PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 夫婦の今と昔
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

心から愛した女はただ一人。其の一

横浜で最初に出来たホストクラブが『ナイト倶楽部平安』(仮名)であるならば、
最初のナンバーワンホストになった男が私・・・と言うわけで、
何時頃からか[カゲが似合う男]と呼ばれていた。
要するに暗がりでしか生きて行けない男と言う事なのだろうか。

ホストとは「男」が売り物と言うが、特定の女のものと判ると値打ちが下がる。
しかし私と14歳年下の妻、芳江とは出会ってから直ぐに同棲から結婚へと進み、
今では性生活は全くないがそれでも別れられずに暮らして居る。

◇妻の男性遍歴
momiji555.jpg
妻がある男を連れて来た。グレーのスーツに、ネクタイをキッチリとしめた30代半ばの、
堅気のサラリーマンらしい男だ。もちろん、私とは初対面である。

私が大のベイスターズファンで、男も横浜ファンだと言うので、仲良くナイターを観戦、
CMの間にトイレに立って戻ると、妻と男はキスをしていた。今度は男がトイレタイム。
「今、付き合っている男なのか?」
「そうよ」
「どこまでの関係なんだ?」
「あなたに、そんなこと言う資格はないわ」

ヤボなことを聞いたもんだ、50女の不倫がキスだけのはずがない。
「つまらん男にだけは引っかかるなよ」
そう言い残して、私は妻と男を残して家を出た。

私は電車で出勤する。最寄駅から日の出町駅までは10分たらず。
店は駅から歩いて5、6分の福富町にある。
まがりなりにも、私はホストクラブのオーナーなのだ。

(いつごろから、オレたち夫婦はこうなったのか・・・)
夕刊紙の活字を目で追いながら、ふとそんなことを思った。
と言っても夫婦仲が悪い訳ではない。結婚して40年近い夫婦にしては、
可もなし不可もなしといったところだろう。

喧嘩もするが、たまの休みには二人でドライブにも出掛ける事も有る。
妻は家事に手抜きはしない。仕事柄不規則になりがちな私の事を考えて、
特に食事(栄養管理)には気を配ってくれる。
私も妻に不安を感じさせないだけのモノ(金)は入れている。

普通の夫婦と違うところは、我が家にはセックスがないと言う事だ。
普通の夫婦は、原則として家庭内で欲望を満たしているだろうが、
私たちの場合は、原則として家庭外で解消している。私も妻もである。

ノーマルでないのはわかっている。それでよく夫婦でいられると思うだろうが、
それが当たり前になってしまえば、そんなにヘンでも不都合なことでもない。

こんなことになったのは、私の職業に原因がある。
私は今は現役を退いたが、60歳まではホストだった。
職業柄、女関係は絶えない。常に複数の女がいた。
それが商売なのだから、仕方のないことで、妻もそれを十分承知で結婚したはずだ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 夫婦の今と昔
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

心から愛した女はただ一人。其の二

◇ホストの世界
女優001
ベッドの中で、私に好きだと囁いた女は、20人や30人ではない。
惚れた素振りで、私が口説いた女も10人や20人ではない。
しかし女房にしてもいいなと思ったのは、今の妻が最初で、おそらく最後。
今の妻は私にとって、それぐらい価値のある女なのである。

私は妻の不倫に気付かないふりをしていた。私と妻との間に不倫のルールが
確立されていない時に、下手に騒ぎ立てると、元も子もなくす恐れが有ったからだ。

妻が欲望のために、ほかの男に抱かれるのは許せても、
私以外の男を愛するのは許せなかった。
私が責めて妻が反撃して、売り言葉に買い言葉となって、
取り返しのつかない事態に成る事だけは避けなければと思った。

妻には、時間はいくらでもある。
私が家を空けている夜中には妻が自由に使える時間である。
日中は家事が有ると言っても、私はほとんどの時間は寝ているのだから、
たかが知れている。

私はパイプカットをしているので、子供は出来ない。
ホストの多くはパイプカットをしている。パイプカットすれば精力がつくと言う事が、
まことしやかに伝えられた時期があったが、真偽のほどはわからない。

ホストの場合は、相手の女性を安心させるためにもパイプカットは必要で、
いうならば職業上払わざるを得ない犠牲の一つともいえる。

私がいない夜中、妻が家に居ない事が何度かあった。
それとなく口にすると、妻は慌てて弁解しょうとした。
妻に弁解させてはまずいと思った私は、妻の口を封じる様に、
「いいんだよ、オレの居ない時は好きな事をすればいいんだよ」
この一言が妻を楽にさせたようだった。
ある意味では(不倫のフリーキップ)を与えたようなものだった。
しかし、それでも妻は用心深く、以前よりも、いろんなところに気を使うようになった。

たとえば私が帰ると、さっとオシボリが出る。
私は店で汚いオシボリを見ているせいか、オシボリが大嫌いで、
家に帰ると、石鹸をつけてゴシゴシ洗わないと気が済まない質なのである。
こういうことも、私からすれば不自然なのである。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 夫婦の今と昔
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

心から愛した女はただ一人。其の三

◇暗闇だけの情勢
岩下志麻
ホストの仕事も40年。振り返ってみると、様々な思い出が甦る。
私にとって一番印象に残っているのは加藤さん(仮名)夫婦だった。

加藤さん夫婦に出会ったのは未だ妻と出会う前の30歳になったかならないかの、
ホストとしても、もっとも脂のノッていた時だった。

加藤さんはご主人が50幾つ、奥さんはまだ若く、30半ばだった。
加藤さんは千葉の大地主で、不動産からあがる収入で悠々自適という。
人もうらやむ存在だった。

しかし、加藤さんにも悩みがあった。40代後半から精力が衰えはじめ、
50を過ぎると、ほとんど用を足さなくなってしまった。
金にあかして、ありとあらゆることを試してみたが、
いわゆる薬石効なくと言うやっで、回復の兆しもなかった。

加藤さんは最初から夫婦揃って現れた。奥さんは女優の岩下志麻に似ていて、
しっとりとした感じの美人。ご主人が金払いが良い事も有ったが、
奥さんはホストの間でも人気があった。

我々は密かに奥さんのことを〈お志麻さん〉と呼んでいた。
何人かのホストに指名がかかったが、いつしか私にだけ指名がかかるようになった。
私が気に入られたのである。

ある日の事、店が終わってから、加藤さんのマンションに誘われた。
加藤さんの本宅は千葉にあって、テレビでも紹介されたほどの豪邸だが、
普段は横浜公園近くの高級マンションで暮らす事が多かった。

その日マンションでは、いわゆる〈実演〉がおこなわれていた。
男女がセックスをして見せるもので、ショーとしても珍しいものではなかった。

私の外にも、加藤さんの知人らしい何組かのカップルが居たが、
みんな遊び慣れた人たちと見えて、目の前で繰り広げられる男女の痴態にも、
たいして興味を示す様子もなかった。

私の興味は、もっぱらお志麻さんにあった。
お志麻さんがどんな反応を見せるか。
お志麻さんは、視線はこちらに向けていても、見てはいなかった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 夫婦の今と昔
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

心から愛した女はただ一人。其の四

◇最後の一滴まで!
若村麻由美01
私たちもキスをした。キスはすぐにディーブキスになった。
舌を押し込んで来たのはお志麻さんだった。
熱い吐息と唾液とが、狭い口内で交ざりあった。

10分はあっという間に過ぎた。照明が元に戻ったにもかかわらず、
お志麻さんはまだ私から離れたがらなかった。

ボックスに戻った。お志麻さんは、再び私に体を預けて来た。
私は自分の股間の辺りにハンカチを被せた。
そうしておいてジッパーを下げて、客の手を股間に誘い入れるのである。
これは当時、はやった遣り方で、こうすることによって、女客がホストに
触りやすくなるからだ。ナマで触れることから女客には圧倒的にウケた。

私はお志麻さんの手を握って股間に誘った。
お志麻さんはされるがままだった。
お志麻さんの指先が私のナマに直に触れた。
股間のペニスは十分すぎるほど硬直していた。

お志麻さんは濡れた唇を押し付けてきた。
そして指先をペニスに絡ませてきた。
私のペニスは、並よりは一回り大きい。

「愛してください、私の分身を・・・」
お志麻さんの耳元でそう囁いた。囁くまでもなく、
お志麻さんの指先は、微妙な動きで私を刺激してきた。

自慢するようだが、私は30分シゴかれ続けても平気だ。
発射することが無い。
30分も私のペニスをシゴき続けていた女は居なかったけれど、
大概の女は、その途中でたまらなくなって〈これ頂戴〉と口走った。

お志麻さんは、自分の上体を支えているのが辛いようだった。
私の股間の上に顔を伏せて、背中を波打たせながら、
嗚咽にも似た声を発していた。

私はお志麻さんの背中のジッパーを下した。
すると、白い素肌が露わになった。
お志麻さんはされるがままだった。
肌をまさぐりながら、ブラジャーを外した。
私の指先がお志麻さんの乳首に届いた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 夫婦の今と昔
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

心から愛した女はただ一人。其の五

◇200万円の情事
熟女専科160
それから数日たってのことだった。今度は加藤さんに呼び出された。
ホテルのバーだった。加藤さん一人だった。

あんな事が有った直後だけに、私は覚悟して臨んだ。
しかし、どんな事態に成っても、謝る様な事はしない積りでいた。
ホストクラブは女が男を買いに来るところ。
すべてセックスと金が介在する世界である。
売り物に買い物だから当たり前のことだ。そんなことぐらいは、
加藤さんぐらいの遊び人なら、わきまえていて当然だ。

「実は頼みがあるんだ・・・」
加藤さんの頼みとはこうだった。
「実は、妻がキミの事を大変気に入ったようなんだ。
 そこでたっての頼みと言うのは、妻を抱いては呉れないだろうか・・・」

夫が妻を抱けと言うのである。唐突な申し出に、私が返事に戸惑っていると、
「タダとはいわない。100万円出そう。
 そして妻が納得したら、もう100万・・・」

お志麻さんを抱けた上に、結果次第では200万円の大金が貰えるのだ。
「ただし条件がある。私のほかに何人かがその場に居合わせることだ」
人が見ている前でやれと言うのだ。過日、怪しげなショーに私を誘ったのは、
その伏線だったというわけだ。

「奥様はご承知なのですか。人に見られることにも・・・」
つまり先の金額には、口説き代も入っていると言う事なのだ。
口説き落とす自信はある。あのときだって強引に迫れば、
お志麻さんは落ちていた。

「せんだって妻が一人で行ったろう。それまでこの話に
 耳を貸そうともしなかった妻が、あの日以来、
 話を聞くようになった。何かあったのだと思うが・・・」
「いや別に何もありませんでした」
「何かあったとしても、そのことを咎める資格は、オレにはない。実は・・・」

自身が不能であること、お志麻さんをこんな形で利用するのは、
回春のための、最後の苦渋の選択だと言う事を加藤さんは告白した。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 夫婦の今と昔
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

心から愛した女はただ一人。其の六

◇射る様な夫の視線
女優18
私はあの時と同じようにダンスに誘った。
話が行き違ったときに、言葉で行き違いを埋めようとするのは愚の骨頂。
ムード。特に相手が女の場合はムード、言葉よりムード。
ムード、ムードで押しまくるのだ。

すぐにチークタイムになった。
すでにかなり酔っていたお志麻さんは、足元もおぼつかないらしく、
あの時と同じように、私に上体を預けて来た。
あの時は店で、客とホストの立場だったが、今は一人の男と女。
私は遠慮しなかった。

最初からディーブキス。歯と歯が噛み合うほどの激しいキス。
「ご主人の言った事は、私にとってぱどうでも良いんです。
 私はあなたが欲しい、貴女を抱きたい、ただそれだけです」

私は熱い息と共に、思い入れをこめた熱いメッセージを、
お志麻さんの耳に吹き込んだ。
すると、お志麻さんの体がブルブルっと震えた。

「スゴい殺し文句ね。あなたのようなステキな男性からそう言われたら、
 たいていの女はまいってしまうわね。
 でも私はどうかしら、試してみては、フフフッ」
お志麻さんはおどけた様に言ったが、その肉体はおどけてはいなかった。

部屋が混んで来た。パートナー待ちらしい男女がソファーに座っていた。
皆覆面とムームーを着ている。

(加藤さんだ・・・)
その中の一人は間違いなく加藤さんだった。
来られないかもしれないと言っていたが、私はウソだと思って居た。

妻が自分以外の男に見せる痴態を見る為に仕組んだワナ。
いずれ実現するはずの〈本番〉を前にした。
予行演習の意味もかねているはずだった。

ソファーはリクライニングになっていた。さらに倒せばベッドに成る仕組みだ。
幾つかのカップルは、すでに臨戦態勢に入っていた。
肌を露わにした女、男のムームーに顔を突っ込んでいる女。
刺激的なシーンがあちらこちらで展開していた。

  1. 夫婦の今と昔
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

心から愛した女はただ一人。其の七

◇お志麻さんの股間
007.jpg
すべてが終わった。私がシャワーを浴びて戻ってくると、
加藤さんが手招きをした。まだお志麻さんは席には戻っていなかった。
「たいしたもんだ。妻は本気だった。きっと満足したと思うよ」
「加藤さんは満足されましたか?」
という私の問いに加藤さんは力なくうなずくだけだった。

私達は別の店に移った。クラシックが流れるレストランだった。
「どうだった?」
「ご覧になってたんでしょう」
「うん」
「ご覧に成ったとおりよ」
「満足したんだな」
「そうね、ステキよ、この人」
私を除いて、勝手に会話が弾んでいた。

「私、本気になりそう・・・」
「本気に?」
「私、本気でこの人が好きになりそうだわ。いけないかしら・・・?」
そう言って、お志麻さんは私と加藤さんの顔を交互に見た。
その顔は娼婦も及ばない淫らな顔になっていた。

「まったく、かまわないさ。そうでないと面白くない。そのかわり・・・」
「いいわよ、この人さえ良ければ何時でも何処でも、誰が見ていても・・・」
私はまだラウンドが残っているのがわかった。
今夜は小手調べ、やがて本番が来るのだ。
その時はもっと多くの、そして無遠慮な観客がいるはずであった。
「私もかまいませんよ」
そう言って、私はお志麻さんの手を握った。

本番はそれから数日の後に行われた。場所は加藤さんのマンションだった。
観客は以前一緒にショーを見た佐川さん、吉田さん夫婦。
みんな三〇代か四〇代。

私はショーとしては出来ないと前もって断った。
私とお志麻さんが、自然にそうなるのを見てほしいと言った。
それはお志麻さんの意見でもあった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 夫婦の今と昔
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

従兄妹同士。其の一

◇女房の尻に敷かれた亭主◇
景色012
「ちょつと、栄養ドリンクが切れてんでぇ倉庫から持ってきてや」
二階の部屋で茶をすすっていると、階下の店から妻の大声が聞こえた。
私達夫婦は富山県の某市で薬店を営んでいる。

「早よしてゃ」
構わず茶をすすっていると、妻が矢の様に催促してくる。
私は「わかったと」と返事をして立ち上がった。
「ほんまに、愚図いんやから、勇実ちゃんはぁ」
と、店に顔を出した私に、妻はそう言った。

ここまで読んだ皆さんは、私が女房の尻に敷かれていると思ったことだろう。
だが、そうではなくて妻は私に甘えているのだ。口ではきついことを言いながらも、
私のことを「勇実ちゃん」と呼ぶ妻の目は、笑っている。

いまだに夫婦二人っきりの時の妻の振る舞いは新婚当時と変わらない。
あるいは、このことはかえって変なのかもしれないが、今の生活を築くまでの
波乱に富んだ道程が、私達夫婦をこのようにしたのだ。

私と妻の純子は、実は従兄妹同士である。私達は同じ村の出身で、実家は隣同士だった。
一つ下の純子とは幼い頃から何時も一緒に遊んでいた。二人の家は農業を営んでいた。
農業といっても、地主から土地を借り受けて細々とやっているだけで、生活は苦しかった。
生活環境や家庭環境が似ているせいか、私達は本当の兄妹のように仲が良かった。

思い返すと、純子は早熟であった。小学校五年になる頃には、乳房が膨らみ始めていた。
今の子供は発育がいいので、是くらいが標準なのかもしれないが、
当時の同級生の女の子の胸は皆ペタンコだった中で、純子の胸の大きさは目立っていた。

しかし、私は妹のように思っている純子の事を、女として意識する事などなかった。
そんな私の意識を変える出来事があった。あれは、私が中学一年、
純子が小学六年の夏休みに入って間もない暑い日のことだった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 夫婦の今と昔
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

従兄妹同士。其のニ

◇丸見えのオメコ◇
君恵
「・・・!?」
木立ちに入っていった私の目に飛び込んできたのは、全裸の純子だった。
落としていったブラジャーを探しているのだろうか、
純子は鞄の中をがさごそとかき回している。
私に背を向けている状態なので、お尻が丸見えだ。
洋服越しでは判らなかったが、カラダは華奢なのに、
純子のお尻は女で有る事を主張するかのように豊かな丸みを帯びていた。

純子はブラジャーを探すのを諦めたようで地面にバッグを置き、こちらを向いた。
私は慌てて身を隠した。このまま河原に戻ろうかとも思ったが、
私は欲望に勝てなかった。そっと木陰から顔を覗かせた。

純子の乳房は、まだ蕾の様に固そうだった。乳房の中心にある乳暈は極めて小さく、
肌の部分と区別がつかないほどの淡い色をしている。乳首はほとんど平べったく、
乳暈との境がわからない。乳首の先端が少し引っ込んでいるので、漸くそれと判る位だ。

そうこうすると純子はタオルでカラダを拭い始めた。膨らみ始めた乳房がブルブルと揺れる。
(へえ、固そうに見えるんに、ようさん揺れよるなあ)

今まで純子に対して劣情をもよおした事など無かったのに、私のチンポは硬くなってきた。
先走り液が滲んでくる感触が尿道を伝わる。
私は自分のものの昂ぶりを抑えようとしたが無駄だった。
地面に落とした積もりの視線が、純子の股間を捉えていた。
まだ発毛していない純子の割れ目が丸見えだった。

カラダを拭き終えた純子は、バッグの中から小さな布切れを取り出した。
それは、大人の女性が穿くようなスキャンティという色っぽい下着だった。
(あんなに小さいんを穿いとるんや。ちょっと前までおへそまで隠れるデカパンやったのに・・・)

スキャンティを穿こうとしてバランスを崩した純子がしりもちをついた。
私の目は純子のオメコに釘付けになった。プックリ膨らんだ、一本の線があるのみだ。
花弁は完全には発達しておらず、固く閉じた大陰唇におさまっている。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 夫婦の今と昔
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

従兄妹同士。其の三

◇駆け落ち婚◇
35.jpg
純子は成長するにつれ美しくなっていった。高校を卒業する頃には、
“村一番の別嬪さん”とまで言われるようになった。
私はそんな純子をただ遠くから見て居る事しか出来なかった。
他の女性と付き合いもしたが、どんなにその女性から惚れられても、
私の頭の片隅には常に純子がいた。
私の純子への想いは、日ごとに膨らむ一方だった。

私が二十二歳の時、純子が見合いをしたと聞かされた。
私は色めきだった。何もしなければ後悔だけが残る。
私は、純子を奪い返そうと思った。

だが、純子と見合いをしたのは地主の長男だという。相手が悪すぎる。
私の家も純子の家も、この地主から土地を借りているのだ。
仮に、私が純子を取り戻せたとしても、後々ただでは済まないだろう。
土地を取り上げられれば、食べていけなくなる。
いや、それどころか、有力者であるこの地主を敵に回せば、
村に住む事すら出来なくなるかもしれない。

私が逡巡しているうちに純子の婚約が決まった。
式の日取りも決まっており、睦月の大安日に行うと言う。
その日は、純子の二十一歳の誕生日でもある。
まったく、気障りなことをする、と私はただ指を咥えてるしかなかった。

やがて、冬がやってきた。純子の結婚式を翌日に控えた朝、
私の部屋の窓の桟に手紙がはさまれていた。
『あの河原で待ってます』
手紙には、ただそれだけ書かれてあった。
それを見て、私は河原へと走った。

「なあ、勇実ちゃん、覚えとる?あの日のこと・・・」
「ああ、忘れた日は一度もあらへん」
二人の間を静寂が流れた。川のせせらぎがだけがきこえる。
佇む純子の表情はどこか寂しげだ。目には涙を溜めている。

風が駆け抜けた。葉音がなる。純子の髪がなびき、横顔が隠される。
そして風がやみ、再びあらわれた純子の頬に涙が伝わった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 夫婦の今と昔
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

従兄妹同士。其の四

◇二人で生きる◇
H-11bb.jpg
私達は部屋に入るなり抱き合った。遠い過去を思い出しながら、私は純子にキスをした。
だが、幼かったあの時の様に互いの歯がぶつかり合う事は無かった。

ブラウスの前を肌蹴させ、ブラジャーのホックを外すと、純子の乳房がポロリと弾け出た。
純子の乳房は片手には収まりきらないほどに成長していた。
綺麗な半球形をした張りのある乳房だが、揉むと溶ける様に柔らかい。
ただ陥没こそしていないが、殆ど勃起していない乳首に、あの日の面影を残している。
その乳首を口に含むと、忽ちしこってきた。

私は純子のパンティを脱がした。純子のオメコが露になる。
純子のオメコはすっかり成熟していた。中心部からサーモンピンクの花弁がのぞいている。
よく発達した大きめのその花弁は、左右対象の美しい形をしている。

「・・・勇実ちゃん、ああっ、うち、恥かしいわ」
私は、濃く生え揃った陰毛に頬擦りをした。すると次第に陰毛がそばだってくる。
その感触はしなやかで心地よい。

「・・・うっ・・・うっ」
クリトリスを包皮ごと舌先で転がすと、私の口内にあるそれは徐々に大きくなってきた。
純子は出そうになる声を懸命に堪えている様だった。ふと、口を離してそこに目をやると、
勃起しきったクリトリスが包皮から顔をのぞかせ、真珠色の輝きを放っていた。
花弁の中心からは淫液が滲み出てきている。

「こんなけ、ようさん濡れとる。辛抱せんでも、ええんやで」
「は、恥かしいわ・・・もう堪忍して!」
私は純子から溢れる淫液を啜った。ジュルッ、ズズッと大きな音が部屋に響く。
「・・・あっ・・・あっ・・・あんっ」
純子の声が少しずつ高くなる。
「いくで!」
私は純子のオメコにチンポを一気に突き入れていった。
「ううっ!」


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 夫婦の今と昔
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。