PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 再婚夫婦
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

渓流と吊り橋。其の一

◇淳子との出会い。
渓流と吊り橋
今から10年前の夏、小さなマーケットを経営する私は、商店街の仲間達と温泉旅行へ出掛けた。
恒例の懇親会で、一泊二日の旅だった。
景気の良かった頃は、旅先で芸者を呼んで遊興したものだが、
不景気の折柄そんな派手さは無かった。その代わり酒だけはたっぷり出て飲み放題だった。

宴会が終わってから、私は一人でフラリと散歩にでた。歓楽街から離れた静かな旅館周辺は、
防犯灯も有って明るかったが、歩くにつれて闇が濃くなっていった。

だが闇に慣れた目は時折雲間から覗く月明かりだけでも、
足元がおぼつかないと言うこともなかった。
それに、その温泉は亡き妻と十七年前に新婚旅行で来た場所だった。
おぼろげながら道順の記憶があった。

懇親会で旅行先がそこに決まった時、妙な巡りあわせに成ったものだと感慨無量だった。
亡き妻とは、「何時の日にか、また訪れてみたいね」と話し合っていたものの、
ついに実現せずに終わってしまった。妻は四年前に乳癌で他界してしまったのだ。

私は月光の射す道を、記憶を手繰りながら歩いて渓流の畔に出ると佇んだ。
遠くに吊り橋が架かっているのも、月の光にキラキラ輝く谷川の早い流れも、昔と変わらなかった。
そしてホテルの半纏の袂からタバコを取り出すと一服し、亡き妻を偲んだ。

そうしていると涙が滲んできた。酒の酔いも感傷をことさら深めたのだった。
すると、すぐ近くに人の気配がしたので、びっくりした。闇を透かしてその方角を窺うと、
それまでは気づかなかったのだが、女性が一人佇んでいたのだった。

スーツ姿の彼女は、私に気付いたらしく、戸惑いながらも軽く会釈した。
いくらか憂いを含んだ色白の丸顔が美しく、慎ましやかで好感がもてた。
正装した身なりからして、同じホテルの宿泊客に間違いなかった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 再婚夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

渓流と吊り橋。其の二

◇濃厚なペッティング
オナニーを覗いた叔母3-2
淳子は、私の住む私鉄沿線の三つ目先の○○○駅近くの住宅街に一人で住んでいた。
交通事故死された亡き夫との間に子供はなく、商事会社に勤めて自活していた。

私の方には高校二年生の娘がいて、通学の傍らマメに炊事等の世話を焼いてくれていた。
営んでいるマーケットにはパートの店員も二人勤めていたから、
私は四六時中店にいる必要も無く、商店街の世話役も兼ねていたので、
淳子とのデートの口実と時間は取りやすかった。が、商売柄、
私の顔は近在の主婦達には知られていたので、近くのラブホテルは避けて、
横浜新道沿いのモーテルまで車を走らせた。

淳子の肉体は予想していた以上に綺麗で、シミひとつなかった。
肌には薄い膜でも張ったかのように脂が乗り、そのヌメっこい色白さも全く申し分なく、
私は思わず生唾をのんだ程だった。

「嫌ッ・・・そんなに見つめられると恥ずかしいわ。もういい年だっていうのに」
彼女はいたたまれない様に体をくねらせた。伏し目がちの顔が俯き、両肩がすぼまると、
胴から腰にかけての皮膚がうごめきながら屈折した。すると、下腹部を覆っていた
ショーッが歪んで、それまで平面を保っていた股間に窪みが出来た。

その時は未だ初性交直前だったから、
バスルームを先に出てベッドインしていた彼女の横に私は潜り込んだのだった。
だから初めて見る上半身の美しさにびっくりしたのだった。

もういい年・・・と彼女は言ったが、三九歳だった。私より六つ若いが、
見た目にはひと回り違うぐらい若々しさえ感じられた。

乳房にも円やかな張りがあるし、ピーンと反った乳頭は出産の経験が
無いせいもあって瑞々しかった。息づく胸元には少し汗が滲み、
シャワーを浴びたばかりの頭髪の毛先が首筋に纏わりついていた。

私は、淳子に対して亡き夫はさぞかし心残りだったろうに、と思った。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 再婚夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

渓流と吊り橋。其の三

◇たっぷり入れて!
珠美9-1
私の太腿にぴったり吸い付いている陰部からは、
前よりも密度の濃い淫液がドロドロ流れ出て皮膚を濡らした。
ワレメは深部の複雑な秘肉までが、まるで吸盤のようにあさましく密着しているのだった。

「どうだ?久しぶりに男の一物を握った感想は?」
私は悪戯っぽく尋ねた。すると、聞こえるか聞こえないかの小さな声で、
「意地悪ッ、そんなこと答えられるわけないでしょ!」
と、淳子は言った。
それは、まるでうわごとのような声であり、羞恥に染まった顔は真っ赤だった。

両肩は波打ち、乱れた呼吸の荒さが目立った。そして更に低い声でせがんできた。
「お願い・・・焦らさないで、早く抱いてちょうだい」
私は頷いたが、それを無視した。いや、その前まで肉欲も限界に達していただけに、
スンナリ挿入するつもりでいたが気が変わった。

もっと淳子を焦らせたくなったのだ。
シーッを剥ぐと、彼女の艶めかしい下半身を露わにした。
縮れた陰毛が黒々と生い茂っている股間は素晴らしく、
いくらか震えを帯びた両腿はシーツをのけた瞬間にピタリと閉じ合わさった。

群れた恥毛のはざまに、ゆるんだワレメの縦長の線が僅かに覗くだけだった。
息づく淳子は小刻みに痙攣する女体のまま、
じっと目を閉じて私のペニスの挿入を待ちわびていた。
その姿態が正直すぎて、ふと同情さえするほどだった。

無理もなかった。五年間孤独な未亡人暮らしに耐えてきた肉体は、
飢餓状態もピークに達している事だろう。

私の方も、自分を抑えに抑えてきた四年間の男ヤモメ生活だったから、
容易にその想像がついたのだった。
また、私は自営業だからともかく、淳子は途中入社の商事会社勤めでは、
気苦労だけでも大変な事であったろう。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 再婚夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

渓流と吊り橋。其の四

◇再びあの渓流と吊り橋へ
出会った女6-1
「だめよ、あたし、もう今までのとこだけで、イッちやいそう・・・
 なんて人、あなたって、ひど過ぎるわよ」
引き攣るようなその声には、恨みさえこもっていた。
どうやら前戯だけで快感の責め苦を味合わせる私が、憎らしくなったかららしかった。
もしかしたらこれだけで終わってしまう変態男なのかと疑ったのかもしれない。

「ごめんよ・・・つい身が入りすぎて、悪く思うなよ。
 お前が真から好きなので、いろいろ試してみたくなったんだ」
私は口では、そう言ったものの、実は射精寸前の有様だった。深く愛してしまった
淳子のために堪えに堪え、やっと噴射しそうなのを辛抱していたのであった。

私はやっと正常位で淳子の下腹部に腹部を重ね、
恥骨を擦り合わせながらペニスを埋め込んだ。
ごく自然に、秘肉に包み込まれた硬いそれはヌルヌルと膣粘膜を分け入った。

彼女の下腹部がうごめくと、開いていた両脚がわなないて爪先がピーンと反り、
シーツを掻く動作を見せた。

私はそんな状態を事細かく観察する余裕があり、我ながら不思議に思った。
或いは美し過ぎるくらいの彼女をいざ抱くという時は、どうしょうもないほど焦って、
早々に射精してしまう無残な体たらくなのでは、と恐れる気持ちさえあったのだった。

それが落ち着くとペニスを進めては後退させていた。その度に淳子の膣の肉襞は揺れ動き、
粘膜はきしんでネチャついた淫らがましい響きを奏でていた。

私は極度に興奮してはいたが、彼女の燃え上がりようは、それ以上で凄まじい位だった。
喉元がピクピク収縮し、脂の滲んだ肌がしきりにひきつった。

きっちり瞑った目尻も同様に痙攣を繰り返し、ベニスが膣肉を反復するごとに眉間には
くっきり縦皺が寄った。溜めている息を、どうかしたはずみに一遍に噴きこぼした。

もしかしたら、亀頭が子宮間近の粘膜を強烈に突き、そのめくるめくような衝撃に
体中の血が一斉に騒ぎ、快感が五体の隅々にまで浸透しているのかもしれなかつた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 再婚夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

吹雪と共にやってきた女。其の一

◇ワタス死にたい◇
ローカル線の駅
再婚した妻との出会いは、今から15年前の冬のことである。
私は48歳、妻は38歳の時だった。

当時私は東北の小さなローカル線の駅員をしていたが、
寒さに吐く息までが凍えそうな、ある晩のことだった。
最終電車が通り過ぎ、数人の下車した客も吹雪にせかされるように、
改札口を出て家路に向かったと言うのに、
ホームのベンチにはポツンと独りの女が坐っていたのだ。
しかも首をうな垂れ、身じろぎひとつしない。

私は女の酔っ払いかと思い、近付いて声を掛けた。
「お客さん。もし、お客さん・・・どうかしたかね?」
すると、女はまるでスローモーションのビデオのように顔をあげた。
全く見知らぬ女だった。青白い顔色をしていて唇も白かった。
女は全く化粧をしていなかった。それで余計みすぼらしく見えた。

女は私を見ると、すぐに視線を外して前の線路の方に
焦点の定まらないような目を向けた。そして、ポツリと呟いたのだ。
「ワタス、死にたい・・・」と。
「えっ、何だ!?」

これはとんでもない女が駅に降りたものだと私は思った。
女の呟きは真冬の日本海の海のように暗く、真に迫っていたからだ。
私はどうしたものかと途方に暮れたが、とにかく、此の侭放って置く訳にも
いかないと考え、宿直室に引っ張っていった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 再婚夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

吹雪と共にやってきた女。其の二

◇蓄積した欲望◇
h_086hima00040jp-11.jpg
40前の女の体はまさに熟れ盛り。柔らかく弾力があった。
私は女体を腕の中に抱くのは3年ぶりの事だった。
次第に男としての欲情がこみ上げてくる。
私は女房を子宮ガンで亡くし、以来ずっとやもめ暮らしだったのだ。

逸物が勃起する。
気が付いたら私は、女を宿直室の簡易ベッドに押し倒していたのだった。
「や、やめてけれ!?」

女は私の服の腕の部分を掴んで、必死に押しのけようとした。
しかし、私としては性欲と同情がゴチャまぜになった感じで、
さらに強く女を抱き締めていく。

首筋に唇を押し付けた。スカートを捲くり上げ、
太腿と太腿の間に手をこじ入れた。
「あンだぁ・・・やめれ!」
女が拒絶の声を張り上げる。だが、私の手指が股間の膨らみを捉えると、
「あああッ・・・!?」
急に全身をブルブルと震わせ、潤みの感じられる声を漏らしたのだ。

女の体も性的に飢えていたのだった。
女の体を開くつもりになった。こうなるとあとは簡単だ。
女は長い間結婚生活を経てきた熟女なのだ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 再婚夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

吹雪と共にやってきた女。其の三

◇指だけでイッた◇
ブログ用 0118
私は女の両膝を思い切り押し広げて顔を寄せていった。
ストーブで部屋の温度が上昇しているせいもあるのだろう。
女の内腿はすっかり汗ばんでいた。湿っている肌は余計に柔らかく感じられる。

私は性器を覗いた。予想通りに陰毛は濃かった。クレパスは長く、
周りには縦に幾本もの筋が走っていた。
「いやだ・・・」
女が言った。だが手で隠しはしなかった。脚は開いたまま、息をはずませていた。
更に顔を寄せると、熟れた性器が匂い立った。

私はゆっくりと舌をクレパスに当てていった。陰唇の間に舌を差し入れる。
「ああっ!」
女が声を上げた。年に不似合いな、幼い響きの声だった。
その事に私は好感をもった。女が純な心の持ち主のような感じがしたからである。
私は肉の間に舌をすべらせた。
「そっだらのこと、やめてけれ・・・!?」

女が腰をくねらせる。
私の舌はクリトリスに到着していた。
女が腰を反射的によじる。すると、汗で寝ていた陰毛が逆巻くように立った気がした。
ムッとするような陰毛のぬくもりが、鼻先に伝わってくる。私の逸物は充実しきっていた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 再婚夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

吹雪と共にやってきた女。其の四

◇家庭の温かさとぬくもり◇
RFNDRjA0MzfvVw.jpg
里恵は二度と死にたいとは口走らないと約束してくれた。
それに、亭主の元に帰る気は無いので、どこか旅館でも紹介して呉れないかと言う。
貯金を持って出たので、しばらくは暮らせるという事だったが、
そうなるとせっかくの縁が無くなってしまうような気がした。

「二、三日家に来たらどうかね。なに、ワシは話したとおり三年前に女房を亡くしたが、
 今は子供も巣立って寂しい独り暮らしで、来てくれると助かる」
私は朝に成ると、
「だども、あんださんが隣近所から変な目で見られるんでねえべ」
と渋る里恵に家の鍵を渡し、道順を書いたメモ用紙を渡して駅の宿直室を追い出した。
そして、私はやがて出勤して来た駅員達と仕事の引継ぎをしたのである。

里恵が本当に私の家に向かったかどうか心配だったし、その日は今までに無い
長い日となってしまった。
私は勤務時間が終わると飛んで帰った。すると家には久し振りに灯りが点っていた。
玄関を開けると里恵が迎えに出てくれた。

家の中は私の住まいではないほど綺麗に片付けられていた。
夕食は鍋料理の用意がしてあった。風呂も沸いていた。
とにかく、帰った時に家の中の空気が温かいのは久し振りの事だった。

仏壇に向かうと、女房の遺影には花が供えてあった。
見知らぬ町でわざわざ買って来てくれたのだろう。
よく気が付く女だと、私は感心した。

風呂から上がると、食卓には燗をつけた酒が出ていた。
里恵から酌を受けながら、やもめ暮らしの私は
“やっぱり女のいる生活はいいな”と思ったりした。

その晩は里恵の方から私の蒲団に入ってきた。それも、自分で全裸になって、
私に抱きついてくる。
「ああ、温けェ。気持ちがホッとするな」
蒲団の中に頭から潜り込むと私のパジャマをずり下ろして、
逸物に頬っぺたを押し付けてくる。忽ち私の股間は硬直していなないた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 再婚夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

吹雪と共にやってきた女。其の五

◇開発されていたアナル◇
 人妻の不倫02
私は里恵の腰を引き寄せた・・・。
里恵は私が何をしたいのかをすぐに察したようだ。私の頭を跨いで、ゆっくりと腰を落としてくる。
口元に陰毛がそよいだ。それを口に含む。柔らかな陰毛さえもが愛しい気分だった。
私は陰毛を舐めると、そのまま舌先をクレパスに向けてすべらせた。

「うっ、ううん・・・!」
里恵が呻く。セガレに上下する唇の速度も速くなって激しさを増す。
唇がすべった部分が一瞬麻痺する。快い、私は自然に腰をくねらせていた。
そして、舌を淫元にくぐらせていく。
瞬間、淫穴の入口に舌を押し戻そうとする力が働いた。私は容赦なく突き入れた。

「うっ、ううッ!」
里恵の腰が、支えを失ったように落ちてくる。淫肉が私の口元と鼻を塞いだ。
鼻の上には肛門があった。だが、ちっとも臭いとは思わなかった。
私はわずかに里恵の下半身を持ち上げて呼吸をし、舌を躍らせ始めていた。
すると里恵は尺八をしながら、指で肛門を弄ってくるのだった。

私もまた指を里恵の肛門に当てて揉みほぐした。
そうしたら、そこが小さくうねるような収縮をみせ、忽ち柔らかくなった。ひょつとして、
この女は肛門へ男性器を受け入れたことが何度も有るのかも知れないと思った。
亭主がそういった性癖の持ち主だったのだろうか。

いくら嫌いな亭主でも、夫婦生活を続けるうちに体はいつの間にか馴染むものだ。
女の体はそういうふうに出来ていると、若い頃派手に女遊びをした友人が言っていた。

私は指先に力を入れた。ほんの僅かに押しつけただけだったのに、
指はひとりでに中に吸い込まれるような感覚があった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. 再婚夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 06  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。