PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 妻(夫)を語る
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

異性を誘う匂い。其の一

“肌が合う”という言葉は男女の仲の相性の良さで使われる。
これは性格が合うという意味合いもあるが、むしろ言葉では言い現わせぬ不可思議な引力を
感じる時に使われる場合が多い。こういう時は、お互いの体臭が大きく影響を及ぼしている。
あまり意識しないかもしれないが、人は皆、それぞれが放つ体臭によって、
相手を選り分けしているのである。ましてや、男女の仲ではお互いの体臭は大きな問題。
好みの匂いを放つ異性に対して惹きつけられるのは本能的なものなのである。

◆欲情を煽る香り
画像 224
京都は、美しく清潔な町です。景色は勿論ですが、“匂い”というものがあまりしません。
住んでいる人々は大げさに喜怒哀楽をさらけ出すような事はしないし、食べ物屋だってわりと
小ざっぱりした店ばかりです。その点お隣の大阪は逆ですよね。“匂い”の町です。
人々の表情も食べ物も景色も、京都から行くと匂いがムンムン漂ってくるのを感じます。

とくに冬の京都は、底冷えの寒さのせいで、全ての匂いが薄れてしまいます。
しかしだからこそ、暖かい匂いや魅力的な匂いに対する憧れも時には募って来たりもする訳です。

今から四十五年ほど前、当時私は京都の大学の大学院に通って、
中国史の博士課程を進んでいました。
根が真面目で見かけもパッとしないし裕福な身でもなかったから、かなりわびしい青春時代でした。
もちろん彼女なんていなかったし、お金で女を買ったこともない。つまり童貞でした。
でも性欲はむしろ、人一倍強かったかも知れません。
だから却って女を買うことが出来なかったんですね。買えばさらに惨めになってしまいそうで。

そのころの私の唯一の楽しみは、大学の帰りに川原町の喫茶店に寄って、
コーヒーを飲んで帰ることだけでした。たまに友人と入ることもありましたが、殆ど一人でした。
こげ茶色のかすかに木の香りのする落ち着いた雰囲気の店でした。

BGMは、クラシックのレコード。リクエストすればかけてくれるのだけど、
田舎者で恥ずかしがり屋の私はしたことがありません。
シューベルトの「未完成交響楽」が好きだったのですが、
リクエストしなくても月に二、三度はかかっていました。そしてそれを訊けた時は、
なんだか次の日に良い事がありそうな幸せな気分になれたものでした。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 妻(夫)を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

異性を誘う匂い。其の二

◆心を許した関係
京都市電
しかし、神は私を見捨てなかった。桜の花の咲くころになって、彼女と再会したのです、偶然に。
そのころ私は学問にも行き詰って、毎日がひどく憂鬱でした。

その夜大学の帰りに、肩を落としてまるで夢遊病者のようにぶらぶらと市電に乗り込んだ時、
とつぜん俯いた顔のまわりがふわっとあの懐かしい匂いに包まれたのです。
驚いたように顔を上げ、あたりを見回すと、なんと彼女が隣に座っていたのです。
私は、あっ、と声を上げてしまいました。

春らしい白いカーディガンを着た彼女と一瞬目が合って、彼女は怖えた表情になりました。
「ああ、すみません」
「いえ・・・」
俯いて彼女は、頬を桜色に染めました。
「お久し振りです」
ついそんな言葉が洩れてしまいました。

話した事も無いのに“お久し振り”もないないだろう。と今にしたら思うのだけれど、
私にすればもう懐かしさがこみ上げてとにかく何か言おうとあせっていた訳です。
「・・・・」
そうですよね。彼女にすれば、何と答えたらよいか戸惑うだけでしょう。
しかし、喫茶店の話を持ち出すと、微かにはにかむ様に笑っていました。

「あの喫茶店に、行きませんか?」
思い切ってそう言ってみました。彼女は、すこし間を置いてから、
はい、と小さく頷きました。

甘くやるせない匂いは、寒かったあの頃よりもっとはっきり漂ってきていました。
しかし其の匂いに、あの中年男の影を感じた私は、ちょつとたじろぐ気持ちになりました。

彼女も「未完成交響曲」が好きだ、と言いました。
で、私は初めてそれを店のウエイトレスにリクエストしました。
あの静かな前奏が流れてくると彼女は、小さく首を傾けて目を閉じました。
そうして私は、南の島の花の蜜に誘いこまれてゆき、胸が震えました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 妻(夫)を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

異性を誘う匂い。其の三

◆初体験の夜
旅館の籐椅子
そして彼女が、泊まって行こうと言う私の提案に同意したのは、
やっぱりあの中年男とすでにセックスを経験しているからだろうか、
と考えなくもなかったのだけれど、そんな事はもう如何でも良い事でした。
もしかしたらそれ以前にも別の男と出来ていたかも知れないし、
私自身に処女性を崇めるなんて気持は別に無かったのです。

それよりも、変に勿体をつけたりしない彼女の潔さこそ貴重だ、と思いました。
ただ一つ問題があるとすれば、私自身のことです。
その場に及んで巧く出来なくて彼女に軽蔑されやしないか、と言う事でした。
その意味だけで、あまり経験豊かでないことを願いました。

ホテルと言っても、部屋は和室でした。四階で、琵琶湖の夜景が見渡せました。
浴衣に着替えた彼女は、籐の椅子に座って暗い湖面を眺めていました。
対岸の彦根や米原の町に灯りが瞬いていました。

部屋にはすでに蒲団が敷かれてあり、私がその上に座っていると、
「なあ、こっちに来て」と彼女が言いました。
うん、と答えながら私は、恥ずかしさで顔が火照りました。
早くヤリたいと焦る気持を、彼女に宥められたような気がしたからです。

私は、テーブルを挟んだ向かい側の籐椅子に座り、気を鎮めようと
一つ大きく息を吐きました。そして「ごめん」と言いました。
「なんで?」
彼女の小さな唇が、ほころびかけた蕾の様に微笑んでいました。
「まだ結婚できる身分やないのに」
「ええわよ。わたしなんかとしてくれなくても」
「そんな、博士課程終了して講師になれたら、絶対申し込むさかいに。
 きみ以外の相手なんか考えられへん」
「むりせんでも、ええわよ」

彼女は、今度はちょつと淋しそうに笑いました。
やっぱりあの中年男とできていたのか、と思いましたけれど、今更後へは引けません。
その淋しそうな笑顔にいっそう愛しさがこみ上げたのか、それとも抱きたい一心だったのか。
たぶんまあ、その両方だったのでしょう。

立ち上がって、彼女の足元に跪いてゆき、両手を浴衣の腰にまわしました。
彼女はかるく目を閉じ、私の二の腕に手を置きました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 妻(夫)を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

異性を誘う匂い。其の四

◆本能で求め合う二人
旅路-8
部屋の灯りをすこし暗くして蒲団に入り、私はすぐ裸になりました。
そしてキスをしながら、彼女の浴衣を脱がせてゆきました。
女の体とはこんなにも柔らかいものかと驚きつつ、初めて触れる彼女の乳房は、
掌から溢れでそうなほど豊かでたわわな弾力に満ちていました。

脇の下に鼻を寄せてゆくと、つーんとあの懐かしい花の蜜の匂いを濃密に溢れさせていました。
この匂いに引き寄せられてとうとう此処まで辿り着いたのかと、涙の零れそうな感慨がありました。
唇を押し当てた侭、ひししと抱き竦めました。

その時彼女もまた、私の頭を抱えながらこう言ったのです。
「あんたの汗の匂い、好きやわ」
「えっ?」
私は、べつに腋がでもないし、自分の汗の匂いに特徴があるなんて感じた事もありません。
もしかしたら男も女も、お互い異性の匂いには、
当人が思う以上に敏感に嗅ぎ分けて居るのかも知れません。
そうして私達は、その匂いに引き寄せられるようにして結ばれていったのかもしれません。

心よりもまず体に魅かれあったとしたら、しかもその外見ではなく匂いだなんて、
犬や猫みたいですよね。しかしだからこそ、運命的な出会いだとも言えるわけで・・・。

彼女の汗は、私の汗よりもずっと甘い味がしました。
いや、そのように感じるだけかもしれません。男と女の関係は、本当に不思議です。
童貞のくせに私はもう、彼女の体にたいしてだったら、どんなにイヤらしい事だって
躊躇うことなく仕掛けてゆけるような気がしました。

むっちりとした両の太股を肩に担いで大きく開かせて私は、
粘り気のある潤みに覆われた秘唇を、いきなり舐めしゃぶってゆきました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 妻(夫)を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 11  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。