PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 老いても尚女
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

60女の性器再開発。其の一

◇不幸を背負った女◇
夕立雲
今から30年前の話だが、当時私は37歳、其の年の夏の夕方、
用事がって福田しずさんがやっている店を訪ねた。しずさんは当時60歳、
亡き友人の母親であり、亭主に先立たれた未亡人であった。

しずさんは60歳に成っていたが小作りで色白、その上に愛嬌が良いせいか店はとても
繁盛していた。だが、しずさんは家庭的にはあまり恵まれなかったようだ。

しずさんの夫は根っからの遊び好きで、親の代からやっている店の仕事は、
しずさんに任せきり、昼日中から酒と女に溺れ、挙句の果てにはアル中になり、
酔って道路を横断中にクルマに跳ね飛ばされてあの世行きになった。

一人息子である私の友人も、店の仕事は全く手伝わず、グレて家を飛び出し、
挙句の果ては年上の性悪女に引っかかり、前の男と切った張ったの大喧嘩になり、
刺し殺されてしまった親不孝の大馬鹿者である。

亭主と息子に先立たれ、不幸な運命に押し潰されても仕方ないのに、
しずさんは弱音も吐かず頑張っていた。

蒸し暑い夏の夕方、しずさんと店先で話し込んでしまい、
気づくと激しい夕立になっていた。降り込む雨で商品が濡れるのを避ける為に、
品物を取り込むのを手伝い、戸を立てると狭い店内は品物で一杯になってしまった。

雨は激しく降り続き、空が一面に暗くなった途端、ビカッと稲妻が走り、
ガラガラ、ドシンッと雷鳴が鳴り響いた。
「うわっ、クワバラクワバラ」
しずさんは両耳を手で押さえて、品物の影に隠れ一生懸命に呪文を唱えている。
私はしずさんに近づき「大丈夫ですよ」と肩を抱いたが、
そのとき雷鳴が大きく轟き、近くに「ドカンッ」と雷が落ちた。

「きゃあ、助けて、ナムアミダブツ」
しずさんはお念仏を唱え、立っている私の腰にしがみ付いて来た。
私は安心させてやろうと背中を撫で、しっかりと抱き締めてやったが、思いがけない
抱き心地の良さに女を感じ、ついムラムラと欲望を燃え上がらせてしまった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 老いても尚女
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

60女の性器再開発。其のニ

◇雷鳴のとどろく中で◇
026
しずさんの胸元に顔を引き寄せられた私は、
シュミーズの肩紐を外して乳房をつかみ出し、乳首を含んで吸った。
片方の乳房を掌に包み込んで優しく揉んでいると、
しずさんは抱き寄せる腕に力を込め、胸を突き上げるようにして、
「あああ」と呻き始めた。

頃合いを見計らって、乳房を揉んでいた手を下へ這わせ、
ワンピースの裾から手を入れ、パンティの上から秘壺の辺りを擦った。
しばらく撫で擦っていると、しずさんが腰をよじって身悶えるので、
パンティの股布の脇から指を中に入れ、指を恥毛に絡めて撫で擦りながら
陰裂の周りを揉み込むと、指先に湿り気を感じた。

カーッと欲情の昂ぶりを感じ、体を起こすとワンピースの裾を捲り上げ、
パンティを脱がして、しずさんの両足を持ち上げて開き、剥き出しにした股間に
顔を近づけて包皮から少し顔を出しているオサネに舌を這わせて舐めた。

「ああ、ダメ、ダメよ。そこ汚いわ。お願い、止めて」
しずさんは小娘のように性器に接吻される事を恥かしがり、
腰を揺すったり私の頭を押した。
「ねぇ、お願い、ここで抱いて」
しずさんは我慢出来なくなっている事を訴えた。

オサネを吸い、オマンコを舐めていた私も挿入したくなっていたので、
股間から顔を上げると、しずさんの両足を肩に掛け、
淫液に濡れそぼる秘壺に勃起しているマラの先を押し当て一気に突き入れた。

「ああ、入ってる。あたしの中に入ってる」
マラの根元まですっかり嵌め入れたとき、しずさんは歓びの声をあげた。
「痛くありませんか?」
「痛くないけど大きいからキッイわ。ああ、嬉しい、まだまだ女だったのね」

しずさんは久しぶりの性交だったので、オマンコにマラを受け容れられるかどうか
本気で心配していたのだろう、しっかり交接できた歓びを素直に口にだした。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 老いても尚女
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

60女の性器再開発。その三

◇アナルの腰使い◇
つぶし独楽掛け01
夜、暗くなってから店に入って行くと、しずさんは風呂を沸かし、店を片付ける。
私が風呂に入っている間に二階に布団を敷き、後から風呂に入って来て、
「背中を流します」と、まるで可愛い世話女房である。

しはばらくすると風呂場は二人の前戯の場となった。
互いの体を洗う事で性感帯を愛撫し、また新しい性感帯を発見していた。

アナル性交をしたのも、風呂場でいちゃついている最中の偶然からだった。
手に石鹸を塗り、しずさんのオマンコを愛撫洗いしていた時、
手が滑ってアナルに触れたが、別段嫌がりもしないので、アナルにヌルヌルの指を当てて
くじっていると、つるりと指が中に入ってしまった。

しずさんは「あっ」と声を上げたが、逃げ腰にはならなので、アナルに入れた指を動かして
穴の中をこね回した。しずさんの息づかいが荒くなり、感じ始めているのがわかったので、
「挿れてもいいか?」と訊くと、「貴方が汚いと思わないなら可愛がって」と承知してくれた。

私は勃起しているマラに石鹸を塗りたくり、しずさんを四つん這いにすると
アナルに押し当て一気に突き入れた。

しずさんのアナルがマラを飲み込むコッを知っているような気がして、
「尻の穴は初めてじゃないの?」と訊くと、
「亭主に無理矢理入れられたことがあるの」との返事だった。

亭主に、しかも死んだ亭主にヤキモチを焼くのは、
筋違いだし馬鹿みたいだとわかっていても、
アナルまでやられてると知って嫉妬心がこみ上げ、
マラの抜き差しに力が入った。

「でもね、ああっ・・・感じたのは初めてよ。
 お尻の穴で気をやりそうになるなんて・・・ううっ、気持ちいい。もっと突いて」
しずさんは四つん這いの尻を前後に動かしマラを締め上げた。

直腸粘膜の蠢きも気持ちが良くて、アナルの奥まで突き入れると
ドバッとばかりに吐精したが、入口の締め付けがきつく、
マラはアナルの中でまだ硬さを保っていた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 老いても尚女
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 06  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。