入れしながら片手でクリをいじります。
電流が走りのけぞる私。
見られていることも忘れて大きな声が漏れます。

「あぁぁぁ!いい!気持ちいい!あぁぁぁん!」

両足をそろえてテーブルの上にピンと伸ばします。
この体位が快感を高めてくれます。
いつの間にか私のすぐ横で跪いて私のおまんこを食い入るように見ている一樹さん。

「ああぁ!駄目!逝きそうよ!いいぃぃぃ!逝っちゃう!
ねぇ!一樹さん!頂戴!おちんちん入れて!逝きたい!
一樹さんのおちんちんで逝きたい!入れて!入れて!」
懇願する私に
「チンポって言って!ぼくのチンポが欲しいって言ってください。
お義母さんの口から聞きたいんです、チンポって!」
「いやいや!意地悪しないで入れて!お願い!ああぁぁぁ!一樹さん!」
「駄目です。チンポって言ってくれたらあげます」彼の声もかすれてる。

私は思い切って口にしました。
だって逝きたかった!
おちんちんが欲しかったんです。

「あぁぁぁ!一樹さん!一樹さんのチ・・・チンポを入れて!チンポ欲しい!
 ね!ね!私のおまんこにその太いチンポを入れてぇぇぇ!
 チンポで思い切り突いて!犯して!」


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 義母相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

義母・照子の体。其の一

画像番外 k025(画像拡大出来ます)
妻を25で生んだ義母・照子は現在51歳、夏の季節、家族の一員である俺は、
横側からはそのたっぷりと肉を付けた3段腹と同じくらい膨らんでいる胸を、
寝転がっては短パンからのぞく太い足の付け根の隙間から見える
ベージュ地味パンを毎週の様にみては、夜のおかずにしていた。

ある日、妻と子供、義母が買い物に出かけて義母の家で留守番していた時、
洗面所で手を洗っていると、洗濯機のフタが開いていたのでふと見ると、
いつも足の付け根からかすかに見えるベージュのパンツの端切れが見えていた。

タオルにくるんでいたようだが、洗濯機に投げ入れた時に偶然見えていたらしい。
そっとくるまれたタオルを開いてみると、義母の秘部を隠しているパンツがく
しゃくしゃになっていた。おそるおそる手に取り、広げる。
するとテカテカと白く光ったような跡があり、その周辺に義母の陰毛が2本ついていた。

思わず臭いを嗅いでみると、ツーンと鼻をつき頭がクラッとくるような強い臭いがした。
変な感じの臭いだったが、何故か股間はかちかちに固まっていた。
そして義母達が帰ってくるまでの間そのテカテカの部分をこすりつけながら
一人Hを2回してしまった。

その日、家族で食事をしているときはほとんど義母のことしか考えられなかった。
しかし冷静に考えると、あのテカテカは普通の染みではないような気がしてきた。
もしかして、旦那の長期出張で体をもてあました
義母が一人体を慰めているのではないか?そんな考えが頭に浮かんできた。
50を過ぎた熟熟の体を、孫の世話をしたあと、
密かにいじくり回しているのを想像すると食事も手につかず、
トイレで一人Hをまたしてしまうほど興奮してしまった。

ついに我慢の限界に来た俺はインターネットの掲示板で見た
体験談を参考に作戦を決行することにした。
1週間後、職場に休暇届けを出し事務所をでた俺は
それから2時間後嫁の実家近くの駐車場で、
すでに義母の寝室に仕掛けられた盗聴器から聞こえてくるあの音を待っていた。
しばらくして、義母の家にある一つの届け物があった。
宛名は業者名で東京からの小包。

義母のいやらしい体を俺の物にするために時間指定で送りつけた、エロエログッズだった。
しかし1時間がたち2時間がたち一向に部屋から音は聞こえず、作戦が失敗に
終わったのかと肩を落としていた頃、バタンとドアを閉める音が聞こえた。
そして、かさかさと包みを開く音、そして洋服のこすれる音がしたあと、
遠くから俺の待ち望んでいた音がついに聞こえてきたのだ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 義母相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

義母・照子の体。其の二

画像番外 k076
「ねえ、えいじさん、どうしてくれたら黙っておいてくれるの?」
少し投げやりになったのか、義母はふるえた声で問いかけた。

「僕はただ、あんな姿を目の前で見せられて我慢できなくなった男として
 お義母さんに責任を取って欲しいだけですよ。」
「・・・・・・。責任ってどういうこと?」
ここまで来たらしめたものだ。もう立場は完全に固まった。

「それはこういうことですよ。」
そういうと、ずぼんを下ろしトランクスをズリ下げた。
すでにさっきから義母を犯すことしか考えていない下半身の欲望の固まりは
今や遅しとその出番を待ちかまえへそにあたらんばかりにそり上がっていた。

「えっっっ。」
絶句する義母へたたみかけるように
「お義母さんの姿をみてこうなってしまったんですよ。
 男がいったんこうなると収まるにはどうすればいいか分かってらっしゃるでしょ?
 これはお義母さんが責任をとるべきですよ。」

全く意味不明の説得だが、完全に動揺している義母を説得するには十分なよう
だった。しばらく沈黙が続いたあと、蚊の鳴くような小さな声で義母が
「分かったわ、でも!」
ずっとうつむいていた顔を俺の方に向けて
「こんなことしていいと思ってるの?」そう問いかけた。

「仕方がないですよ、僕だって望んでこうなった訳ではないんですから、
 ただ僕だって貴方の娘の旦那という前に一人の男なんですから。
 これ以上は我慢できないんです。」
そう強く義母に返した。
深いため息をついたあと、
「確かにこんな風になったのは私の責任かもしれないけど、それでいいの?
 黙っててくれるの?」
俺は何も言わず頷いた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 義母相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

義母・照子の体。其の三

画像番外 k122
義母は天井を見つめるようにしていた顔を俺の方にゆっくりと向けた。
「・・・そんな風に思ってくれてるなんて思わなかったわ。
こんなこと絶対い けないと思ってるんだけど。確かにこうなったのは私の責任だし・・・」
一呼吸おいて
「約束してちょうだい。今日のことは私が責任を取るわ。
だけど、絶対にこのことを誰にも言わないこと。そして今日だけにしてちょうだい。
私は誰にも迷惑かけたくないの。分かるでしょ?」
少し涙ぐんで義母は言った。

「分かってます。僕だって妻もいるし、今日お義母さんと結ばれたら一生それを
胸に我慢します。約束はちゃんと守るんで、今日だけは、僕と大人の関係に
なってくださいお願いします。」そういって頭を下げた。

「分かったわ。さっきもいったでしょ、私のせいでもあるんだから」
少し呆れたように笑って義母は答えた。
「すいません。」
ばつが悪いような感じで謝ると。天井を見上げながら
「はぁ~。貴方とこんなことになるなんて想像もしなかったわ。本当分からないわね。」
「そうですね。でも、そんな魅力的なお義母さんにもやっぱり責任ありますよ!」
「あら!それってほめられてるのかしら?それともけなされてるのかしら?」
少し元気が出てきた義母は冗談を言った。

「もちろん大好きなお義母さんをほめてるんですよ。
じゃあないと俺のあそここんな風にならないですよ。」
とさっきからずっと堅くなっているチンポも手にとって振ってみた。
すると義母は
「ほんとに堅くなってるわね、ここがいけないことするのね。」
やっと義母も心を開き始めていた。
「だから、お義母さんにとってもいけないことしてもいいですか?」
そう耳元でささやくと、
「良いわよ。しつこいけど、本当に今日だけよ。お願いね。」
そう義母は答えた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 義母相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

義母・照子の体。其の四

04.jpg
無言で俺はさっきまで義母がオナニーに使っていた俺のプレゼントした
バイブを手に取り素早くスイッチを入れ、ぐちょぐちょのクリに押し当てた。
「ひっ!」
そう小さく悲鳴を上げた義母は目を閉じてさっきまでの快楽を思い出してきた。

「ほら、さっきまでお義母さんがいやらしいオナニーに使っていたバイブだよ。」
ブイーーーンといやらしい道具の音が静かな部屋にこだまする。
「ああああああ、いいいいい。これそう、私さっきまでこれで気持ちよくなってたの。」
「そうでしょ?これでスケベな気持ちになって一人でしてたんでしょ?」
「そうなの、私スケベな気分でしてたわ。
 凄く気持ちよくて、いっぱいいっぱいしてたのぉぉぉ。」
これ以上はもう、頭を巡らせる必要はなくなった。

すでにいやらしい、快楽の虜となっている義母に必要なのは俺の辱めの調教と
その体を貫く肉棒だけだ。
「ほら、お義母さんのいやらしいところからこんなにお汁が出てきてるよ、見える?」
「あっっっっっは、見える私のあそこからいやらしい汁出てるのみえる。
 すんごいすけべ,私。」
何かに火がついたかのように、突然義母は淫らな言葉を話し始めた。

こうなると、これまで溜まっていた欲望が義母の体を支配してしまう。
バイブをクリに押し当てながら、体を移動し、義母の口元に股間を持って行った。
あえぎ声をあげる義母に
「ほら、自分ばっかり気持ちよくなるのは反則ですよ。僕のも良い子して下さい。」

「ん。はあああ。すごいわぁ。これ。私のお口に入るかしらこの良い子は。」
と言うやいなや。小さい口を懸命にあけ、口マンコの中に納めてしまった。
じゅぶじゅぶチュパチュパ。

バイブですけべな信号を体に送られながら俺のチンポをシャブリ倒す
義母はそこらのヘルス嬢なぞに負けないくらい丁寧でいて、
大胆に口マンコで俺のチンポをしごきあげる。

舌先で尿道の入り口をグリグリしたかと思うとカリの溝を舌でなで上げたり、
さっきの言葉とおり良い子良い子してもらってるような感じだった。

義理とはいえ自分の母がするフェラチオに俺は体が溶けるようだった。
そして甘えるような声で、
「お義母さん~、おちんちん気持ちいいよ~。もっとしゃぶって~。」
と言ってしまった。それを聞いた義母は
「ほら~。えいじはおちんちんのここが気持ちいいんでしょ~?
 チュパチュパしてあげるわよ~。」
と俺の調子に合わせてきたのだ。
  1. 義母相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

義母・照子の体。其の五

画像 366(画像拡大出来ます)
それは義母も同じようで、一突き毎に大人の感じ声を部屋中に響かせる。
「ほらほら、ムスコのチンポをマンコに突き刺して喜ぶなんて、
こんないやらしいお義母さんの姿見られるなんて嬉しいな。」
「そう?ああ。でも、私だってまだまだ女なのよ。」
「そうですよね。だからこういう風にチンポつかれて喜ぶんですね」
義母のでかい尻をわしづかみにして、さらにピストンのスピードを上げる!

「ああぁぁぁぁくううううう。」
感じる声を抑えきれず枕に顔を埋めてあえぐ義母に
「こんなチンポを本当は想像しながらいつもオナニーしてたんじゃないんですか?
正直に言って下さいよ!」
「ええ?そんなこと・ないわ・うぐ!」
「正直に言って下さい。そしたらもっと奥までえぐってあげますから!」
そういってチンポを奥にとどめたままグリグリと腰を回す。

「あああ。深いいいいい。だめ!こんなの死んじゃう!!」
「じゃあ本当のことを言って下さい!」
「分かったわ!本当はたまにいやらしいことを考えながら、
こんなチンポに貫かれること考えてたの!!!」
「考えながら、このクリちゃんをいじいじしてたんですか?」
そう言うとクリにバイブを最強にして押し当てた。

「ぐひいひいいいいい。両方はダメ!チンポとおもちゃはだめええええ」
頭をよじりながら義母はさらに声を上げる。
「こんなに気持ちよくしてもらったことはないでしょ?」
「ええ。ないわああ。私おかしくなっちゃいそううう。体がビクビクなっちゃうの!」

ちょうど、ドレッサーが開いていて横から二人が重なっているのが見えることに気づいた。
獣のように四つんばいで尻を高く上げた義母。突き出たオッパイはベッドに
つきそうなくらい垂れているがそれが余計に魅力的に感じる。思わず、そのオッパイをつかみ。
「お義母さんの垂れたオッパイも大好きなんですよ。」
さらに興奮してしまい。奥まで奥までピストンをしてしまう。

「いや!恥ずかしい。垂れたオッパイなんて魅力ないでしょう・・・」
「そんなことないです。母性を感じる、お義母さんのオッパイ魅力的でたまらないんです。
 いま凄く幸せな気分です。お義母さんと一つになれて嬉しいんです。」
「そこまで思ってくれてるなんて、何か変な感じだわ。ああああ。嬉しいわ。だからもっとついて!」
思わず義母は本音を言ってしまったようだ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 義母相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 05  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。