PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 未亡人のセックス
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

隣の未亡人との十年間。其の一

読者投稿 青森県在住 匿名希望(73歳) 
 
◇カラオケに
004.jpg
この年になるまで肉体関係にまで進んだ女性はそれほど多くはありません。
私はサラリーマンで、しかも妻子持ちゆえ小遣いも時間も無いので、
いたしかた無いことです。それでも十年前には失楽園めいたもので
大忙しという時期もありました。
隣の未亡人の奥さんと言う事もあり、きっかけはあっ気ないほどでした。

女房が長期の病院生活で、入退院の繰り返しをしてお互い寂しい者同士、
水が高い所から低い所に流れるように自然と肉体関係が出来てしまいました。

其の年は気象庁の観測史上で最高の暑さとなった夜でした。
私は毎晩の様に夕食後は、庭の一角の長椅子で涼んでいました。
その時、隣の奥さんが西瓜を持って来てくれました。
「よかったらどうぞ」と、食べ頃の大きさに切ってあるので、
女房に頂いた事を伝えて早速ご馳走になり、
女房は体調が悪いので、早々に家に引き篭もりました。

隣の奥さんは五年前に、ご主人を亡くされました。
ご主人は若い頃から糖尿病で仕事も出来ずにおりました。
奥さんは青果物の行商をして家計を切り盛りしていたようです。
子供は一人。すでに嫁に出しており、一人で暮らしておりました。

奥さんは当時、四十五歳で商売柄、
話し方も上手で絶えず笑顔で朗らかでした。

話が弾んで気が付けば十一時過ぎになり、
遅くなったからと、其の日は帰られました。

一週間後の夜。私が涼んでいますと再び奥さんがやって来ました。
女房はすでに床についておりました。

奥さんと二人で涼んでいますと、奥さんは近くの公民館のカラオケクラブに
通っていると言います。週に一回だけど楽しいから、私にも入会を勧めます。
実は私は長年民謡を習っていて、其の事を話しますと、びっくりしていました。

「私の知人がカラオケボックスを経営しているので行って見ませんか」と、
誘うと、喜んで是非連れて行って言いましたので、
早速、カラオケボックスに出掛けて行きました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 未亡人のセックス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

隣の未亡人との十年間。其の二

◇絶え絶えに
レンタルワイフ13
奥さんの激しい反応に驚き呆然としていると、再び奥さんは意識を取り戻し、
「今度は私が旦那さんを気持ちよくしてあげるわ」
と顔を赤らめながら私の下半身に手を伸ばして来ました。
奥さんは私の下半身を引き寄せ、ソファに寝かせ、素早くズボンを下ろし、
パンツの上から肉棒を揉みしだいてきました。

久々に女に触れられる昂奮と快感から見る見る大きくなっていきますと、
奥さんはパンツを下ろし、「大きいのね」と言ってパックリと咥えました。
「ウッ、ウウウッ」私は気持ちの良さに呻きます。

私の肉棒の先から溢れる液と奥さんの唾液が入り混じりジュボジュボと音がします。
奥さんは喉の方まで吸い込んで呉れますので、その気持ちよさにビンビンと
ハチ切れんばかりで、そのまましゃぶられていたら射出してしまうので、
私は攻守ところ代えて奥さんをソファの上に寝かしつけ、勃起した肉棒を蜜で
グッチョグッチョになっているオマンコに一気に根元までブチ込みました。

「アアッ、アアアッ、イイッ、イイッ、凄い大きい、何だか、オマンコが壊れちゃいそうッ」
私の挿入に、奥さんはカッチリと両足を絡めながら絶叫します。
そのままゆっくりとピストンを続けていきますと、大きなオッパイがプルンプルンと揺れて
とてもイヤラシイながめでした。私はそのオッパイを鷲掴みにしてチュウチュウチュウと
吸い出しますと、さらに奥さんは切なげに喘ぎ出し、カラオケのBGMが響く室内は
奥さんの声でより騒々しくなっていきました。

「アハッ、ハアアッ、イ、イッちゃう、またイッチャウ、
 オチンチンが、オチンチンの先が、アア、イイーッ」
肉棒を根元まで押し込んでいくと、その先が子宮口に突き当たり、
それが当たる度に膣口がキュッキュッと締まります。
それが気持ちよくてさらに奥まで押し込んで恥骨を擦りつけると、
奥さんは、お尻を浮かしてクリトリスを押し付け、
「モット、モット」とおねだりしてきます。肉棒が締め付けられます。

「奥さん、奥さんのオマンコ、とても締め付けが凄いよ」
「旦那さんも、すてきよ」
奥さんは呻くように言ってピストンにあわせて腰を持ちあげます。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 未亡人のセックス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

隣の未亡人との十年間。其の三

◇よすぎて、
美神さゆり01
「いいわっ、あっああ、アソコが溶けちゃう」
舌で飛び出した肉芽をチュウチュウ吸いますと、
「うう、イッちゃう・・・」
大声で泣きながら私の頭を両手で押さえ、オマンコを擦り付け、
太股を震わせてイッたようです。私は構わずオマンコを舐め続けました。

「アッ、アッ、ま、またよくなってきたわ。アアー、アア、
 もう欲しいわ。入れて、早く、入れて」
奥さんは私の肉棒をグッと握り締めてきました。
灼けるように火照った肉棒は、ズキンズキンと脈打って、
堅く大きく上を向いています。

「ああ、こ、これであたしの飢えているところを満たして」
亀頭を、ズルズルに濡れそぼった蜜壷にあてがい、擦り付けます。
「ああ、早く元まで嵌めて」と、泣きながらせがみます。

私は筋張って猛り立つ肉棒を密生している陰毛を掻き分けてあてがい、
手を持ち添えてグルリグルリと広げながら、少しずつ押し込みます。
ズルズルに濡れている膣口に亀頭が入る時の気持ちのよいこと。
焼け尽くすような快感です。心もうつろに夢中で蜜壷に押し付け、
毛際ぎりぎりまでズッポリ嵌めこみました。
それだけで、もう膣襞がヒクヒク痙攣して肉棒を締め上げます。

「アア、一杯に嵌っているわ。アア、すてきよ」
奥さんは叫びながら、強く抱きついて来ました。
「だ、だめ、あたし。もう、イッちゃう」

奥さんの子宮の奥から、ドロドロと何か煮えたぎったものが噴出す様に
流れ出て来ました。それと同時に、腰の動きが激しくなって来たと思ったら、
グーッと身を反らし物凄い吐息を吐き出しイッちゃいました。
  1. 未亡人のセックス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

旧友の妻(未亡人)を愛して。其の一

旧作のエッセンスを色々取り混ぜて未亡人のセックスを描いています。
人妻の不倫30
六十七歳にも成りますと、同級生とか会社の同期とかいう人達の家族から、
「喪中につき年頭の・・・・」と言うような年賀ハガキを辞退する手紙が多く来る様に
成りました。

三年前の年末の話ですが私が専門学校を卒業して、
最初に就職した会社の同期の田中君の奥様から、
「六月に夫、田中秀夫が永眠いたしました・・・・」というハガキが届きました。
六月と言えば丁度私が大腸ガンの手術の為市大病院に入院していた時で、
連絡が取れず彼の死も知らず、婦人からの年賀辞退のハガキに驚き、
死後半年近くも経った頃弔問に伺う事になりました。

田中君とは入社以来の親友で、独身時代は山歩きやドライブやらで何時も一緒に
行動しておりまして、彼が佐恵子さんと結婚する時は、
披露宴の司会を私が務めたりした仲なのです。

大阪から嫁いで来た佐恵子さんは大変な美形で、彼の結婚式に望んだ時は、
憧れの気持ちで彼女を見続けて居りました。

私は26歳の時会社を辞めて独立しましたが、彼はその後もその会社に勤め続けて、
部長職を最後に定年退職いたしました。
定年退職を祝って私達夫婦と田中君ご夫妻と四人で会津磐梯山へ二泊旅行を
したのが最後の思い出として残っています。

その時の佐恵子さんの美貌は衰えて居らず、一度だけでも夜のお手合わせを
願いものだと内心思ったことでした。

それが、彼の死によってたった一人の寡婦として気丈に生きる彼女に会い、
彼女の為に何かをしてやらねばという気持ちに成りました。
弔いの言葉を述べ、仏壇に手を合わせると彼女は涙を押さえておりました。
体全体から淋しさを感じる事が出来ました。

それは私に更に、彼女への元気づけ、奉仕の気持ちを昂ぶらせました。
そっと彼女の肩を抱いて、
「淋しくなりましたが頑張って下さい。何なりと相談に乗りますから、
 何時でもお申し付け下さい」と言うと、彼女は更に激しく泣き続けました。

私は仕方が無いので彼女の美しい顔を上げさせ、
涙に濡れた顔にそっと口づけし、更に柔らかく彼女の口にキスしてやりました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 未亡人のセックス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

旧友の妻(未亡人)を愛して。其のニ

人妻の不倫33
しなやかな指で撫でる様に弄ばれて、私のチンポは浅ましい程ビンビンに勃起してきました。

「まあ、元気な事、これが主人と比べられた煙草の箱に入りきらなかったチンポなんか、
 久し振りに見たわ、なァ、早よう下の口へ入れて味見してみたいわァ」
其のうちに佐恵子さんは熟女(浪花女)独特の厚かましさが出てきて、
臆面も無くスケベな事を口にするので、
「じゃあ、さっさとオメコだけ洗っておいでよ。ベッドで待ってるから」
私もスケベ言葉でそれに応じて、佐恵子さんの体を離して部屋へ戻ると、
裸でベッドへ潜り込みました。

ほどなく、佐恵子さんも入浴を終えて部屋へ戻り、
直ぐに私の隣へホカホカとした体を横たえてきました。
「なあ、折角風呂に入ったんやで、舐め合いしましょうか?」
耳元で囁くように佐恵子さんが誘ってきます。
「いいなあ。それじゃあ、佐恵子さんのフェラテクのお手並みを見せて貰おうか」

その言葉を待たずに、佐恵子さんはオメコを私の顔にぐっと向けて跨り、
腰を浮かすようにしてペニスの根元を握って、スポッと亀頭のくびれまで口の中に含み、
裏筋をなぞるように舌先で巧みに舐め始めました。

一方、私の目の前には、パックリと口を開けたオメコが部屋の鈍い灯りを受けて、
微妙な陰影を作り、既に淫汁を溢れさせて、ピクピクと蠢いています。
佐恵子さんは風呂を出る時、香水か何か香料を下腹の辺りへもつけて来たと見えて、
オメコの周りから微かな芳香が漂って、頻りに私の男心をくすぐって来ます。

垂れ下がった小陰唇を両手の指で大きく左右に押し広げ、先ずサネの裏から
膣口まで、一気に舌を這わせて、ペロ、ペロ、ペロッと舐め上げると、
「ウグッ、ウグッ」と口を鳴らし、呻き声を上げながら、頻りに尻を振り立て、
悩ましげに腰をくねらせてきました。

やがてスポッスポッ、スパスパスパと唇を窄めてチンポを吸う音と、
ペチャペチャというオメコを舐める音の卑猥な交響楽が続いて、
私達は「舐め合い」に夢中になって行きました。

「さァ、もうソロソロチンポを入れさせて貰おうか」
と、私が佐恵子さんの尻を叩いて合図すると、
「わたし、もう直ぐイキそうやで、お願い、(茶臼)で先に一度イカして頂戴」
とそのまま向こう向きに成って、私の腹の上に跨り、ピンピンに勃起したチンポを
握って亀頭の先で、二度、三度と膣口の辺りを擦ってから、グイと腰を落として、
固く怒張したチンポを半分ほどオメコの中へ飲み込みました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 未亡人のセックス
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]

旧友の妻(未亡人)を愛して。其の三

人妻の不倫36
「あんたが何時までもクジッとるさかいに、またしとうなって来たやないの」
と佐恵子さんは私の耳元で囁きながら、待ちきれない様子で大きく股を開いてきました。
そこで再突入を決め、ワンワンスタイルにての挿入を希望しました。

起き上がってチンポにしごきを入れてから、佐恵子さんの尻を掴んで一気にズボッと
毛際まで差し込みました。結合部を確り見ながら出入りを繰り返します。
「あァ、やっぱりええチンポやワ。子宮の奥まで、ズキン、ズキン感じるわ」

チンポの出入りにつられて淫汁とチンポとオメコの接触音が泥田に裸足を入れる音に
似てポチャポチヤ、クチャクチャと響き、淫音により刺激が更に高まります。
彼女は顔を布団に押し付けて、私の腰の動きに合わせるように、
激しく尻を前後左右に振り続けます。
「なァ、こんな気持ちのエエこと、誰が考えついたんだろなア?
 あんた、そう思ったこと無い?」
「神様が、女が妊娠で苦しむ事の引き換えに、
 官能の喜びを男より強く味わえるように、してくださったのだよ」
「ほんまに?」

そんな他愛も無い事を喋っているのも束の間で、やがて佐恵子さんの眉間に
皺が深く刻まれたと思うと、
「あァ、もう我慢出来しまへん。あァ、エエ、エエ、あァ、エエわァ」
と一際高いヨガリ声をあげて来ました。

「そうか、イイのか?そんなにイイのか?
 どこがイイんだい、佐恵子、何処がイイのか、言ってみな」
「あァ、オメコ、オメコ、オメコよ。たまらんよ。あアッ、
 オメコがエエんよ。あアッ、もういや、いや、いやッ」
と、泣きじゃくるような声を出し、膣の奥がグイ、グイッと締まったと思うと、
子宮の奥からドロッとあついものを弾きだして気を遣りました。

膣の中の秘肉がチンポに絡みついて、締め付けるように蠢くその激しい快感に、
私もチンポの先を膣の奥の膨らみへ押し付けるようにして猛然と腰を使い、
やがて目くるめくような快感に打たれて、ドビュツ、ドピユッ、ドビユッと射精しました。

全身を貫くような快感の嵐の後は、十分な満足感が訪れて、
流石のチンポも急激に萎えてきます。
「先刻はあんた何時イッたのかわからへんだけど、今度はハッキリ判ったわ」
チンポが抜け出るのを防ぐように股を閉じて、佐恵子さんは下からそう言って、
満足そうに微笑むのでした。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 未亡人のセックス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

旧友の妻(未亡人)を愛して。其の四

人妻の不倫39
その凄まじさに私はただただ呆れる思いで、ピンピンに怒張しているチンポを
挿入する気持ちも失せてしまうのでした。
やがて静かになった佐恵子さんのオメコから四本の指を抜いてみると、
まるでふやけたようになって、ぽかぽかと湯気が立ち上がってくるのでした。

「人にばっかり気ィ遣らせておいて、自分は知らん顔して、厭なひと」
暫らくして薄目をあけると、佐恵子さんは気怠そうな声でそう言います。
「もう、オメコが痺れたようになってしもうて、あと、使いものにならへんかもしれんよって・・・」
「そんな事、ないて。ちょつとやすんだら、今のこと忘れたように、して、して、と言うはずだよ」

私の言葉に、佐恵子さんははにかんだような笑みを口元に浮かべ、
萎え始めたチンポを掴んで来ました。
「それ見いな、さっき迄ピンピンしてたのにこんなに可愛らしうなってしもて」
「私のは大丈夫さ。これからまだまだヒイヒイ言わせてあげるから」

その言葉のとおり、佐恵子さんが一寸チンポの包皮を上下に擦ると、
忽ちカマクビを持上げて、ビンビンに勃起してきました。
「まァ、頼もしいこと!今度は、もう指は止めて、是だけでエエ気持ちにさせてくれる?」
「わかったよ。その代わり私にも良い思いさせて呉れなきゃ駄目だよ」
「任しといて頂戴。奥の手出してサービスするさかいに」

先刻から何度も気を遣った後、その後始末もしていないので、
佐恵子さんの股の間は淫液でベトベトに汚れていましたが、
これほどのヌルヌルした淫液の中で、膣襞の凸凹が感じられるとは相当な「数の子天井」
だと私は改めて胸躍る思いでした。
「佐恵子、本当にイイオメコしてるよ。亭主は気が付かなかったのかなァ」

佐恵子さんの耳元へ口を寄せて、得意の褒め言葉を囁き掛けてやると、
それに応えるかのように膣内の秘肉がジワッと絡みつき、
纏わるように指を締め付けてくるのでした。

「なァ、指で弄るんはそれくらいにして、早よう入れて、なァ、早よう、チンポ入れて」
佐恵子さんはじれったそうに、握ったチンポをオメコの方へ引き寄せる仕草で、
腰を摺り寄せてきました。
「え?佐恵子、何だって?何して欲しいて?」
私はわざとそう言って相手を焦らしながら、一段と激しくGスポットの膨らみをくじり立てます。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 未亡人のセックス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

旧友の妻(未亡人)を愛して。其の五

人妻の不倫42
乱れに乱れ果てたそんな佐恵子さんの姿を目にすれば、若い頃なら忽ち気をやってしまう
ところですが、そこは永年修練を積んだ賜物で、少々の事でへこたれるそんな柔な
チンポではありません。ここで気をヤってしまうようでは男の恥とばかり、
腹の底から沸きあがって来る快感を何度も何度も押し沈め、女の快感の壷を擦りながら、
ズボリ、ズボリ、ズボ、ズボ、ズボと、休む暇なく早腰を使い続けます。

気を遣り終えて、暫らく失神したようになっていた佐恵子さんは、私の激しい腰遣いに、
そっと物憂そうな薄目を開けて私の顔を見上げ、再び、下から腰を動かしてきました。
「あんたって、ほんまに強いんやナア。ウチもう、何遍も気イやらされて、ヘトヘトやワ」
「折角久し振りのオメコするのに、佐恵子、もっと頑張らなくちゃ」
「これが、ほんまのオメコする言うことなんやなあ。ウチ、初めて知ったわ」
「そんなら、佐恵子はこれまでどんなオメコしていたんだい?」
「どんなて、そらもう、あっさりしたもんやわ。こんなに何遍も何遍も
 気イ遣らせられた事なんか、あらせなんだった」

そんな事を喋りながら腰を使っている内に、佐恵子さんの口から悩ましい喘ぎ声が漏れ始めて、
再び眉間へ深い皺をきざんで来ました。
「あァ、エエチンポやわァ。ほんまにエエチンポや」
佐恵子さんは喘ぎながらそんな事を口走り、再びオメコをヒク付かせて、
膣内の秘肉をチンポの一番敏感なところへ絡ませるようにして締め付けて来ました。

「佐恵子だって素晴らしいオメコ持ってるじゃないか、
 こんな上味のオメコには滅多に巡り合えないよ、百人に一人の名器だよ」
それは私の心の底から出た言葉で、何度も気をやった後でも、
その締まり具合は衰える様子が有りません。こんな名器の持ち主の佐恵子さんを
古い友人で有った田中から譲り受けられるのは無上の喜びです。

「あア、また良う成って来たわ。あア、エエわ、エエわ。
 あア、もう、どうしょう、どうしょう。あア、エエ、エエ、エエエ」佐恵子さんの口から、
引っ切りなしにヨガリ声が漏れ、私もゾク、ゾクとするような激しい快感を覚えて、
今はこれまでと、必死になって大腰、小腰に火を噴くようなピストン運動を開始します。

そのうち、佐恵子さんは激しい膣への摩擦と、サネ頭への執拗な刺激による
快感に耐え切れなくなってきたのか、上体を仰け反らせ私の背中に廻した両手で、
しっかりと抱き付いて来ました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 未亡人のセックス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 04  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。