PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 母娘(おやこ)丼
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

楽しい菜園作業。其の一

投稿者。北海道在住・ANさん(70歳)

◇昼食後に
fujika1.jpg
私の住む隣町に、今は借家人も無く十年近くほったらかし成っている古い家があった。
そこの家主から「雑草の手入れをしてくれないか」と頼まれた。

「期日を決めないで気の向いた時で良ければやってあげましょう」
と私は気安く請け負った。
家主は私の住む地区の可也の土地を所有する昔からの地主でもある。

地主の年齢は私より一回り年上の82歳、奥様も健在で、
家族的な付き合いを長年続けている。
簡単な貸し家の修繕等を時々頼まれてやってあげる事もある。

仕事の合間を見てはボチボチと進めた雑草取りも、終盤に差し掛かった頃、
隣の家の年配の奥様から声を掛けられた。
「小父さんは、シルバーセンターから来てるんですか」
『いぃや、地主さんから頼まれてね、手の空いた時に来てやってるのですよ』
「家の庭の手入れもお願い出来ませんか?」
『私は是でも仕事現役、と言っても今は息子に任せていますが、時々工場を
 見てますから、何時までと日にちを決められると困るんですよ』
「今は雑草に覆われていますけど、主人が生きていた時は、
菜園として手掛けて居たので、小父さんが続けて呉れるなら又
菜園を復活させてくださいませんか」

私は作業の手を休めて、隣家の庭を見て見ることにした。
土地は100坪程の処に、夫人の住む屋敷と娘と孫が住む別棟が建っていた。
夫人は未亡人。娘は二人の子供を抱えたバツ一。
男手が無い為か庭や菜園は手入れが行き届かず荒れていた。

根が助平な私は、「こりゃ、状況次第では、母娘丼にもありつけるぞ」
と菜園の再生と庭の手入れを承諾した。
未亡人は“新舞踊”の家元とかで昼間は出稽古で殆ど家に居ないとの事。
娘さんはスナックを経営していると言う。

五月の上旬。待ちに待った菜園の季節になった。
庭の草むしりは前もって終わらせていたので、いよいよ菜園の手入れだ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 母娘(おやこ)丼
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

楽しい菜園作業。其の二

◇欲求不満気味な若奥さん
小林ひとみ004
腰を動かすたびにオッパイが大きく揺れる。
「近頃、うちの旦那ったら、ちっともかまってくれないのよねぇ。
 小父さんだって時々、仕事に来てくれているからわかるでしょう」
『そうらしいですね』
「不景気で首がまわらなくって私にかまっていられないんだって、
 嘘なのよね。若い女が好きな人だし、やっぱり年だから、イヤなのかしら」
『なに言ってるのですか。本物の色気が出ていますよ』

いきんで肉溝の中の竿を動かしてみせる。串刺し状態でひと息ついていた若奥さんは、
「うふん、小父さんのチンチンって、たまらない」と大腰をゆるゆる回す。
背に腕を回ししっかり抱きつく。下半身に痙攣が走り震え、
お互いの股間の肉がイヤらしい音をたてる。

「ああ、目茶苦茶気持ちいい」
肉襞がリズムをつけて心地よく私の逸物を締め付ける。
其の度に粘液が滲み出し、私の逸物を濡らし、卑猥な音をたてる。
『奥さん、いいよ』耳元で呟くともなく囁く。

「ああ」若奥さんの背中が反り返り、下腹部に大波が立つと同時に肉襞が締まった。
白目を剥き、顎があがり、失神状態となる。
慌てふためくが、すぐに息を吹き返し、若奥さんの体の硬さも解けた。

安定しない体位のせいで、私は放出できずに取り残された。
抱いた若奥さんの体は気持ちが悪いほど汗に濡れ、肌が火照っている。
「よかったわ、久しぶりで」
女盛り、欲求不満だった若奥さんの本音だろう。

私は体を離し、萎縮しはじめた逸物を抜き、傍らのボックスからティッシュを取り、
股間の始末をしてあげる。始末の終わった後に、若奥さんはティッシュをその肉溝に
宛がい奥のベッドへ行った。
私は不完全燃焼であったが、そのままソファに横になり、昼食後の仮眠に入った。

腰に力が入らず、午後の残りの作業も侭成らない。
後日、片付けるからと其の日は帰宅した。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 母娘(おやこ)丼
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

楽しい菜園作業。其の三

◇若奥さんの性欲にタジタジ
h_066fax00391jp-17.jpg
乱れまくる姿態を隠そうともせず、喘ぎながら私の逸物をオマンコで貪る若奥さん。
「ねえ、小父さんも、私みたいに気持ちいい?」
『うん、いいね。とっても』
若奥さんは夢中になってお尻を振り続ける。

女の下で楽なマグロも芸が無い。
ちょっと試しに下から腰を使ってみた。初手は合わないタイミングだが、
三、四度するとグッドタイミングとなった。
「ああっ!そう、もっと、もっとよ。もっと一杯強く突いて、お願い、小父さん」

パトロンとの不満をぶちまけるように、喘ぎ悶えまくる。
「イキそうなの?いいわよ。このままイッて、私のオマンコのなか、満タンにして」
言うなり、上になっている若奥さんはお尻を激しく振り立ててる。
背筋に男の快感が這い上がる。熱い衝撃が尿道を走る。
尿管を締め付けていた筋肉が一挙に緩んだかと思ったら、
粘液がそこを疾走、若奥さんの中で勢い良く弾けた。

「あっ、イッちゃったのね、小父さん。ねえ、どうだった。気持ちよかった?」
『よかったよ。久し振りだったからね』
飛沫が飛びそうなくらいの汗にまみれた若奥さんは
私の上に倒れ込み、口付けをする。

抱き合ったまままどろむ。気がつくと股間が生温かい。
『えっ、またするの、奥さん』
「そうよ、小父さん、もう年だから、スタミナ切れだと思うけど、
 しゃぶってあげれば、また出来るわよね」
若奥さんは簡単に引き下がりそうにない。

それから、時間延長、若奥さんは欲求不満を晴らそうと逸物にしゃぶりつき、
勃起するとオマンコに嵌める。最後は逸物も腰もげんなり。
立たない惨めな状態となった。

それ以降、未亡人とのセックスも致さなければ成らなくなり。
私の都合も聞かず、我儘かって、気ままに呼び出されては、
二人の穴掃除を仰せつかる羽目になり、
菜園の手入れは一向に捗らぬ状態でございます。
END


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 母娘(おやこ)丼
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

慰安旅行で起きた母娘乱交。其の一

画像 471
私は10年前、31歳の時に跡継ぎ男子の居ない叔父(父の兄)に強く望まれて、
河野家の長女である康子当時28歳(従兄妹同士の関係になります)と結婚し養子に入りました。
父の実家は昔からの、この辺り一体の地主で広大な田畑や何軒もの借家やアパートを持ち
叔父は建築業と不動産業の免許も持ち手広く事業をしているやり手でした。

一級建築士の資格を得て、県庁の土木課で働いていた私に白羽の矢が当たったという訳です。
しかし、私と康子の縁組を済ませると、
それを待って居たかのように呆気ないくらいに義父が卒中によって亡くなり、大きな家には義母と
義妹と私たち夫婦の四人が同居することになりました。

突然の事だったので、建築業は実父が引継ぎ、不動産業は義母が名義だけの社長になり、
実務は専務である義母の弟が仕切る様になりました。私は公務員の地位と安定性が捨てきれず、
一級建築士としてのアドバイスはしますが、身柄は其の侭サラリーマンを続ける事にしたのです。

最初の数年は何事もなく過ごしてきましたが、私が鈍感で気がつかなかったのか、
義母と義妹の態度が微妙に感じられる様になりました。
義母は現在59歳で、義妹は未だ未婚の34歳です。

義母は折衝事が苦手な性分らしく「私は百姓が肌に合ってるからと」と
自家消費の米や野菜作りに精を出しています。
私も役所が休みの時には進んで野良仕事を手伝います。

義妹はそんな義母の名代見たいな存在で毎日不動産業の事務所に出勤して経理事務を
取り仕切って居ります。従業員からは煙たがれる存在ですが、私の言うことは素直に聞いてくれて
良く私のアドバイスを求めてきます。

妻は子育てと家事に追いまくられています。

去年の秋でした。建築業界と不動産業界の合同の慰安会が開催され、
本来なら実父と義母の弟が参加する筈でしたが、実母が体調を壊して伏せておりましたので、
実父は代理に私を行かせることにしたのです。
そしてどう話が出来たのか判りませんが、義母の弟も辞退して、
義母と義妹が同行する事になったのです。

3泊4日の北海道旅行で、総勢57名の参加でした。
私は本来こうした旅行は余り好きではありませんが仕方がないと納得しました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 母娘(おやこ)丼
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

慰安旅行で起きた母娘乱交。其の二

義妹のフェラ
私が寝転ぶと、真っ先に義母が私に抱き付いてキスをしました。
そして、私のチンポを握り
「うふっ、大きくしちゃって、素敵よ、賢治さん」
と言いながら扱き始めました。
「ほしかったのよぉ」
自分のオマンコに唾をつけ上になって入れました。
義妹はそれを見て自分の胸を揉んでいました。

義母は酒臭い息を吐きながら、自分を高め、上り詰めました。
私は未だいっていません。側に居る義妹を抱き寄せ上になりキスをし、
乳房を揉みしだいて股を探ると、よく濡れていました。

「私にも握らせて」
私のチンポは益々硬くなってきました。
「姉ちゃんとは、うまく言ってるの?」
ふいに彼女が訊いてきましたる。
「うん、まあね・・・」
「嘘ッ、お義兄さん、ほったらかされているんでしよ。私には判るのよ・・・
 昔から姉ちゃんて自分勝手な人だったからね」
「・・・」
私は黙って、彼女の快い手の動きにペニスを委ねていました。そしたら、彼女が、
「姉ちゃん、子供が出来てからあんまりセックスもさせてくれないんでしょう?
 溜まってるんじゃないの、お義兄さん・・・こんなことしてもらった事ある?」
と言うなり、私の尻を両手で引き寄せ、ペニスに唇を這わせて来たのです。

「あッ!」
声をはなった瞬間、生柔らかな舌が亀頭に絡み付いてきました。
「ううッ・・・!」
ズキンと疼きが脳天まで駆け上がって、私は腰を震わせていました。

「これがお義兄さんの匂いね、ちょっとオシッコの匂いがするけど・・・」
恭子(義妹)がゾクッとするほど艶っぽい眼で私を見上げました。
それからペロペロと亀頭を舐めたかと思うと、中ほどまで咥え込んでいてきました。

ペニスが豊かな粘膜に包み込まれた。結婚以来、妻の康子は一度として
尺八をしてくれた事がない。新婚当時もである。
私はして欲しいと思った事は何度もあったが、康子は私に奉仕して
喜ばせてやろうという気は全然持っていなかったようです。

それで私は口に出して尺八を求める事も無かった訳ですが、
矢張り心の底では婿養子としての遠慮があったからかもしれないのです。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 母娘(おやこ)丼
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

慰安旅行で起きた母娘乱交。其の三

smac_g031003.jpg
指2本、そして3本へと試してみました。
義母は恐る恐るそれを見つめていましたが、私の指が根元まで挿入されると目
を閉じてしまいました。
そして指の動きに反応して、
「あぁ・・・壊れるよぉ・・・」
と、言葉とは裏腹に腰を浮かして悶えていました。
私は手を止めて義母にフェイントをかけてみました。

「お義母さん、こんなになっていますよ」
義母はうっすらと目を開けてドレッサーを見ました。
私はタイミングを見計らって、指を激しく動かしました。
義母は自分の肉穴が本当に指3本で犯されているのを確認し、激しい刺激にのけ反りました。

「あぁ凄い!」
「・・・」
「・・・壊れるよぉ・・・もうだめぇ!」
私は手を休めませんでした。
浮き上がる義母の腰。のけ反る体。
それでも義母の内臓を掴んだ手は離しませんでした。

「壊れるよぉ!・・・だめぇ!だめぇ!」
「・・・」
本当に大丈夫だろうかと思いながらも興奮していました。
「うぅぅ・・・これ!・・・これぇ!」
義母は私のペニスを強く握り締めて低い声で叫びました。
私のこれをどうして欲しいのかと言うつもりで、
さらに義母の内臓を乱暴に責めたてました。

「もう入れて、賢治さんのおチンチン入れて」と泣きながら訴えてきました。
私は再び大きくなったペニスを差し込み、大きくグラインドしながら義母を攻め、
そしていかせました。私は三度目の残り少なくなったザーメンを義母の中に出しました。
そして眠り着きました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 母娘(おやこ)丼
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。