PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 夫婦交換でリフレッシュ!
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

夫婦交換でリフレッシュ!其の一

◇義弟の提案
夫婦交換01
結婚して40年、色気の乏しい63歳の妻の陰部など見たくも無いのが世の常だろう。
私自身、妻との性生活は月に一回程あったものの、妻の陰部を見たり舐めたりの性交はなく、
お互いの性器を暗がりでまさぐり合い妻の陰部が汁で濡れ、マラが勃起すれば交接し、
射精に至るまで勃起が持続すれば満足していた。

ところが現在の性生活は違う、薄明かりの下で妻を素っ裸にして股を開かせ、
陰部をじっくりと観察したり、舐め回す。
白毛交じりの陰毛、肉付きの落ちた大陰唇、伸びているドドメ色の小陰唇、
決して魅力的な陰部の外観とはいえないが、現在の私には興奮をそそる陰部である。

妻の陰部が何故、私の性欲を刺激し高めるのか?
その秘密は合計254歳になる二組の夫婦が、「夫婦交換の一夜」を過ごした結果である。

夫婦を交換し合って性行為に耽るなど、変態性欲者がすることだと、
私も経験するまで思っていた。妻に隠れて多少の浮気はしたが、
性道徳観は常識的だと思っていた。その私が65歳にして夫婦交換による性行為を経験し、
性生活に新境地を見出したのだから自分でも驚いている。

事の起こりは私たち夫婦と、妻の妹夫婦が温泉旅行をしたことに始まる。
老いの心境が姉妹の仲を深めるのか、ここ数年、妻と義妹は互いの家を行き来したり、
二人で旅行などをしていた。

姉妹の仲の良さが私と義弟(共に65歳なのだが)へにも影響して
合同温泉旅行となったのである。
鬼怒川温泉の旅館に二つ部屋を取ったが、食事は私たちの部屋で一緒にした。
義弟とは親しい口をきく仲ではなかったが、旅先での開放感と美酒のせいか、
一夜にして軽口をたたける仲と成った。

愉しい喋りで座の雰囲気は盛り上がった。座が盛り上がれば話のネタは下がるのが相場、
軽いエロ話から猥談になっていった。
猥談を口にしながらも、真面目な妻の反応を気にしていた。妻が愉しみにしていた旅行である。
不愉快にしては悪いと気を使ったが取り越し苦労であった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 夫婦交換でリフレッシュ!
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

夫婦交換でリフレッシュ!其の二

◇抱かれる妻の妄想
増尾彩18
実行するしかないのか、二つに一つなのに、男はいざとなると理屈をこねたがるから嫌になる。
いざとなれば女は大胆で、妻と義妹は黙っていたが、その気になっているのは態度で分かった。

夫婦交換をするか否か、三人が私の決断を待っている。緊張した雰囲気に耐えられず、
私は便所に立ち何度か深呼吸をした。
放尿すべく摘み出したマラは、未だ芯は通っていなかったが普段より大きくなっていた。
放尿していると妻と義妹の顔が交互に浮かび、その顔がしだいに淫乱さを帯びるのだった。

(妻がその気に成っているのだから、逃げるのは卑怯だろうな)
私は責任の半分を妻に押し付けて、夫婦交換を決断した。
決断してしまうと気持ちが高揚し、放尿後のマラに芯が通るのを感じた。

部屋に戻ると、三人が緊張しているのが感じられた。
私が黙って大きく首を振って頷くと、部屋の雰囲気は急に淫蕩なものになった。

私の部屋に義妹が残り、妻は義弟の部屋へ行った。
部屋を出る妻の後ろ姿を見送る私の心は複雑であった。
夫婦交換なのに、妻を寝取られる心持になるのは如何ともし難かった。

しかし、傍らには義妹が居る。動揺している心を見せる事は出来ない。
部屋を薄明かりにして義妹を布団に誘った。
布団の上に座っている義妹の背後に回り、強く抱きしめた。
正面から抱くのは気遅れしたからである。

浴衣の襟元から手を入れて乳房を揉んだ。義妹は私に背中をあずけ、
顎を軽く突き上げ「アァ」と甘い溜息混じりの声を上げた。

妻よりも重量感のある乳房を揉みしだきながら義妹を布団の上に仰臥させ、
浴衣を脱がせ、パンティを足首から抜き取った。
私も素早く裸になり、義妹に添い寝して乳房をまさぐった。

気分は高揚しているのに、便所で芯が通ったはずのマラが縮み上がっていた。
度胸のなさに自分を叱りつけたい心境であった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 夫婦交換でリフレッシュ!
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夫婦交換でリフレッシュ!其の三

◇義妹を征服した自信
増尾彩22
義妹がしきりに手をのばし、マラを求める仕草をするので、半立ちに自信を持ち、
体を移動させて義妹の顔を跨ぎ69になった。

義妹は半立ちマラの根元を握り軽く扱いてから、亀頭を口に含んで鈴口を舌で舐め始めた。
睾丸を手で優しく揉んでくれる。義妹の尺八は吸引が強く、マラを勃起させようとする熱意が
感じられて嬉しかった。思わず、「ありがとう、優しいんだね」と、感謝の言葉を口にし、
妻の尺八にも当然という態度ではなく、照れ臭いが感謝を口にしょうと思った。

義妹の尺八でマラは大きくなったものの、強い芯が通ってない感じで頼りなく、
交接行為に自信がもてない。己が小心者であることを認めるのは辛かった。

義妹の膣とサネを指と舌で弄り続けているので、淫汁はネバネバと溢れ出ている。
義妹は腰をせり上げ、くねらせて気をやり「早く入れて」と態度で催促する。

私は思い切った。義妹の腰下に枕を置いて浮かせ、両脚を持ち上げて開き、
義妹の両腕に抱え込ませた。まさにオマンコ全開であった。
小陰唇をつまんで膣口を開くと、淫汁でヌメヌメと濡れ光り私を誘っていた。

完全に芯は通ってはいなくても大きく成っているマラの茎を握り亀頭に血液を送って
硬くして、膣口に押し当てた。
亀頭の半分ばかりねじ入れて握っている手を離し、腰に力を入れて押し入れようとしたが、
マラの芯は弱く、膣口の収縮を突破する力がなく、グンニャリと折れた。

私はマラを握り直して、激しくしごいた。眼を閉じて自分だけの妄想の世界に入り、
オナニーに耽った。恥も外聞もない、もう少しの硬さで亀頭を押し込める事が出来るのだから。
右手でマラを扱き、左手でオマンコを弄った。右手で扱くマラに、微かに芯が通るのを感じ、
再び亀頭を膣口に押し当てて腰を前に進めた。だが、再び中折れで挿入に失敗した。

またマラを右手で握って扱きオナニーにふける。悪戦苦闘の連続で、マラに射精感が走った。
マラを硬くするには扱き続けなければならない。
だが、扱き続ければ、自分の手で射精に至る可能性がある。
萎えそうになる気持ちに鞭打って、肛門をすぼめてはマラに血液を送り込んだ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 夫婦交換でリフレッシュ!
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夫婦交換でリフレッシュ!其の四

◇交接の痕跡
お母さん112
義妹の体から下り、傍らに仰臥した私は、性交の快楽を共有した義妹の肌に
触れているのに隣室の妻を思った。(妻はよがり泣いたのだろうか)

私は、激しい嫉妬の感情がこみ上げるのに戸惑い驚いた。
そんなに妻を愛していたのか?私は自問自答していた。
(妻をこの腕に抱きたい)

妻に激しい欲望を感じたのは何年振りだろう。否、何十年振りだろうか?
私は耳を欹て隣室の気配を窺った。
何も聞こえて来ない事が私の妄想を掻き立て、より淫蕩なものにする。

ここ何年も性生活で妻を満足させて来なかった。女として可愛がってやらなかった。
オマンコを見せられても、「早くしまっておけ」と言う態度であった。

義弟が妻に女としての魅力を発見し、情熱的な性行為で求められた妻は
気も狂わんばかりになって身悶えるであろう。

女の幸せに酔った妻は、年に似合わず純粋なところがあるから、
義弟を忘れられなくなるのではないか、私の眼を盗んで二人は・・・
私を笑い者にして乳くり合う妻と義弟の姿が脳裏に浮かび、
頭髪を掻き毟り、呻き声をあげそうになった。

内心で悶々としていると、マラが疼き始めた。妻を求めての勃起であるから、
性交可能になっても義妹を抱く訳にはいかない。

私の気持ちを察したのか、義妹は黙って身支度をして部屋を出て行った。
義妹のオマンコ、そして体中に私の匂いがこびり付いているはず。
という事は、妻も体中に義弟の匂いをプンプンさせて部屋に戻ってくる事に気付いた。
  1. 夫婦交換でリフレッシュ!
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夫婦交換でリフレッシュ!其の五

◇復活した性生活
久し振りの逢瀬。10
義妹の淫汁の匂いが濃く匂ううちに、マラをしゃぶらせてやりたかったからだ。
淫汁でベタ付いているマラを握った妻は「ウッ」と呻いてためらっていた。
「チンポ、しゃぶってくれ」
私は強い口調で尺八を求めた。妻の唇がオズオズと言った感じで亀頭に被らせた。
感度が鋭く成っているのか、快感が全身を駆け回った。

私は陰部にむしゃぶりつき、膣に舌をねじ入れて舐めしゃぶり、サネを鼻の先で弄ってやった。
妻はマラの根元まで口中に含んで舌を絡めて舐めてくれた。
二人の肉欲は狂気にまで近づいていた。

「あなた、欲しい、欲しいの」
「私のチンポがいいのか?」
「ええ、あなたのチンポが欲しくてたまらないの」
「おまえのオマンコが欲しい」
お互いに奪い取られた体を取り戻す、愛の叫びであった。

私のマラには芯が通っていて硬く勃起していた。
65歳にして一晩に二回、しかも連続しての性交であった。
体力の衰えに伴って精力まで衰えたと思い込んで居たのは私の間違いであった。

妻を求める情熱があれば精力は旺盛になり、体力は衰えたはいえ、
一晩に二つや三つ性交する力は残っていたのである。

マラは何時に無く硬く勃起していたので、騎乗位で交接しても中折れの心配はないと
自信を持ち、妻に「上になってくれ」と頼んでいた。
何年ぶりかの騎乗位だったろう。
妻の体重に負けず、激しい腰の動きにも折れないマラの硬さが嬉しかった。

妻は騎乗位の深い交接に喜悦し私が子宮を突き上げてやるたびに、
なまめかしいよがり声を上げるのだった。
淫汁が溢れ出て、私の陰毛や睾丸までベトベトに濡らした。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 夫婦交換でリフレッシュ!
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 11  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。