PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 継母相姦
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

父の後妻に入った継母節子。其の一

夫婦交換05
私が未だ中学に入ったばかりの時に、父が再婚した。
父が連れてきた継母を初めて見たとき正直言って、
綺麗で若いし本当に父の再婚相手なのだろうかと、疑ったほどだ。

「友くん?これからもよろしくね」と笑顔を見せられると、
私はもう雲の上に昇ってしまっていた。スラリとしたスタイルにツンと突き出した胸、
それに腰骨のクビレといい、私が覚えている産みの母とは比べ物にならなかった。

継母と一緒に生活するようになると、当然のように隠れて洗濯物入れの籠から
継母のパンテイを盗み取り自室でオナニーに耽ったりした。
なんといっても一番の楽しみは、継母が風呂に入っているとき、
裏庭に回って窓から継母の裸体を覗くことだった。

初めて見た継母の全裸姿。継母は鼻歌を歌いながらたわわな乳房を持ち上げて、
洗っていた。その股間の陰毛の茂みは見事すぎ、
一番興味の有った女陰までは見えなかった。。

そんな魅力タップリの継母を貰いながら、父と継母のセックスは見た事がないのだ。
部屋が離れていたせいもあったが、一度夜中にトイレに行きたくなって廊下に出た時、
継母が全裸で寝室からでてきて、風呂場に向かったところを目撃した事があった。
ああ、親父と一発ヤッたて終わったんだな・・・。と思うと、
布団に戻って想像しながらセンズリをかいていた。

やがて私が大学の受験を間近にした時だった。
受験を控えてナーバスになっていた私は、手当たり次第に物を壊したり、一時期荒れていた。
見かねた継母に「やらせてくれ」と頼んだら、涙をこぼしながら体を開いてくれた。

継母は当時39歳。俺の前ではだらしない格好をしたことのない女だった。
父親は、まじめすぎる妻に嫌気がさしたのか、三年前に女を作って其方に入り浸っていた。

継母との約束は、1週間に1回土曜日だけ、まじめに勉強すること、必ず志望校に入ること。
私からの条件は、合格したらこの関係を続けることだった。

つき物が落ちたように勉強した私は、当初の志望校より1ランク上の大学に合格した。
継母もすごく喜んでくれました。でも、最近継母との関係に不満を感じ始めていた。
それは父親も感じたのであろう淡白で真面目な継母は、セックスに溺れる事は無く
初めての時から、体位は正上位のみで、部屋も暗くしたままだ。
感じていない訳ではないのだろうが、声も出さず、早く済ましてと言う感じが嫌だった。
あそこをなめるのも嫌がり、やっと最近少しフェラチオをしてくれるようになった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 継母相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

父の後妻に入った継母節子。其の二

黒木瞳
あれからの1週間普通の母子関係だった。
継母は何事もなかったように振る舞い、私は一種のゲーム感覚でそれに付き合った。
それだけこの3連休を楽しみにしていた。

土曜日の夜までは長く感じた。無論よそで出すこともなく溜めに溜めた。
いつものように、夜の10時に風呂からあがった継母は静かに部屋へ入ってきた。
ややうつ向き気味で、女優の黒木瞳に似ている。(私にはそう見える)

自分で電気を消した。
「スモールにしよう」私が言うとこくりとした。
キャミソールの上に下もキャミの薄いパンツ。
私は継母の手を引き、ベッドに座らせ、キスをした。
ソフトなキスから舌を入れようとすると、はじめはなかなか開かなかったが、
ついに舌を捕まえ5分ほどかけてお互いに絡めあい始めた。

私はこのキスが好きで、何度も何度もしゃぶる。 
継母は遠慮がちに絡めるので、
「舌を出して」と言うと、継母は小さく舌を出す。
「もっと」少し出た。
「もっと」継母は目をつぶったまま更に出す。
ピンクいろの舌を見て興奮し思いっきり吸い上げた。
(にゅちょ にゅる ぴちゃ ぴちゃ)

継母は時折、
「んんんんあっ、んんんっ」声にならない声を出す。
(大丈夫、今日もいける)試しに
「節子 節子っ」と言っても嫌がらない。長いキスの後、継母は、
「ふう~」と小さく息を吐きベッドに横になった。
「大好きだよ 節子っ」
継母は目を閉じたままこくりとした。
耳から首筋へと舌を這わしつつ右手は弾力のある胸をもみ、乳首をつまんだ。
「あっあっあっはうっ」びくんとする継母。

ゆっくりキャミをはずし、生まれたままの姿にした。
私も全裸になり継母の股間へ顔をうずめた。
ちょっと困ったような動きをしたが、前回より抵抗がない。
継母の濃くて多い毛は、あふれた液で肌に引っ付き、おまんこの形が良く分かる。
クリトリスの周りをじらすように愛撫すると、
「あんっあああ~~あん」
突起をぺろり、
「ああ~いや~」


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 継母相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

父の後妻に入った継母節子 。其の三

藤原ゆうな24
つながったままで、私は節子の頭をなでながら
「明日もあさってもしようよ」と言うと、
私の上でハァハァとしながら、
「だめよ」
「何で?こんなに愛し合ったのに・・・」
「こんな関係になって今更だけど、
 普段はちゃんと親子でいたいの。そうでないとおかしくなっちゃうわ。」

更に 
「早く彼女を作りなさい。」
「例え彼女ができてもこの関係はやめないよ。節子が好きなんだ。」
「ありがとう。でも普段はきちんとしましょう。
 そのかわり土曜日の夜だけはあなたの女になるわ。」

私はどうであれこの関係を終わらせたくはない。
「分かった。じゃあ今夜は朝までしよう。」
そうこうしているうちに私のものは再び大きくなっていった。
「あっすごい」
「節子の顔が女の顔になるこの時が好きなんだ。」
「あっあっあっそんな言い方しないで。」
「もう1回俺の女になると言って。」
「あなたの女になるわ。あああああああ~~~」
つながったまま体を起こし、
抱きかかえるようにして上下に揺さぶる。
「ああああああっっ~」体をそらす節子。
「だめだよもっとしがみついて。」
節子は両手を私の首に巻きつけ体を密着させた。

私は右手の中指を節子のアナルに添えた。
「あっだめよ、そこは」
滴る愛液で指の先がぬるっと入る。
「だめっだめっだめっあああああああいや~~」
「かわいいよ節子もっとしがみついて。」
節子の切なそうな顔がのけぞり口が開いた。
顔を近づけると自分から舌を絡ませてきた。
乳首と乳首がこすれあう。

「あっまたいきそう」
「いいよ、いって」
「ああ~太郎」 
「あなたって言って。」
「あああ~~あなた、あなた、いく~いくっ」

私はこの夜、更に2回節子の中に吐き出した。
寝たのは3時頃だったか、
目が覚めると節子は母親に戻っていた。
来週がまた楽しみだ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 継母相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]

父の後妻に入った継母節子。其の四

里中亜矢子14 
「節子にとって俺は何人目?」
 一息ついて聞いてみた。
「あなたのお父さんしか知らないわ」
私の胸に顔をうずめて節子が言った。
「親父とはどうだったの?」
「普通よ。 あの人はいろいろしたかったみたいだけど・・・私は恥ずかしくて。」

私は右手をクリトリスに添え、
「じゃあ ここを舐められたり、後ろからしたりしたことなかったの?」
「んんっ・・・ないわよ」継母はぴくっとして肩をすぼめた。
「いったこともなかったの?俺がはじめて?」
「・・・たぶん」

「親父とどっちがいい?」定番だが聞いてみた。
「わかってるでしょう。いじわるね」
「ちゃんと言ってよ。」
中指を膣の中に入れ指の腹で上の部分をこする。

「んんんっ・・あっ」切なそうに腰をよじる。

私はそのまま体を起こし、節子の後ろに回って左手を胸にまわす。
座ったまま節子の足を大きく開いてベッドの反対にある鏡に映す。
このために鏡を動かしていた。 
   
「あっ、いやよっ」
「見て、節子のあそこが丸見えだよ。ほらっ、すごい濡れてる。」
「いやっ、いやっいやっ恥ずかしい。いや~~~」
体をくねらせ逃げようとするが力は弱い。
「ほらっ ここまで濡れている。」
こぼれた汁はアナルまで濡らせた。
「そこはだめったら~~」 
「ここをいじられたのも初めて?」


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 継母相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 03  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。