PV: UU: 現在の閲覧者数: / /
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」 SM調教
FC2ブログ

熟年世代向けに特化した官能小説サイトです。

詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

義母(継母)と義姉の親子どんぶり。其の一

◇僕は獣か◇
桜みちる
私は義母(継母)とその娘-もちろん血のつながりはない-
両方とセックスをした獣みたいな男です。
義母とはすでに関係は結んでいないが、既婚で子供もいる義姉とは今でも
2ヶ月に1度くらいは、いろいろ理由をつけて逢ってセックスをしている。
義姉は「亭主とはあなたとの関係を隠す偽装結婚だ」ともいわれている。

それはもう12年前にさかのぼる。僕が15歳中3の時見合いで父が再婚した。
そのとき義母は40歳、義姉が19歳。
義姉はきつい感じの女子短大生で寮に入っていたので、
そのときは遠い存在だったが、義母は若々しくてとてもきれいな存在で、
一度で女を意識した。身体も均整がとれていて、一度進路指導の先生がきたとき、
その若さと美しさで担任の教師がびっくりしたくらいの女性だった。

15歳といえば当然女に関心があり、
ガールフレンドとBまでいって一人前にペニスを彼女にしごかせて
爆発させるセックスまがいのことはやっていたが、童貞であった。
但し彼女のあそこはたっぷりと眺めていたので形態は理解していたつもりだった。

でも義母は近くによるととてもいい匂いがして、彼女とは比べものにならないくらい、
当たり前のように女らしく、夜寝室から聞こえてくるすすり泣きや
干してある下着のセクシーさ、洗濯物置き場の洗う前のパンティに鼻を押しつけて
毎晩オナニーをしていたのが、当時の僕だった。

そんなとき父と義母のセックスをどうしても見たくて、
ベランダから息を殺してのぞいて愕然とした。それは義母がロープに縛られ
父にあそこにバイブのようなものをグリグリとつっこまれてすすり泣いている姿だった。
SM!と瞬時にわかった。当時拾って友達と回し読みしたエロ雑誌の内容とおなじだった。
縛られてバイブで弄ばれながらも、父のペニスを口にほおばり苦しげな
顔をした義母と義母の姿態をみながら、
僕はその日ペニスがいたくなるほどベランダでオナニーをした。
そしてそのときハッキリと思った。「義母を犯る!」


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. SM調教
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

義母(継母)と義姉の親子どんぶり。其の二

◇義母との初体験◇
緊縛06
その間にも義母のバスロープの前をあけ90センチはあるけど形があまり
崩れていない胸ももんであげた。乳首はさすがに黒く、ガールフレンドの
ピンクとは違ったが、それでも弾力のある胸はすばらしく魅力的だった。

義母の豊満なオッパイをもみしだき、黒々とした陰毛をかき分け
バイブであそこをいじめている自分がとても幸せでいやらしく、
そうしているだけで、僕のペニスは痛いくらい勃起しました。

ズボンをあわただしく脱いで義母の前にペニスを差し出すとそれはこれまでで
一番ギンギンに勃起していて、自分のペニスとは思えないほどでした。
元々太さと大きさには自信がありました。セックス経験のある先輩の女の子との
セックスで「大きい」といわれて、結構自己満足していましたから・・・・・

義母は僕のペニスを見て目をまん丸にしてビックリしていました。
「お義母さん、父さんにやっているように僕のもなめてくれよ。
 義母さんがフェラチオするのが好きなこと僕は見て知っているからね。」
義母の身体を起こすと僕はペニスを顔に近づけ無理やり口に押しつけました。

義母は初めいやがりましたが、観念して口を開きねっとりした唇に含みました。
「これが憧れの義母の口の中か・・」
その唾液が絡んでますます僕のペニスはいきり立ってきたような気がしました。
少し義母の口の中で動かすだけで義母はのどの奥に突き刺さるのか、
むせたり苦しげな顔をします。その眉間に皺のよった苦しげな表情が魅力的で、
ますます激しく口の中で出し入れしてしまいました。

僕は早く義母のあそこが見たくなりました。
ペニスを口から引き抜くと義母の口から夥しい唾液がこぼれ、
ペニスは唾液の糸が引いていました。

いよいよ義母のあそこを見る時がきました。少し股を広げるのに抵抗しましたが
力づくで広げるとプーンと石鹸のにおいがしましたが、
それ以外の臭いがして義母が興奮していることがわかりました。

「お義母さん濡れているのだね」
義母の顔を見ると首を振って、
「そんなことあるわけないじゃない、和男君、本当にやめて!
 今ならお父さんに黙っていてあげるから・・・・」
その言葉を聞きながら僕は義母のあそこに顔を埋めて、あそこにむしゃぶりつきました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. SM調教
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

義母(継母)と義姉の親子どんぶり。其の三

◇義姉を犯す◇
緊縛08
僕は我慢ができなくなり、縛りもそこそこに義母の中にペニスを突き刺しました。
「ああ、いい、大きい、硬いわ、お父さんのよりいいわ」
とうわごとのように義母は言いながら僕を受け入れてくれました。

その日は義母にペニスをさわられ、義母のオッパイにさわるだけで勃起してしまい、
今では信じられませんが、朝まで7回くらいセックスをして射精しました。

途中で義母から縛り方を教わったり鞭をつかってみたり、
義母は緊縛したままでバイブでオナニーまで見せてくれました。
それからというもの毎日朝学校に行く前には義母に跪かせてフェラチオをさせ、
帰ってきてからは一緒に風呂に入ったりベットでセックス(いずれも緊縛をして)
をしました。まさにめくるめく日々といえました。

義母は僕の前ではまさに牝の奴隷でした。何でも言うことは聞くし奉仕します。
風呂で放尿や浣腸もしないのにウンコも目の前でしました。
恥ずかしいことを命令されることがたまらなく好きだと義母は言いました。

お尻の穴にもペニスを入れました。
残念ながら父が先に入れていてバージンではなかったのですが・・・
そうした日々を10日間ほど送っているところに、
義母の娘(僕の義理の姉)が休みを利用して家へやってくることになりました。
そのときは何とも思っていなかったのですが、やってきた義姉を見て、
僕はまた犯したい!という衝動にかられるのでした。

義姉が家にやってきた時はビックリしました。前に会ったは約半年前だったのですが
(義姉は地方の短大の寮に入っています、義母にセックスをした後で聞いたところ
 父があまり好きではなく帰ってこないとのことでした)、
すっかり大人びて格好もよくなっていました。義母と同じでオッパイも大きく
へこむところはしっかりへこんでいて、
たまたまミニスカートでしたが足が長く太股もむっちりしていました。
義母とは違う女の臭いがプンプンしていました。

応接で向かい合って話していてもチラチラとバンティが覗けて悩ましく、ペニス
が勃起してしまうほどでした。「もう犯るしかない!」とそのとき決めました。
連休を利用して義姉は3日間家にいることになっていました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. SM調教
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

義母(継母)と義姉の親子どんぶり。其の四

◇義母と義姉の相関図◇

[広告 ] VPS

ペニスにたっぷり唾をつけて挿入しました。
最初は痛がって義姉は腰を引きましたが、
肩をもって動きを止めて一気に貫きました。義姉は泣いていました。

僕はそんなことはかまわずにピストン運動を繰り返しました。
初めてだからなのかあるいは体質なのか義姉のあそこは
義母のと比べものにならないくらい狭く、ギュと締め付けてきました。

僕はたまらなくなってペニスを引き出し義姉のオッパイにたっぷりとザーメンを発射したのです。
義姉は行為が終わった後も泣いていましたが、風呂にはいるように命じるとおとなしく従いました。
義姉の立ち上がった時太股にスーと血が流れ、ソファにも点々と血がついていました。

この血は明日、義母に掃除させることにしました。義母の顔を見るのが楽しみです。
義姉が風呂に入ると僕も追いかけていき、
風呂の中でぎこちない動きでしたがフェラチオをさせました。いやがらずに従順に従いました。
バージンを失って変になったのかと思いましたが、
「最初は痛くて逃げたかったけど、最後の方は気持ちよくなってきた」と告白しました。そして、
「あなたのお父さんはいやらしく私の身体を見てイヤだけど、
あなたは初めて会ったときからなかなかいい弟ができたと思っていたの、
だから母とセックスしたと聞いて母に負けたくないと思った」と言いました。

僕はよく意味がわからなかったが、こんないい身体の女とセックスできると思ってうれしくなり、
義姉のあそこを風呂の中でもなめてやり、もう一度セックスしました。

義姉を犯し処女をいただき、その後風呂でセックスを2回したときに
義姉からしつこく義母とのセックスについて聞かれました。

ほとんど正直にSMのことや義母の反応、義母のフェラチオのやり方なども話しました。
義姉は興味深く聞いていました。他の女のやり方は気になるのでしょうか。
その日は義姉は早く寝るといって義母が帰ってくる前には部屋に入りました。
顔を合わすのがイヤだったのかもしれません。

義母は命令とおり11時過ぎに帰ってきました。僕の顔を見ると何か
泣きそうな顔をしていましたが、義姉がもう寝たと聞いて少し安心したようでした。
ただソファの汚れを掃除しろと言うと、しげしげと眺めて察したようでした。


小説(官能小説) ブログランキングへ

  1. SM調教
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご挨拶

万屋 太郎

Author:万屋 太郎
2006年9月に初稿をUPしてから
早くも10年が経過いたしました。

生まれ育った横浜を離れて今年の1月に、
静岡県伊東市に移住いたしました。
山あり、湖あり、海あり、の自然環境はバッグンです。
伊東には多くの文人が別荘を持ち、多くの作品を
手がけて居られるようです、私もあやかって、
この自然環境の中での創作活動が出来ればと思っております。

*このサイトは未成年にふさわしくない成人向け
(アダルト)のコンテンツが
含まれています。「アダルト」とは
「ポルノ」のみを指しているのではなく、
社会通念上、
18歳未満の者が閲覧することが
ふさわしくないコンテンツ
全般を指します。
したがって、アダルトコンテンツを
18歳未満の者が閲覧することを
禁止します。


*投稿・御意見・苦情など、何なりとお寄せ下さい。
尚「相互リンク」を希望される方も、
メールにてお申し込みください。
wasurenagusa@athena.ocn.ne.jp

相互リンクは「官能小説」主体のサイト様、
のみとさせていただきます。
「ワンクリック詐欺」や
「サクラの多い出会い系サイト」
等へ誘導する広告ばかりが目立つサイト様の
リンクもお断りいたします。

最近の記事

« 2017 04  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

フリーエリア



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。