PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 純愛小説
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

「加筆再構成」雪乃その恋。其の一

20050601043640bara02.jpg
登場人物の紹介
主人公         雪乃37歳(現在の年齢)
雪乃の母        照代59歳(同じく)
雪乃の叔母(母の妹)  美代子48歳( 同じく )
美代子の夫      哲也50歳( 同じく )
中学時代の恩師     高野治夫60歳( 同じく )

プロローグ
雪乃には人には言えない「性体験」があった。
其れは雪乃が小学6年生の時であった。

雪乃に取っては「曽祖父」に当たる圭三爺さんが亡くなって、
その通夜の晩、集まった30人程の親戚が、
通夜の客が途絶えた頃、「一眠りしよう」という事で、
二階の三室をぶち抜いて布団を敷き、
雑魚寝の様に寝付いた時であった。

雪乃は胸に重たさを感じて目を覚ましたのだ。
隣には母の妹(美代子)の夫(哲也)が眠っている。
その哲也の手が、未だ膨らみ掛かったばかりの雪乃の
乳房の上に有った。

「いやらしいお兄ちゃん(雪乃は叔母で有る美代子を、
お姉ちゃんと呼び、哲也をお兄ちゃんと呼んでいた。
「手を退かしてよ」と心の中で思いはしたが、声に出してはいえなかった。
哲也からは鼾も聞こえ「わざと遣っている」様には思えなかったので、
ここで騒いで恥をかかせては、と六年生乍気を使う女の子であった。

身体を横向きにして、哲也の手をそっと払い退けるだけだった。
そして眠りに付こうとしたホンの数分の後、又しても哲也の手が
伸びて来た。、今度は大胆にも横向きに成った雪乃の尻の辺りに
触れてくるのだ。

そしてパジャマのズボンのゴムに手を掛けて来るではないか。
 雪乃は身体をずらして逃げようとしたが
 隣には弟の健一がピッタリ寝ていて身動きが出来ない。
 その内に哲也の手はパジャマの中に入り下着越しに雪乃の尻を
 触って来るのだ。

「辞めてよ」と小声で哲也に向けて言うと動きは辞めたが、手は尻に
触った侭である。
「声を出すわよ」と再び咎めると哲也は手を引いた。
其れからは雪乃は一睡も出来なかった。

そして朝に成って気付いた事は下着に薄っすらと染みが出来ていた。
哲也の行為に雪乃は濡れて仕舞ったのだ。
  1. 純愛小説
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「加筆再構成」雪乃その恋。其の二

第二章
hqdefault.jpg
中学時代の雪乃の成績は何時もクラスでトップ、
全校生の中でも一位、二位を争う程に優秀であった。
男友達の噂も無く成績は優秀でクラスメートからは「ガリ勉」
とあだ名されるほどで有った。

高校受験を控えて、「志望校は決まったか」の高野の問いに、
母子家庭の経済事情では雪乃の描いている「夢」を
母親には語る事すら憚れる気がして、雪乃は悩んでいた。

学友は皆夫々の「志望校」を決めて、それなりに受験体制
に取り組んで居る中で、一人雪乃は毎日が悶々とした侭で過ぎていく。
そんな雪乃の暗い表情に気付いた高野は、放課後ジックリと
話を聞く機会を作ってやった。

「雪乃、今のお前の成績なら、県立はおろか私立の有名校だって
合格は間違いないぞ」
「何か心に思う事が有るなら言って見ろ」

「先生、私は将来医者に成りたいです」
「医者になって、無医村の過疎地に行って、老人や子供、
医者が居なくて子供も生めない、と悩んでいる人達の
手伝いがしたいんです」
「でも今の私の家の経済状態では医学部は目指せません」
「こんな話を母にすれば、母を追い詰めるだけで
これ以上母に苦労はさせられません」

「雪乃の夢は素晴らしいと思うよ、良く話して呉れたね」
「その夢は是非実現させたいね」
「母子家庭に対する「奨学金制度」は「国や県や市」の
公的制度も色々有るし、私的財団などの助成制度も
調べれば有ると思うよ」
「俺が徹底的に調べてあげるから、お母さんにもお前の
夢を話して上げなさい」
「お前の夢を実現させる為にも、家族の協力は不可欠だよ」
「学費の負担はお母さんにさせずに、お前が世の中に出てから、
おまえ自身が返済して行くんだよ」

「そんな事が可能ですか」

「可能さ、世の中は良く出来たもので、努力する人間には
必ず救いの手が用意されて居るものだよ」
「俺の教員生活の中でも、雪乃位優秀な生徒は居なかった」
「学費など事は俺に任せてお前は勉強の事だけ考えて居ればいい」


そして数日後、授業が終った時に高野は雪乃に語りかけた。
「雪乃、幾つかの資料を取り寄せたから、お母さんの都合を
聞いて、一度学校に二人で来てくれ、早い方が良いが、
今週末、如何だろうか」

「母はパートで働いてますが、先生から話が有ると言えば
何時でも時間は作って呉れるはずです、今日帰ったら
話してみます、土曜日で良いですね」

「あぁ昼一番で来てくれる様に話してご覧」

20年も前の未だ雪乃が中学時代は、
今の様に隔週5日制等では
無く午前中は毎週授業が有る時代で有った。

  1. 純愛小説
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「加筆再構成」雪乃その恋。其の三

第四章
145187398_thumbnail.jpg
「高校に入ってもアルバイトはほどほどにして学業優先で行くんだよ」
「学費等の事は気にしなくて良いんだからね」

「はい、解かりました、母と相談して志望校を絞ります」

「うん、、とりあえず資料は預けるから良く考えてご覧、私のプランに
拘る事は無いからね」

一時間程の面接を終わり雪乃と照代は連れ立って学校を後にした。

家に戻った雪乃と照代は弟の健一を交えて、夜遅くまで話し合った。
経済的な事を考えれば公立高校から国立大学を狙うのがベストかも
知れないが、今の学校では成績優秀と言われていても、県レベル、
国レベレで果たして着いて行けるか、途中で挫折すの様な事は無いか、
等色々不安も有る。弟の進学もあり、少しでも働いて母の手助けを
したいと言う気持ちもある。

国公立と私立の間では入学金や授業料+寄付金などで
5倍から10倍の程の開きが有り、母子家庭ではとても私学は無理
だとする母親に対して、雪乃は、学力や資金で行き詰まり、
万が一医者に成れないとわかった時点で「看護士や薬剤師・助産婦」
等医学に関する道に進む場合も考えて、高野の示した二つ目のプラン
「私立医科大学系列の高校からストレートで行くコースで
市内に有る聖○○大学の付属高校に入り大学までの奨学金+公的資金の
貸付制度を受けるコース」が良いのではとの結論に達した。

選んだ聖○○大学はキリスト教会系の学校で、海外にも多くの
姉妹校があり、海外留学や過疎地への医者の派遣事業等も
積極的に遣っている。僻地医療を目指す学生には、別途の
資金援助の道も有るとパンフレッドに書かれて居る。
医療の現場で働きたいとの思いが強い雪乃には、寄り相応しい
選択だと、自身に納得させた。
  1. 純愛小説
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「加筆再構成」雪乃その恋。其の四

第六章
img0125af2ezik3zj.jpg
今日は、合格発表の日で有る。
幾ら学年一の成績と言っても受験は別格である。
国語、社会、英語には自信が有ったが、
理数系に一抹の不安が有った雪乃は朝から落ち着かない。

高野から電話が有り、受験校の最寄り駅で待ち合わせしょう、という事に成った。
雪乃の家からは地下鉄と私鉄電車を乗り継いで横浜市の郊外に有る駅までは、
約一時間程の処にある、合格すれば毎日通うことに成るのだ。

駅で待つ事10分程で高野はやってきた。

「如何だ自信の程は」

「理数系が今一かな、と思ってドキドキしてます」

「まあ合格は間違い無いだろうけど、奨学金がもらえる得点まで行くかだな」
「上位10位以内に入れば奨学金は貰えるからな」

発表会場は講堂の中で行われ、合格者はそのまま業務課に行って、
入学手続きをする事に成っている、学費等は一週間以内に納める様にとの
事が案内掲示板に書かれて居た。

発表は受験番号と得点が上位から張り出されていた。
雪乃は500点満点で480点で上から5番目に位置していた。

「先生やりました」
「嬉しい!!」

雪乃のは全身で喜びを表して高野に抱きつき、そして泣き出してしまった。

「良かったな、是で夢に一歩近づいた訳だ」
「早速入学手続きしてこよう、金も用意して来て有るからな」

雪乃のと高野は一通りの入学手続きを済ませ、教科書を渡されて
学校を後にした。
駅前の喫茶店でコーヒーでも飲んで行くか、との高野の言葉に頷いて
二人は喫茶店に入った。
「どんな教科書だチョツト見せてみろ」

と言って高野は数冊の教科書のページを捲った。

「一年生の一学期は中学の復習みたいな物だな、是でどれだけ
中学の時の勉強が身に着いて居るかを確認するんだろうな」
「入試だけでは判らない、本当の実力が試される時だから
習った事だからと、毎日の勉強に手を抜くなよ」
「何事も初めが肝心、入学はしたけども途中退学する子も
一学期、二学期が一番多いと言うからな」
「少なくとも中学の時よりはレベルの高い人間が揃って居る訳だから
頑張って勉強しないと、中学では優等生でも高校で落ちこぼれ、
なんて事にも成りかねないぞ」

「はい頑張ります、先生是からも色々教えて貰いたい事が
一杯有ります、卒業してからも手紙を出して良いですか」

「あぁいいとも、雪乃の事は是からもずーと見守って行って遣るからな」

「嬉しい、何時までも何時までも見守っていてくださいね」
  1. 純愛小説
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「加筆再構成」雪乃その恋。其の五

第八章
imgaa8cdcb5zikdzj.jpg
新たな登場人物の紹介
高野治夫の妻   高野芳子(治夫より三歳年上の姉さん女房、53歳の若さで急性膵臓炎で亡くなってしまう、子供は出来なかった)

高校生活最後の夏休みの日、50通目の手紙が雪乃から高野の元に届いた。

先生夏休み如何お過ごしですか。
50通目の記念すべきお手紙を書きます。

高校生活最後の夏休みです。私は8月14日で18歳に成りました。
先生は私の事何時までも子供だと思って居るでしょう。
私はもう大人です。18禁の映画やエッチな本も堂々と読める年齢に成ったのです。

私の事を大人の女として見て欲しいです。
正直に言います。私は先生が好きです、私は男を知りません、未だ処女です。
でも私の身体は乳房もヘアーも並みの女性には負けません。
私の純潔は先生に抱かれるまでは守り通します。他の男には指一本触れさせません。

先日伊勢佐木通りの「一六地蔵のご縁日」に私は友達数人と歩いて居りました。
其処で浴衣姿の先生ご夫妻を、お見かけ致しました。
お二人で「植木鉢」をぶら下げて、仲良そうに寄り添って歩いて居ましたね。
私は何故か悪いものでも見てしまった様な気持ちに成って友達に隠れるように、
すれ違ったのです、先生も私には気付かなかった様で其の侭去って行かれました。

あの日の夜、布団に入っても、今頃先生は奥様と抱き合って、
セックスしているのだろうかとの妄想に取り付かれ、
イライラして中々寝付かれませんでした。
私は奥様に嫉妬して居りました。
そして気付けば、私の指はアソコに触れてオ○ニーしていたのです。
こんな女は嫌いですか。私の事を見捨てないで下さい。

でも先生との約束した「夢を実現」するまでは我慢します。
大学を卒業して医師免許を取った暁には私を抱いてください。
私は先生が大好きです、愛しています。      雪乃より


高野よりの返信

雪乃さまへ
貴女の気持ちは有り難く頂いて置きます。
でも「愛しています」などとは軽々に言ってはいけません。
私と雪乃との間には23歳もの年齢差が有るのですよ、
親子ほど歳の差と言っても良いでしょう、そして私には妻が居るのです。
私は妻を愛していますし、愛してやらなくてはならないのです。

私の妻、芳子は三歳年上の姉さん女房ですが、
元は教師で組合活動の中で知り合いました。
知り合った当時の妻には婚約者が居りまして、
結婚直前だったのですが、そんな芳子を私は愛して仕舞い、
略奪するように婚約者から芳子を奪い結ばれたのです。

そんな芳子は子供の生めない体なのです。
妊娠しては流産し、妊娠しては流産し、の繰り返しで、其のだびに身体を
衰弱させて行くので、「不妊手術」で妊娠しない身体に成っているのです。
以後私達の間では、子供の話はしない様にしています。
子供の生めない身体に対する負い目が有るのか芳子は私に尽くしてくれます。
そんな芳子を裏切る事は出来ません。

雪乃はまだまだ将来が有ります、今の雪乃の侭で成長して行けば
必ず素敵な男性が雪乃の前に現れますよ。
その時は雪乃の夢をその男性と共に手を携えて実現させない。
私は何時までも遠くから雪乃を見守っていますよ。   高野より
  1. 純愛小説
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「加筆再構成」雪乃その恋。其の六

第十章
13901976961031.jpg
健一の怪我に寄る入院は二度に渡る手術と、リハビリ期間を含めて三ヶ月を要した。
松葉杖を使っての自力走行が出来る様になるまでが半年、外出の時は、
車椅子が当分必要となり、学校も半年間休学する事となった。
母親もパートを辞めて健一の看病しなければならず、
生活費の困窮も目前の課題となってきた。

こんな時ににも親身に成って相談に乗って呉れるのは高野しか居ない。
当時高野は、某県立高校へ転勤していて、住まいも茅ヶ崎市に引っ越して居た。

雪乃は高野の住まいを訪ねた。
事の経緯を一通り聞いた処で高野は言った。
「うぅ雪乃も大変な荷物を背負ったな、
後一年経てば大学卒の資格だけでも取れるのにな」
「今大学を辞めてしまえば、高卒としての資格しか残らないもな」
「奨学金の債務も残るし、色々大変なことを処理していかなくては成らなくなるぞ」
「大卒の資格はお前ぐらいの頭が有れば資格認定試験でカバー出来るだろうが
金の問題は今後の負担に成るよな」
「今の大学の教授とも相談してご覧」
「今俺が考えられることは、一先ず大学は休学扱いとして貰い、
何年か後に3年か4年に編入させて貰って復学することだな」

「ゼミの教授にも相談してみますが、そんな事が出来るのでしょうか」

「そう言う例は結構ある筈だよ、特に成績の優秀な人間は大学でも
将来の教授候補などに「唾」を付けて置くためにも、学籍は其の侭にして
外国留学や他の大学への国内留学とか、民間企業への研究開発要員として
人材派遣をして居る例もある、それらは殆どが大学院生だけどな」

「一つサンプルリングしてみようか、雪乃の夢を将来に渡って叶える為にも、
保健師に成ると言うのは如何だ、其れとあわせて地方公務員試験の二種
を取ると良いよ、そして保健所や養護施設などで老人や障害者の介護の現場
を経験する事は決して無駄な事ではないしな」

「何れにしても今の状況では、
弟さんが退院してきてから、家に居る事になれば
その介護のためにお母さんは働け成るよな、
お母さんに変わって、雪乃が家族を養って行かなくては成らないから、
先ず働く所を見つけなければな」

「退院は何時頃に成りそうだ」

「来年の二月末頃に成りそうです」

「其れでは大学の三回生までは終了出来るんかも知れないな」

「役所関係は中途採用は余り遣らないから、
今から資格試験の準備をしてご覧、巧く行けば市の保健所
に就職出来るかも知れない。」
「俺も職員組合を通じて色々な処に話の出来る仲間が居るから
根回しはしてあげるよ」

「今回の出来事は、お前が夢を実現させる為に「天が配剤した」
チャンスかも知れないよ、災い転じて福となす、言うからな」
「挫けずに頑張れよ」
「先生の話を聞いて居ると勇気が湧きます、負けません、頑張ります」

雪乃は大学を三年で休学し高野の描いた道筋に沿って、保健士と
地方公務員試験の二種にも合格し、横浜市の職員と成って、
6年の間勤める事に成った。
6年の間に「普通自動車免許」「助産婦」「保育士」等の
資格試験にも挑戦し、その資格も全て合格した。
  1. 純愛小説
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「加筆再構成」雪乃その恋。其の七

第十二章
20061003163803.jpg
救急車を呼び、高野と雪乃は付き添って大学病院に向かった。
搬送されていく救急車の中で、芳子は二人の手を取り語り始めた。

「パパ有り難う、そして御免なさい、パパの子供を生めないこんな私を
此処まで大切にしてくれて、本当に良くして呉れたわ、有り難う」

「雪乃さん、もし私が死ぬ様な事が有ったらパパの事お願いしますね、
貴女がパパの事を、好きなことは前から判ってたわ、
私が出来なかったパパの子供を生んであげてね」

三人は泣き崩れた。

大学病院に到着した、芳子の身体はそのまま手術室に運ばれた。
教授の話では芳子は「急性膵臓炎」かも知れない、手遅れに成ると命の危険がある。との事だった。

手術室に運ばれて行った芳子は生きては帰って来なかった。
最初の病院で適切な処置がなされて居たら多分死ぬ事は無かったかも知れない、是も人の運命なのか。

雪乃は医者に成る事を決意し、大学に編入の手続きを取り、
役所を辞めたのはこの事が有った翌月で有った。

芳子の三回忌(死亡してから二年目の命日)も済ませ。
雪乃が大学を無事卒業したのを記に、高野は雪乃を入籍し正式な夫婦と成った。
結婚式や披露宴も無く、二人で区役所に出向き婚姻届を提出したのだ。

中学三年、15歳で担任教師で有った高野に恋心を抱いて、30歳に成った今、
15年間思い続けた「雪乃その恋」もやっと成就したのである。

医者に成る為には医科大学を卒業後二年間の研修医となって、
専攻する技術を習得し、医師免許に合格しなければ成らない。
その間子供は作らないで置こうと二人で決めた。

雪乃が研修医として派遣された病院は、
大学と提携関係に有る、佐藤病院と言う中規模な総合病院で有った。
指導医は35歳の中村武雄と言い、大学の先輩に当たる。
そして大学時代の同級生で有った加藤聡子が外科医として勤務していた。

佐藤病院での研修医期間も無事に過ごし32歳で医師免許試験にも合格し
晴れて医師となった後も37歳の今日まで、佐藤病院の勤務医として勤めた。

雪乃は33歳の時長男一樹を生み、35歳の時には二卵性の双子を出産し、
長女は綾乃と名付け、次男は義治と名付けた。

そして37歳の「ママさん先生雪乃」は今、
内科、小児科の専門医として、克って保健所時代に取得した、
保健師、助産婦、保育士、の経験を生かすべく、僻地医療の現場に、
夫高野治夫と三人の子供を引き連れて旅立とうとしている。
  1. 純愛小説
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。